みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
リンク
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ
管理人のブログ
管理人へのメール
はこちらから
*****
みらくるダンス.com
(総合案内ページ)
みらくる・らぼ
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ2017今日の日記すべての投稿

このページは、カテゴリー「今日の日記」の、すべての投稿です。
新しい投稿が上、古い投稿が下 になるように並んでいます。

2017年12月12日
投稿240 今日の日記1212
 2017/12/12(火) 16:03:24  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

山形のダンサー裕美さんが、新しいyoutube動画を投稿されたようなので、紹介します。

一連のyoutube動画では、「日本の社交ダンス」の動きの仕組み、およびカラダの筋肉の使い方を
詳しく紹介しています。
これを見れば「日本の社交ダンス」のメカニズムを理解できます。

ただし、カラダの使い方は人それぞれなので、
 「裕美先生と同じ踊りを強要されるくらいなら、ダンスをやめた方がマシ」
と主張する人もいるかもしれません。(わたし山象は、その主張です)

今回は、特別編ということで「開運棒様」と命名せれた棒を使ったレクチャーです。

〔開始~1分30秒〕
「胸を開く運動」を略して「開運」
「棒」の(偉いお坊さん、和尚さん)の行くところに、「足」(庶民?)がついて行く
という連携になってる・・・ということだそうです。

〔1分30秒~〕
肋骨(籠のようになってる骨)は、固まっているのではなく、
ひしゃげる(平行四辺形のように形を変える)ことができる。
肋骨をひしゃげた方向に、足が伸びていく。
イメージ的には、わかるけど、わたしの肋骨は、ほとんど動かない。

「チェックロンデ」のフィガーを使って、
  「棒が言ったところに、足が行くんだよ!」
という説明を、詳しくやってます。

〔6分43秒〕
江戸時代の「天秤棒」について説明している。
たぶん、この説明は違う。
天秤棒では、腕を持ち上げたりしない。

----
この動画を理解するためには、人間の「通常歩行」。
人間が普通の歩くときの、「歩くとき原理」を考えていくと、わかりやすい。

人間の歩き方は、視線によって変わります。

think741.png

顔を正面に向けたまま、視線を下にして歩く場合。
股関節の上に、上半身を乗せて、腕や肩の動きに足の動きを連動させて、カラダを前に出していく。
右に曲るときには、左肩と左腰が同時に前に出る。

日本の社交ダンスは、「二階席を見よ」なので、「二階席を見るふりをして、水平を見ている」のが
バレたら、ダンス界から追放どこでは済まないかも。。。。

少なくとも、裕美先生の歩き方は、これとは違う。

think731.png

こちらは、地面をみないようにして、「基本的に上を向いて歩く」タイプ。
「胸を張って歩く」というか「胸を開いて歩く」というか、そんな感じ。
実際には、鳩尾(みぞおち)を持ち上げながら、グイグイ前に押し出していく。
鳩尾(みぞおち)の下に足を入れて、膝と足首の屈曲で、カラダを受け止める。

基本的に、右に曲るときには、肩は右に曲るが、腰は反発して、背中がねじれる。
社交ダンスの場合は、背中がねじれないように、背中を緊張させて固定する。
そして、ねじれを股関節の上下動・前後動で吸収する。

裕美先生のレクチャーは、両腕を棒に巻き付けることによって、
鳩尾(みぞおち)を、めいっぱい前方に押し出している。
そして、鳩尾が前に出る動きを、膝と足首で受け止める。

棒を使うことで、この動きを明確にしている、 ものすごくわかりやすい。

棒を左右に回転させると、腰は反発して、回転を妨げようとする。
そこで、腰が逆回転しないように、背中全体を固めて、股関節をぐりぐり動かす。
動画を見ていれば、カラダ全体の筋肉の動きが見えてくる。 よい動画です。

「日本の社交ダンス」のメカニズムを、正確に動画にしているので、
上達したい人は、この棒を買うことをお勧めします。

わたしは、裕美先生とは違う踊り方をするので、棒は買いません・・・・。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年12月 8日
投稿234 今日の日記1207
 2017/12/08(金) 03:41:20  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

かがやき練習会に使うコーヒー、買ってきました。

キリマンジャロ、復活です。

------


今、日本人プロ教師が書いた本やDVDでのレクチャーをいろいろ調べているのですが・・・

膝を曲げてロアーしたときの指導方法として
 (A)骨盤を低い姿勢に落としても、みぞおちより上は、高い位置を維持する。
 (B)アタマの重さを利用して、カラダ全体を深く沈み込ませて、カラダ全体を低くする。
の2派があるようです。

「クビを伸ばして、みぞおちを吊り上げながら、膝を曲げる」指導もあれば
「アタマをハンマーで叩くようにして、膝を曲げて低い姿勢をとる」指導もある。

日本全国・・・というか、石川県でも、2つの指導方法があるようですが、
2つの指導方法があるならば、指導者同士を、戦わせればよいとおもいますが
指導者同士は、絶対に、戦わないですね。


日本人プロ教師が書いた本やDVDでのレクチャー
いろいろ調べているのですが、ほとんどすべてのレクチャーで、
「どちらが正しいのか?」という肝心の部分をスルーしています。

指導者同士が、喧嘩になって、プロ教師の団体が崩壊するから
絶対に、触れたくないんでしょうね。

ロアーの時に、高い姿勢を取ろうとするプロ教師が、
 「こうやって、首を伸ばして、みぞおちを吊り上げたまま、膝を曲げるんだ!」
とか、やって見せてるときに、もう一人のプロ教師が
 「なんで、お前は、思いっきり沈み込まないんだ!それでも教師か!」
と叫んで、その辺にある椅子で、頭をぶん殴る。
 「アタマを殴られると思ったら、姿勢を低くなるだろ!それがロアだ」
みたいなそういう教師同士のバトル
・・・・動画にすると、わかりやすいんだけどね。

そういう部分は、絶対に触れない。
「膝を伸ばして立つ」レクチャーのすぐ後に、「足形の説明」が来る。
「膝を曲げたときに、どういう立ち方が正しいのか?」というレクチャーは「無い」。
これに触れたら、本が売れなくなる。 DVDも売れなくなる。
だから、肝心の部分には、絶対に、触れない。


日本のプロ教師のレクチャーには、ダンスの基礎もクソも無い。
プロ教師の団体が崩壊させないために、徹底的に、臭いものに蓋をする。
都合の悪いことは、レクチャーの中では、絶対に触れない。

最低だと思う。
プロ教師が、延々とこんなことやってるから、社交ダンスが廃れていく。
実力のある人が、社交ダンスから、逃げていく。

プロ教師の権威を守るためなら、希望も未来も、クソくらえ・・・みたいな。
そういえば、希望の党 とか 未来の党 とか、あったよな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月29日
投稿228 今日の日記1129
 2017/11/29(水) 22:43:48  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

なんか最近、月日が経つのが、めちゃくちゃ早い。
ものごとが、なかなか進んでいかない。

ミサイルが落ちても、外国の船が着岸しようと、日本の国会議員は、そんなことはお構いなし。
なにがなんでも、「もりそば・かけそば」。

ミサイルは、地上4000キロの高度から落ちてくる。
海に落とすつもりが、間違って、民家の屋根に着弾するかもしれない。

小学校の体育館の屋根にミサイルが落ちて、大勢の子供が死んだとしても
 「一発だけなら、誤射かもしれない!」
ということで、にっこり笑って、許してあげましょう!

いつミサイルが飛んでくるかわからないのに、山ほど外国人が来る。
国会議員は、もりそば・かけそば
つくづく、変な国だなと思う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月28日
投稿226 今日の日記1127-2
 2017/11/28(火) 06:26:30  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

徹夜でパソコンを触っているうちに、朝になってしまった。
仕事どうするんだろ・・・まぁいいか。

「社交ダンスを習ってる人」は、自分の好きなように踊れば良い。
でも、「社交ダンスを教える人」は、「間違ったことを教えたら、首が飛ぶ」くらいの覚悟で教える必要がある。

社交ダンスの議論は白熱するので
「お前のその踊り方が正しいというのなら、お前の師匠を、ここに呼んでこい!」
とか挑発して、師匠を引っ張り込んで、公開バトルを仕掛けたりすると、面白いことになる。

たとえば、「送り足」
miwa182.png

個人的には、三輪先生の踊りは、興味ない(「学連の指導方法を知る」という観点では、是非とも知っておきたい)けど
送り足を否定している点に関しては、三輪先生の指摘どおりだと思う。

「送り足は正しい」と教えるのであれば、「送り足は正しくない」と主張している日本のファイナリストである三輪先生
(東京大学出身だから、頭は良さそうだ!)の主張を否定しなければならない。

三輪先生の主張を否定できなければ、自分の「首が飛ぶ」だけでなく、自分の師匠の首も飛ぶのである。
2つの主張を戦わせて、「間違った方がダンス界を去る」というバトル。
「社交ダンスを教える人間同士の、生きるか死ぬかの厳しい世界」 この緊張感が面白い。

師匠と師匠の空中戦だな。
三輪とかいう三流教師、たいしたことないから、戦え!!! みたいな感じだな。
見ている生徒は楽しいけれど、「バトルに引っ張り出された師匠」は、地獄の一歩手前みたいな。


miwa257.png

「送り足」が正しいのか、正しくないのかをバトル(議論とも言う)するときには、
「スピンターンに入るときの女性」の動きでバトルすると面白い。

両足を揃えたライズの姿勢から、女性は、支え足(左足)で、送り足が出来るかどうか?
送り足を使って、ロアしながら、動く足(右足)を遠くに伸ばしていけるかどうか・・・だ。

男性のホールドならば、「アタマは支え足よりも前方」にあるから、送り足をしながら、
右足を前方に伸ばしていくのは簡単です。
でも、女性のホールドは、アタマが支え足(左足)よりも後ろにあります。
しかも、7cmヒールです。
この姿勢で、「送り足」なんて、出来るのでしょうか?

多くの女性は、「送り足」をやろうとしても、お腹が飛び出るだけで、右足は前方に
進んでいかないでしょう。

「送り足」を肯定する先生(及び、その女の生徒)は、送り足を否定する三輪先生よりも
大きな歩幅で、右足を出していかなければなりません。

送り足を肯定する女の生徒が、送り足を否定する三輪先生(女の生徒)よりも小さな歩幅
だったら、話にならん・・・・ということ。

「社交ダンスを教える」というのは、簡単なようで、簡単じゃ無い。
遊び半分で教えるだけなら、楽しいかもしれない。
だけど、まじめに社交ダンスを教えようとすると、「命がけの世界」になってきます。


三輪先生の本の中に書いてある「送り足の賛否」ひとつとっても、こんな感じ。
ファイナリストのプロ教師の主張に反論できるかどうか、それが第一歩。
しかも、習う側と教える側では、まるっきり世界が違う。

いままでの社交ダンスは、風俗営業法に守られてきたけど、これからは違う。
「反論に対する、受け身」を取ることができない教師は、やっていけなくなると思う。

他のダンスや他のスポーツの概念で、公開バトルを仕掛けられても、応戦できるだけの知識を
もっていなければ、つぶされる可能性が高い。
たぶん、「送り足の賛否」の程度の簡単なバトルでは済まない。

ラテンより、スタンダード種目のほうが、奥が深いような気がします。
踊りに対する固定概念が強い分、崩壊するときは「一瞬に崩れる」みたいな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月27日
投稿225 今日の日記1127
 2017/11/27(月) 22:35:02  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

かがやき練習会が終わって、一段落
・・・・といいたいところですが、「もりそば・かけそば」の連載の下準備。

2種類のからだの使い方の比較をやってますが、これは理由があります。

社交ダンスには「送り足」というのがあります。
社交ダンスの送り足は「支え足でカラダを前方に送り出す」動きかな。

ちなみに「送り足」に該当する英語は・・・・ありません!

わたしも、昔(練習会を始めた頃)は、 
  大きく踊るためには、「送り足」を使って、踊ればいい
と思い込んでいたのですが、ある時期から「送り足」を使うのを辞めました。

なので、いまは、社交ダンスで言う「送り足」は、一切、使っていません。
だから、「昔の踊り方」と、「今の踊り方」を比較をやってます。

じゃぁ、なぜ、「送り足」を使うのを辞めたのか?

・送り足を使った踊りでは、「姿勢の崩れ」を止めることが出来なかった。
 膝や足首の力が弱いので、送り足を使って踊ると、上半身が不安定になる。

・試しに、ナイフとフォークを持ってシャドーしてみたら、面白いことが判明した。
 左手にフォークを持つと、「送り足」のカラダの動きが、出来なくなることが判明。

・送り足を使って踊る相手とは、大きく踊れるけれど、送り足を使うことが
 出来ない相手とは、大きく踊ることが出来ず、小さな踊りになってしまう。

・送り足を使って踊っているときは、ムーンウォークが全く出来なかったけど
 送り足を辞めたら、(へたくそだけど)ムーンウォークが出来るようなった。

そんなわけで、今は「送り足」を使う動きを、完全に辞めてます。
送り足を辞めたら、踊りが小さくなるか?? といえば、そうでもないです。

石川県で、「送り足」を使った踊りを否定している(ブログで公言している)のは、
わたしだけだと思います。
個人的には、送り足よりも、ムーンウォークを応用した方が、安定した踊りになる。
送り足を使わなくても、社交ダンスは踊れます。 実際、踊ってます・・・・。


高校生あたりが中心の「ストリート系のダンス」では、ムーンウォーク(バック
スライド)は、必須ですね。
ストリート系ダンスから、社交ダンスへのコンバートで、社交ダンスの若年層を
増やしてくのであれば、「送り足」の概念は、根底から捨てた方が良いかも。

本格的にストリート系ダンスをやってる、高校生のグループが、本気で社交ダンス
をやりだしたら、60歳台・70歳台の現役とは、違う踊りになっているはず。

「還暦を過ぎた人たちの社交ダンス」と「高校生のストリートダンサー」を比較して
将来の社交ダンスを見ていく必要がある。

そういう広い視線で社交ダンスを捉えていかなければ、少なくとも、30~50歳台は、生き残れない。
何もしなければ、ストリートダンスからのコンバート組に抜かされて、負け組決定。
今の30~50歳台は、若い人に抜かされたとしても、誰も助けてくれない。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月22日
投稿216 今日の日記1121
 2017/11/22(水) 01:04:42  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、インフルエンザの予防注射、打ってきました。
3000円だった。

「かがやき練習会」の日に、インフルエンザになったら、収拾不能になるので、
毎年、予防注射を打つようにして、練習会の前5日間くらいはマスクをするようにして、
出来るだけ、外出を控えるようにしてます。
冬場の「かがやき練習会」は、気を使います。

-*-*-*-*-

ところで・・・
社交ダンス(スタンダード)のプロの先生の考え方って、まったく理解できない部分が多い。
たとえば・・・・

腕相撲の時、肘をテーブルの上に置きますよね。

このとき「肘を支点」と考えて、肘を曲げていくと、どうなるか?
肘を曲げたとき、手首は、カラダに向かって吸い寄せられる。
それと同時に、カラダも、手首に向かって吸い寄せられる。

じゃぁ、「カラダを支点」と考えて、肘を遠くに伸ばしながら、肘を曲げていくとどうなるか?
肘を曲げたとき、手首は、カラダに吸い寄せられる。
だけど、カラダはピクリとも動かない。

つまり、人間のカラダの動きというのは、捉え方によって、変化する。
頭の中で「肘を支点だ」と思い込ませるか、「カラダが支点だ」と思い込ませるか、
たったそれだけのことで、肘を曲げたときの動きが、まるっきり変わってくる。


社交ダンスの先生って、いままで歴代で、1万人以上いるはずなのに、
誰一人として、それを理解する人がいない。

肘を固定して、肘を曲げたら、どうなるか?
それが理解できない。
「プロ教師」と称する連中は、ともかく頑固だから、他人のいうことを理解しようとしない。

「肘を伸ばして、背中に十字架を作る」ことが「この世のすべて」だと思い込んでいる。
社交ダンスのプロ教師は、「肘を支点にして、肘を曲げていく」という動きが、理解できない。

なんとかして、社交ダンスのプロ教師を、説得する方法、ないだろうか?

とりあえず、「小学生でも理解できる図」でも作ってみるか。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月18日
投稿211 今日の日記1118
 2017/11/18(土) 22:56:46  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

あすの練習会の準備も、だいたい出来た。
明日に備えましょう。
明日の天気は、新潟以東は「雪」。富山より西は「雨」かな。
気象庁の北陸地方には、新潟県も入るので、ニュースを見るときは要注意・・・と。

今日は、「もりそば・かけそば」シリーズを、3つほど、書きました。

まじめに読む人がいるのか、いないのか、わからないけど、
自分に出来ることは「書き続ける」か、「書くのを辞める」かの2者選択。
自分に出来ることをやる。

武道でもスポーツでも、他のダンスでもそうだけど、
「初心者の発想」というのは、間違っていることがおおい。
初心者の発想のままで、突き進んでも、いつかは途中で挫折する。

だがしかし、社交ダンスの指導者の眼は、「高齢者」と「初心者」に向いている。
これでは、発展などあり得ない、

たとえば、クラシックバレエの初心者層を増やしたいのであれば、
「内股で立つ」ことを教えればいい。
苦労して「開脚」の練習をする人だけを集めるより、
誰でも出来る「内股で、爪先で立つバレエ」を、多くの人に教えれば良い。
ただ、そんなことをしても、「内股バレエ」なんて普及しないし、
バレエの先生は、内股バレエなんて教えない。。

社交ダンスも同じ。
社交ダンスを普及させたいのであれば、
  「初心者には気がつかないテクニック」
を、提示していく必要がある。
  「初心者の発想を打ち破ることこそが、上達の第一歩である」
と。

社交ダンスの指導者の眼が「高齢者」と「初心者」に向いているうちは、
社交ダンスに明日は無い。

社交ダンスの指導者は、どうして、こんな簡単なことに
気がつかないのだろうか?

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月14日
投稿205 今日の日記1114
 2017/11/14(火) 22:03:43  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

(1)
ブログのタイトルを変更しました。(アドレスは変更なし)
ブログの左側のメニューも変更しました。

旧「ダンスの見どころ 管理人ブログ」
新「みらくるダンス・ダンスの見どころ 管理人ブログ」

個人的なダンスに踊り方に対する考え方は「みらくるダンス・みらい」など
パーティ情報などの情報提供は「ダンスの見どころ」
ブログは共通ですが、ホームページは、はっきり分けていこうかと思います。

社交ダンスは、ホームページ同士の連携もないし、相互リンクとかも激減して
ますので、ホームページの維持も、いろいろと大変です。
生き残るためには、無駄を省くところは徹底的に無駄を省く必要がある。

(2)
富山県の「富山県社交ダンスパーティー情報」の一覧表が、来年(2018年)から
休止になるようです。
掲示板は残るようなので、来年も、パーティ情報は、ネット上で取得できるはず。
少し不便になる程度で、それほど心配することもない・・・かな。

こちらにパーティ情報を送ってもらえれば、「ダンスの見どころ>パーティ情報」
のページに、富山・福井のパーティ情報も掲載することは可能です。

そうは言っても、富山のパーティ情報が、どのように扱われるべきなのか??
それは、富山の人たちが決めること。
富山の人が、富山のパーティ情報を管理するのが、ベストだろうと思います。

(3)
ご存知の方もいるとおもいますが、少し前から、福井市花堂(平和堂の裏)にある
「フロンティア」は、日曜日の営業をやめてます。

「ステップ」が廃業して10年になるのですが、そのあとに「フロンティア」が出来たの
ですが、その「フロンティア」も日曜日はお休みになりました。
(ホームページを見ると、社交ダンス以外の活動が主体にしているようです)

福井県の情報は、ほとんど入ってこないので、福井県の社交ダンスが、この先、
どういう形で進んでいくのか、よくわかりません。


社交ダンスの環境は、少しづつ、変化していきます。
この先、いろんなことが起きると思います。

経験上、ダンスパーティは、参加人数が70人を割り込むと、一気に廃れていくように思います。
あらゆる手段を使っても、「存続するためのギリギリの人数」というのを守る必要があります。
「かがやき練習会」も、予断を許さない状況が続いてます。

ダンスパーティが廃れていけば、社交ダンスを習う人がいなくなって、社交ダンス
そのものがそのものが廃れていきます。
地域全体のダンスパーティの情報をどのように扱っていくかは、その地域にとって
とても重要だと思います。

わたし自身、可能な限り出来ることは、やっていくつもりだけど、どうなることやら。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月12日
投稿204 今日の日記1111
 2017/11/12(日) 04:05:59  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

11月11日は、「いい買い物の日」とかで、買い物の誘惑に負けないように
・・・・と思いつつも、ヤフオクの「いちにちクジ」をやったら4等が出た。

4等は、落札価格の、20%ポイント還元。
オークションで、1万円かったら、2000円のポイント還元。
ひたすら、買うものを探してたら、2時間くらい過ぎてしまった。
なにやってるんだか。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-
話は変わって・・・

この本、どこかの図書館においてないか、検索を掛けてみた。
---
プロが教えないダンス上達講座 第11弾(プロ/ガ/オシエナイ/ダンス/ジョウタツ/コウザ)。 
各巻書名。 イラスト版10ダンス研究IQ向上プログラム。
著編者等。 金沢/正太‖著(カナザワ,ショウタ)。
出版者。 白夜書房/東京。
出版年。 2017.10。
ページと大きさ。 159p/26cm。
価格。 ¥2980。
内容紹介。 ダンスにおける知識・知能を示す数値"ダンスIQ"を知ることで、ダンスの実力の客観的な評価が可能になる! ダンスに必須の知識を3択テストで学べるテクニカル問題集。書き込み欄あり。。
-----

北陸3県で、唯一、置いてあるのは、富山市立図書館の「山室分室」というところ。
本館じゃなくて、分室って。 山室? 不二越の近く。遠いぞ!

「ダンスにおける知識・知能を示す数値"ダンスIQ"」って何?
金沢正太氏と考えが違う人は、IQが低い「知的障碍者」だということか?

※ 知能指数(ちのうしすう、Intelligence Quotient, IQ)

一個人のダンスの価値観で、他人の「知能指数」なんか決めるなよ!

社交ダンス業界、どうかしてるんじゃないか?
社交ダンス業界で教えてる連中は、
高齢者ばかりを見ているうちに、感覚が、麻痺してないか?

この本、チェックして、徹底批判やってやりたいけど、
金沢正太氏に印税を払ってまで、本を書て、批判しようとは思わないな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月 8日
投稿200 今日の日記1108
 2017/11/08(水) 22:03:42  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

先日(11月3日と5日)に、金沢正太氏のブログにコメントを入れてみましたが、
公開されないまま、ボツになった模様です。

正太のぶっちゃけダンシング! 30年後にダンス界は消滅する?-中盤

金沢正太氏のダンス理論には、疑問を持つ点が多々あるのですが、
都合の悪いコメントは、投稿しても、片っ端から、ボツになる方針なのかもしれない。

やってることは、偏向報道のマスコミと、かわらん。

インターネットをやっていない人たちには、一部の雑誌や本などの情報だけが「正しいもの」として教えられる。
こういう「偏った社交ダンスに対する環境」が続くのであれば、綺麗に潰れてしまった方がいいのかもしれない。


「俺様の社交ダンスは絶対正しい」みたいなことやってると、他のスポーツの人たちから相手に
されなくなってくるような気がします。 これって、すごい危険。

社交ダンスのトップで活躍する人たちは、どうして、自分のことしか考えないのでしょうか?
そんなことしてて、楽しいのでしょうか?
理解に苦しみます。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月 6日
投稿196 今日の日記1105
 2017/11/06(月) 02:59:12  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

もしかして、3連休・・・だったのかな?
3日間のうち、土曜日の午後に、外出しただけで、あとは自宅に閉じこもっていました。
カネがないから外出できない・・・という話もある。

3日間、ダンスの練習をしていれば、もっともっと上手になるのですが・・・。
相手がいないと練習できない。 それが社交ダンス。
「ブログで、なにを言っても無駄!」というのが、現在の社交ダンスの世界だな。

たとえ、最悪な状況下であっても、そのなかで最善の方法を模索する。
これだな。

いつも言っている格言。
「当たり屋に続け、曲がり屋に向かえ」

「当たり屋に続け」は、成功している人の真似をして、同じことをすること。
「曲がり屋に向かえ」は、失敗している人と、正反対のことをすること。

当たり屋と言っても、いつも成功してるわけじゃない。
曲がり屋は、いつも失敗している。
ならば、曲がり屋がやることの逆をやったほうがいい。

社交ダンス界の「最大の曲がり屋」って、誰だ?

社交ダンスの全盛期に登場して、自分たちだけが美味しい思いをして、
マトモに後継者も育てずに、ダンス界を衰退させた奴だ!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月 5日
投稿194 今日の日記1104
 2017/11/05(日) 05:20:04  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「Ballroom Fitness みらい」の大改造の準備を進めています。
まずは、資料の一部をこのブログに書いてから、「みらい」のサイトの構築に入っていく予定です。

金沢正太先生のブログにコメント入れてきた。

コメントは公開されるだろうか?
それともボツにされるだろうか?
毎度のごとく、放置プレイ?

社交ダンスの未来を占うコメント・・・だな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年11月 3日
投稿193 今日の日記1102
 2017/11/03(金) 00:05:23  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、雑用をやってたら、1日が終わってしまった。

ノートパソコン1台、Windows10 のアップデート(fall creaters update)やってみようかな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年10月30日
投稿191 今日の日記1030
 2017/10/30(月) 20:04:57  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「Ballroom Fitness みらい」の大改造の準備中です。
で、今日は、部屋の掃除・・・・と。
掃除して部屋を片付けないの、写真がとれない。

ところで、雑誌のダンスファンが休刊になるようですね。

ダンスファン休刊のお知らせ(http://dancefan.jp/news/archives/228)

「プロが教えないシリーズ」の金沢正太氏の連載も、これまで・・・かな。

金沢正太氏の連載にせよ、パーティ情報にせよ、DVDの動画にせよ、有料の雑誌ではなく、
ネット上で無料公開していれば、社交ダンスの関心度が違ってたと思うんだけど。

社交ダンスの世界は、「目先のカネ」に、こだわりすぎだな。


40~50歳代の意見は、まるっきり聞こうとしない。
ともかく、初心者を大切にしない。
上達しようとする人の努力を、まったく評価しようとしない。

こんな社交ダンスの世界。伸びるはずがないですね。


辛口の評価になるけど、つぶれるべくして、つぶれる雑誌。
・・・・そんな感じがする。
あとには、なにも残らない。

社交ダンスの世界は、危機感が足りないんだよな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年10月25日
投稿187 今日の日記1024
 2017/10/25(水) 01:23:13  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

10月の、かがやき練習会の参加者が、2回連続で70人台。
おそらく、これは、過去7~8年で、最悪だと思う。

ダンスの普及活動を、急がなければならない。
大きな活動をしようにも、「ともかく、カネがない」のが現状。

高級外車を乗り回しているプロ教師が、マトモな普及活動をやらずに
ひたすら金儲けに走ってるのが社交ダンス界。

地位の無い人間が「カネがない」状況で、いくら努力しても、
一人の人間が出来ることなんて、、限りがある。

金沢という狭い地域で、20年以上、ダンスをやっていて、一度も顔を合わせないプロ教師がたくさんいる。
プロ教師が、地元のダンサーを排除し続けて、なんとも思わないなんて、ろくなもんじゃないな。

ひたすら、毎日毎日、「他人を蹴落とす」ことだけを考えている。
ひたすら、「特定の人物を蹴落とすために、集団を作る」
「特定の人物を蹴落とすためなら、何をやっても許される」
そういうことをするのは、国会議員と、文部科学省の官僚だけでいい。

なんとか、ならないものか・・・・。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年10月23日
投稿186 今日の日記1023
 2017/10/23(月) 19:54:30  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

選挙も終わり、台風も通過して、静かになりましたね。

今回の選挙での、「民進党の大躍進!」すごかったですね。

この結果を予想できた人は「将来を見る目がある、素質のある人」であり
テレビの報道に振り回された人は、「反省すべき人」なんだろうと思います。

選挙前 自民党284  希望57+立憲民主15=72
選挙後 自民党284  希望50+立憲民主55=105

比例の人も含めて、希望と立憲民主の全員が、民主党に戻る・・・とどうなるか?
(今回は、民進党の候補者を立ててないので、選挙後に、
 希望・立憲民主の比例区議員 が、全員揃って、
 民主党に移る(戻る)のはなんら問題なく、合法らしいです)

そうすると、自民党は ±0 に対して、民主党は50%増。
結果的には、民主党の大躍進。

今回の選挙で、民進党が減るとか、民進党が潰れるとか、いい加減なことを
言ってた人は、将来を見る目なし。
選挙を挟む時期の「分割・併合」によって、
 「民進党の50%増の大躍進と議員の若返り」
を同時に行われるという予想を的中させた人は、尊敬されるべきなんだろうな。


希望側の議員の「若干の犠牲」を引き替えに、トータル50%アップという、
シナリオを描いた人、すごいと思う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年10月13日
投稿178 今日の日記1013
 2017/10/13(金) 22:39:57  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

明後日、10月15日(日)は、かがやき練習会です。
昨日と今日で、バナナ以外の買い物を済ませました。
(バナナは、明日、買ってきます)

9月は17,18日でしたから、1か月ぶり。
ひさびさ・・・って感じです。

明後日は、富山で競技会があるので、競技選手は来ないはず。
競技会に無縁の人たちだけで、のんびりダンスを楽しみましょう。


今日は、柿(渋柿)の収穫(=木登り)をやってました。
今日の夜は、のんびりしてます。
明日は、柿の皮をむく作業。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年10月11日
投稿177 今日の日記1010
 2017/10/11(水) 03:34:41  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

選挙運動が始まりましたが、「モリカケ」がキーワードになりそう。

大阪にある森友学園の問題に対して、
大阪の維新の代表(松井知事)が何も言わずに
東京の希望の代表(小池知事)が、声高々に批判をする。
なぜ?? 三都物語・・・だろ?

加計学園が本当に問題になっているのなら、
どんどん、前川氏をテレビに出せばいい。
でも、前川氏はテレビに出てこない。
なぜ? 前川氏の主張は、正しいんだろ?

森友問題・加計問題と言わずに、「モリカケ・モリカケ」と
連呼すればあれば、なにも考えずに済むから・・・・かな。

ここで一句
 モリカケと唱えるだけで、議員様

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年10月 7日
投稿176 今日の日記1007
 2017/10/07(土) 03:31:29  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

そろそろ、3連休・・・かな。
わたしは、どこにも行かずに、自宅待機。
極度の財政難。 つまり、カネがない! どこにも行けない。

近日中を目処に、「Ballroom Fitness みらい」の全面的な書き換えを計画しています。

-----

人間のカラダの動きは、大きく分けて、2つに分類される。
階段を上るときの動きをみるとわかりやすい。

kaidan024.png

「日本の社交ダンス」は、こちらを基礎にしている。
膝と足首を同時に曲げてから、膝と足首を同時に延ばす方法。

「日本の社交ダンスの教師試験」に合格するには、このカラダの使い方の人に限られる。

a391.png

「日本の社交ダンスの基礎」は、基本的に「ウサギ跳び」がベースになっている。
これに異議を唱える人は、日本のプロ教師から徹底的に「無視」され、
結果的に「日本の社交ダンス界」から、徹底的に排除される仕組みになっている。

kaidan044.png

実際には、階段を上るとき、踵(ヒール)を踏み込む人も、少なからず存在する。
この動きをする人は、「日本の社交ダンス」から徹底的に排除され、「落ちこぼれ」の烙印が押される。

「プロ教師」と違う動きをする人間は、問答無用で「排除する」して、自分と同じ動きの人だけを集めて
「集団」を作って、その集団の中で競い合う(競技界など)のが「社交ダンス界の正義」みたいになっている。

排除されている「踵を踏み込む人」が1mの歩幅で踊るなら、排除する側のプロ教師は、2mとか3mの歩幅で踊ればいい。
それならば、プロ教師を、評価できる。
だけど、排除されている「一般人」よりも小さい歩幅でしか動けない「プロ教師」が、偉そうにしているのが現状・・・だな!

----

「日本の社交ダンス」を知るためには、山形のダンサー裕美先生の動画は、、とても参考になります。
「正しい理論」に基づく「ものすごい知識」を元に説明しているので、とてもわかりやすいですね。
ただし、その「プロ教師が考える正しい理論」というのは、ものすごく「偏っている」ように思います。

「日本のプロ教師が教える社交ダンス」、あえて言うなら、ウサギ跳びの原理に特化している「日の丸ダンス」の原点を
追い求めていったとき、裕美先生の説明は、ぼほ「完璧」の域に達していると思います。

この動画は、ワルツなどの「ライズ」について説明してます。

2分30秒:足の爪先~母指球(ボール)を、緑のボードに乗せて、踵(ヒール)を床につけます。
 足首が深く曲がった状態になってます。
2分40秒:踵を浮かせて、足の指を折って、足の甲が直角になるようにライズ。
 男性は、踵を高く持ち上げて立っていられるが、女性は、踵を持ち上げると極端にバランスを崩す。
3分50秒:腓骨筋のスイッチON。
 足首を使うのではなく、腓骨筋を使って、「くるぶしの横あたり」を固定して、踵を浮かす。

で、一番重要なのが、
4分20秒:胸椎12番(あばら骨の一番下の骨がついている背骨)の周辺を、グリグリグリっと押しながら、
もみほぐす。
字幕には、「脊椎反射のポイント 胸椎の12番」と書いてあります。

5分40秒;両足の「腓骨筋」を固定して、背中の周りの筋肉の変化が「胸椎12番」に集中するようにして
足首を深く曲げたところから、踵を高く持ち上げていくと。。。。きれいな安定したライズが出来ました!

腓骨筋(ひこつきん)はジャンプする時に使う筋肉で、アフリカの人たちは腓骨筋が発達しているので
高くジャンプできる。
普段、腓骨筋を使わない人は、踵を持ち上げてライズしたときにバランスを崩す。

腓骨筋を使うためには、「胸椎12番」のスイッチをONにしてやればいい。
胸椎12番を意識すると、腓骨筋の屈曲によって、踵を高く持ち上がるので、安定したライズができる。

・・・・動画で、チェックしておくべきポイントは、こんなところかな。


社交ダンスは、「アフリカの人たちのジャンプ」が基礎なのでしょうか?
だとしたら、白人ではなく、跳躍力に優れた黒人が、世界チャンピオンになってますよね。
ところが、社交ダンスの上位は「白人」であり、黒人ダンサーは、ほとんどいません。
なぜでしょう?

「社交ダンス」の基礎は、ウサギ跳びでもなければ、ジャンプじゃない・・・・と考えるのが自然でしょう。
そんなこと言ってたら、プロ教師から虐められ、日本の社交ダンス界から排除されますけどね。

踵(ヒール)を踏む方法で階段を上るときは、腓骨筋(ひこつきん)を緩めておいて、踵を踏み込みます。
胸椎12番を使わないようにして、胸椎6~7番のスイッチをONにします。

この動画で、劣等生とされている「おばちゃん」と、裕美先生とは、動きのタイプが違うってこと。
この「おばちゃん」は、裕美先生にならっても、上手にならないと思う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年10月 2日
投稿175 今日の日記1002
 2017/10/02(月) 20:09:07  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

10月になって、涼しくなってきました。

選挙が近づいてきて、テレビで大々的に、安部首相へのネガティブキャンペーンをやるかと
思っていましたが、予想以上に少ないですね。

森友学園問題48時間スペシャルとか
文部科学省による出会い系バー貧困調査72時間スペシャルとか。
そいういうの、やらないのかな。

「安倍政権を倒す」というのが達成したら、誰が「総理大臣」になるのでしょうか?
総理大臣は、国会議員に限られるので、都知事は総理大臣になれない。
じゃぁ、誰がなるんだろ?

「安倍政権を倒す」という人にたちに質問しても、誰も答えてくれないだろう。
質問しても、無視されるだけ。
「無視することが美徳」ってことなんだろうな。
質問する奴や、疑問を持つ奴は、「人間のクズ」という扱い・・・・だな。


このあたり、社交ダンスのプロ教師と似ている部分が、多々ありますね。
たとえば、日本のプロ教師に対して
  「日本の社交ダンスの基礎は、矛盾があるのではないか?」
と言っても、徹底的に、無視されるだけ。
日本のプロ教師は、絶対に質問に答えない。

社交ダンスのプロ教師の言うことは絶対。質問する奴は「人間のクズ」みたいな感じ。
「気に入らない奴は無視する、逆らうやつはぶっ倒す」みたいな感じ。

「安倍政権よりも、10倍、すばらしい国を作る」という公約ではなく、
「安倍政権をつぶせば、10000倍、すばらしい国が出来る」という公約。
気に入らない奴をつぶせば、すばらしい世界が待っている
・・・・というのは、なんか違うような気がするけど、どうなんだろ。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月29日
投稿173 今日の日記0929
 2017/09/29(金) 19:59:29  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

昨日の夜は、夜中にファンヒーターの試運転。異常なし!
よかった、よかった。


yourube をみてたら、「赤い小池」と「緑の小池」とか、やってる。
これ、流行りだしてる?

赤い小池は、共産党の小池晃さんで
緑の小池は、希望の党の小池百合子さん。
なるほど。オリジナルは「赤いきつね」と「緑のたぬき」だな。

前原代表については、「後ろから前原」ってのがあるみたい。
オリジナルは、「カナダからの手紙」の次のヒット曲(?)
畑中葉子さんの「後ろから、前から」だな。
誰が、最初に言い出したんだろうか?


テレビで「森友学園 48時間スペシャル」やらないかな?
森友学園の隣の公園の土地の問題とか、まだまだ、知らないことがたくさんあるらしいから。

あと、「やっていないことを、証明しなければならない、悪魔の証明」に関しては、
福井県(8号線の旧丸岡町の三叉路付近)の交通事故の裁判例とかを、わかりやすいし。
https://togetter.com/li/810299 例えばこれだな。


今日の「日本郵政の株の出来高が、2億株を超えた」とか、ぜんぜんニュースにならないところが、不思議だったりする。
たった一つの会社の株の1日の取引額だけで、2000億円を超えるというのは、ものすごい話なんだけど
そんなことには誰も興味を示さずに、関心のあるのは「希望の党の公認がもらえるかどうか」だからな。

不思議な国だわ。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月28日
投稿172 今日の日記0928
 2017/09/28(木) 20:31:34  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

またまた、最近、ろくなことがない。
というか、すべてが裏目に出るというか
そういう日が続いてたりする。

選挙モードに入って、テレビが騒がしくなってきましたね。

小池都知事と民進党がくっついて、「原発廃止」ということで
関西電力(原発稼働中)の株価が5%以上下落。
恐ろしや。

小池都知事は、国会議員にならず、都知事やってて、原発廃止なんて出来るんだろうか?
こういう発言って、株主じゃないけど、たまったもんじゃないな。
原発廃止とか、大きなことを公約にするなら、都知事を辞めて、国会議員になるべきだと思う。

テレビで、「森友学園問題48時間スペシャル」とか、やらないかな。
森友学園に関心のある人たちが、2日間、テレビにかじりついて、不眠不休でテレビを見る
その上空を、どこかの国のミサイルが飛びこしていく・・・と。

平和が一番!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月15日
投稿167 今日に日記0915
 2017/09/15(金) 20:30:37  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

次回は、下の動画について、解説を入れていきたいと思います。

山形のダンサー裕美先生の動画は、「日本の社交ダンス」を知るために、とても参考になります。
「正しい理論」に基づく「ものすごい知識」を元に説明しているので、とてもわかりやすいですね。

「日本のプロ教師が教える社交ダンス」、言い方を変えるならば「日の丸ダンス」の原点を追い求めて
いったとき、裕美先生の説明は、ぼほ「完璧」の域に達していると思います。

この動画は、ワルツなどの「ライズ」について説明してます。

2分30秒:足の爪先~母指球(ボール)を、緑のボードに乗せて、踵(ヒール)を床につけます。
 足首が深く曲がった状態になってます。
2分40秒:踵を浮かせて、足の指を折って、足の甲が直角になるようにライズ。
 男性は、踵を高く持ち上げて立っていられるが、女性は、踵を持ち上げると極端にバランスを崩す。
3分50秒:腓骨筋のスイッチON。
 足首を使うのではなく、腓骨筋を使って、「くるぶしの横あたり」を固定して、踵を浮かす。

で、一番重要なのが、
4分20秒:胸椎12番(あばら骨の一番下の骨がついている背骨)の周辺を、グリグリグリっと押しながら、
もみほぐす。
字幕には、「脊椎反射のポイント 胸椎の12番」と書いてあります。

5分40秒;両足の「腓骨筋」を固定して、背中の周りの筋肉の変化が「胸椎12番」に集中するようにして
足首を深く曲げたところから、踵を高く持ち上げていくと。。。。きれいな安定したライズが出来ました!

腓骨筋(ひこつきん)はジャンプする時に使う筋肉で、アフリカの人たちは腓骨筋が発達しているので
高くジャンプできる。
普段、腓骨筋を使わない人は、踵を持ち上げてライズしたときにバランスを崩す。

腓骨筋を使うためには、「胸椎12番」のスイッチをONにしてやればいい。
胸椎12番を意識すると、腓骨筋の屈曲によって、踵を高く持ち上がるので、安定したライズができる。

・・・・動画で、チェックしておくべきポイントは、こんなところかな。
はっきり言って、説明は完璧です。

だたし、この説明だけでは、なぜ「こんなものが重要なのか」が、わかりずらい。
正直、この説明だけを聞いていても、実践の踊りと直結しないので、面白くも何ともない。

この説明の重要性を「理解」すると、「日本の社交ダンス」の原点にあるものが、わかってくる。

「胸椎11~12番」というのは、背中を左右に回転させる(骨盤と肩との角度差をつける時)、
一番「ねじれ」が大きくなる「骨と骨との関節」になります。
腰の骨(腰椎1~5番)は、湾曲があるので、腰は、ほとんど左右に「捻じれ」ません。
胸椎1~10番は、あばら骨の「カゴ」で固定されるので、ほとんど左右に「捻じれ」ません。
したがって、カラダを左右に動かしたときに、大きな「捻じれ」が生じるのは、胸椎11~12番付近です。

_kara028_024a.png

これは、元日本チャンピオン、檜山浩治先生のレクチャーです。
1(CBM)のところで、左肩を前に伸ばして、骨盤と肩に、約30度程度の角度差がついています。
この時の「背骨のねじれ」は、胸椎11~12番」が中心になります。
つまり、骨盤と肩に角度差をつける子で、「胸椎12番のスイッチをON」にして、「スイッチON」を継続したまま、
左足を右足の横まで引っ張ってきます。 そうすることで、ライズしやすくしている・・・ということです。

写真「2」のように、両足を大きく開いたときに、踵(ヒール)が高く持ち上がっている状態で、安定して
立っていられるのは、「胸椎12番のスイッチがON」になっていて、腓骨筋が固定されているからです。

ナチュラルターンでの最大のライズの位置は、カウント3で、両足を閉じるタイミングです。
「足首を曲げながら、両足を閉じていく」のは「とても簡単」なのですが、それではダメ。
「足首を伸ばしながら、両足を閉じる」というのが正解。 これは、思ったよりも難易度が高いです。

女性の「後退ナチュラルターン」の3歩で、右足を伸ばしてから、左足を寄せてくるときに、
「右足の足首を曲げながら左足を寄せている女性」は、全体の9割以上だと思います。
右足の足首を伸ばしながら、左足を寄せてくる女性は、競技選手の中でも、「ほんの僅か」だと思います。

これは男性よりも女性の方が重要なんですが、「胸椎12番のスイッチがON」を知らなければ、
「両足を揃えた時点で、ライズが一番高くなる」という基本的な動きなんて、出来ないだろう・・・
ってことです。

両足を揃えたときが、最大のライズ???
そんなクソ面倒なこと、どうでもいいだろ。
30年間、一流の先生に習っているけど、一度も、そんなの習ったこと無いぞ!!!
ってのが、実態でしょうね。
ほとんどの女性が、「踵を下ろす」ことによって、両足を揃えてますから。

「へたくそでもいい、上品であれ」とか言って、ほとんどのプロの先生は、何も教えないからね。

日本の社交ダンス・・・というか「日の丸ダンス」は、ともかく矛盾だらけです。
「先生」と呼ばれる人に質問しても無視されるし、先生を怒らせたら、地域から排除させられるし。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月13日
投稿166 今日の日記0913
 2017/09/13(水) 21:50:12  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

訳あって「mirokoro.com」のドメインを手放してから、1週間が経過。

今まで使っていた「midokoro.com」というドメインを手放したので、ホームページのアドレスを
変えなければならなくなったわけだけど、これの理由を説明するのが、なかなか難しい。

というか、「なんでアドレスを変えたのか?」を、説明しても、わかってもらえない。

http:// で始まるホームページのアドレス xxxxx.com とか xxxxx.jp とか。
ホームページで、これらの文字列を使うのは、無料じゃなくて、毎年、維持費が掛かる。
で、手放した理由は、維持費削減のための合理化の一環・・・かな。

今、「http://midokoro.miracle-dance.com」になってますけど、
常時SSLへの対応が迫られるだろうから、近いうちに「http:」から「https:」に変更しな
ければならない日が来るはず。

ホームページを維持するのも、いろいろと面倒くさい。
作るのは簡単だけど、続けるのは、難しいです。

だれもアクセスしなくなったら、やる気がなくなるから、
ブログを含めて、今まで以上に「有意義なホームページ」にしていく必要がありますね。

-*-*-*-

次回予告です

次回は、この動画について、解説を入れていきたいと思います。

ワルツなどの「ライズ」について説明してます。

基本的に、日本の社交ダンスは、この動画のカラダの動きに準拠しているはずだし、
石川県で言えば、スタジオ○●○とか、そのあたりの先生が、これに近い動きを
してるような気がする。

わたしは、賛同しかねますけどね。 異議あり!ってこと。

どうして、「社交ダンスの先生」というのは、自分の言ってることが、絶対的に
正しいかのごとく、物事を決めつけようとするのでしょうか?

説明は次回。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 9日
投稿162 今日の日記0908
 2017/09/09(土) 05:10:18  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「みらくるダンス実験室」を引っ越しさせて、「みらくる・らぼ(実験室)」という名前にしたら、
検索サイトに表示されない・・・という状況に陥ってたりする。
あと1~2日、様子をみることにする。

ところで、「ペアダンス」である社交ダンスには、根本的に2つの踊り方がある。
幼稚園児や小学生くらいだと理解できないかもしれないけれど、
中学生くらいになれば、「この2つは違う」ということを理解出来るはず。

〔ア〕社交ダンスとは、男性と女性との「巧みな 技の掛け合い」である。

 通常は「技を掛ける人」よりも「技を掛けられる人」の方が、大きく動くことができる。
 なので、大きく動くときは、相手に技を掛けてから、相手の動きに便乗する。
 もしくは、「相手に技を掛けてもらった時」の筋肉の動きを覚え、それと同じカラダの使い方をする。

〔イ〕社交ダンスとは、「お互いが、自分の足で、同時に動くこと」である。

 男性は男性の足の屈伸でカラダを運び、女性は女性の足の屈伸でカラダを運ぶ(カラダを送り出す)
 次にどんな足形を踊るかは、男性が決める。男性はボディ(お腹)を女性に与る
 女性は。男性の指示(ボディ・リードという)を察知して、男性の動きに追従する。

この違いは明確で

〔ア〕の基本は、「正確・確実な技を掛けられたら、足が動いてしまう」ことであり、
 「自分で足を動かしたい」ときは、「技を掛けられた時と同じ、カラダの動き」をする。
 自発的に、足の屈曲を使って、カラダを動かそうとしてはダメ

〔イ〕の基本は、上半身を固定して、上半身を垂直に保ち、上半身をブレないように
 足の屈曲を最大限に使って「足でカラダを送り出す」練習を徹底的に行いながら
 男女が、ボディをくっつけながら、お互いの足の屈伸のタイミングを合わせていく。

どう考えても、〔ア〕と〔イ〕は、根本的に違うんですね。

「武道の達人」と呼ばれる「技の掛け合い」をやってる人には、「上品さ」なんて無いです。
「完璧な技」による「美学」や、「礼儀正しさ」があっても、それは「上品さ」とは違う。
「上品さ」があるとすれば、ひたすら「音楽に合わせて自分は自分で動く」タイプの社交ダンスだな。

現実問題として、生徒に「見かけだけの上品さ」だけを追求させて、自分が「世界で一番の上品な
人間なのだ」だと思い込んでるプロ教師が、一番、カネになるのかもしれない。
「自分たちは、上品なのだ」と思い込んでいる集団を形成するから、上品になるためにカネを出す。

でも、それとは違う考え方の人もいるはずである。
社交ダンスの極意を知ってるのは、普段から「下ネタ」を連発して、「みかけ上の上品な振る舞い」
に対する「自分への戒め」を持っている先生なのかもしれない。
個人的には「下ネタ」は嫌いだけど、「上品さを売りにする先生」より、信用できるような気がする。

どうだろうか?

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 6日
投稿160 今日の日記0905
 2017/09/06(水) 03:41:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

先日の続き。

「社交ダンスを上達する」というのは、「自分との戦い」である。

社交ダンスには、「競技会」と称するものがあるが、
競技会は「似たようなレベルの他人との戦い」である。
最初から、自分より上のレベルの人との戦いを放棄するところから、スタートしている。

じゃぁ、競技会に興味を持たない人間は、「すべての戦いを放棄している」のだろうか?
実際、団塊世代もしくは、それよりも上の世代なら、そういう人はたくさんいる。

だけど、団塊世代より若い世代は、否応なしに「競技をやってる同年代」と一緒に
やっていかなければならないので、競技選手以上に「自分との戦い」が必要になる。
そうでなければ、社交ダンスを続けることができない。

「へたくそでもいいから、上品であれ」とか言ってる偏った思考回路のプロ教師は、
どこにでもいる。
そんなプロ教師が地域全体のすべてを破壊してくれる・・・・これは、致命的である。


じゃぁ、「自分との戦い」とは、どういうことなのか?

「自分の知らない技を持っている相手が、突然現れて、
 自分の知らない技によって、相手に大敗をきっしたとき、
 その瞬間から、長年築いてきた自分の踊りというものが、
 なんの価値もない、魂の抜けた、抜け殻になってしまう。」
ということ。

自分と同じような基礎、あるいは、自分と同じようなレベルの人と
戦っていれば、「負ける」ことはあっても「大敗を喫する」ことはない。

だけど、血のにじむような努力をして「上達」することを目指していても
その基礎となる部分が「自分の知らない技」の上に成り立っているとしたら
負けた瞬間(自分の知らない技が、基礎であることを悟った瞬間が、負けになる)、
いままで積み上げてきたもの、すべてが崩れ去ってしまう。

常に「すべてを失う」恐怖と戦いながら、上達を目指す。
それを考えるのが「自分との戦い」。


他人の踊りを見ないで、自分のことだけを考えることが「自分との戦い」で
あるかのことく、教えてるプロ教師もいるかもしれない。
「他人を見ることを辞めれば、自分の戦いになる」という偏った思考回路。

それはそれで、一理あるかもしれないけど、根本的になにかが違う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 5日
投稿159 今日の日記0904
 2017/09/05(火) 00:25:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

先日、某プロ教師(名前を書くなと言われているので、名前を伏せておく)のブログを読んでいると、

 「へたくそでもいい、音を外してもいい。それよりも、上品に踊りなさい」
みたいなことが書いてあった。

なんとも、(ある意味では)すばらしい教育方針。
個人的には、ぞっとするというか、寒気がするというか。

毎回、毎回、「上品に踊れ!」という指導を受けているうちに、
「自分の踊りは上品な踊りだ!」と思い込みで、周囲が見えなくなってしまう。

高級な衣装を着て「自分の踊りは、上品な踊りだ!」と思い込んでしまうと、
シワシワな服を着て、ボロボロの破れた靴を履いている他人の踊りが「下品」に
見えてしまう。

踊りの本質が見えなくなって、「自分、もしくは自分が所属する集団が上品で
あり他人は下品」という錯覚に陥ってしまう。
そして、「自分は、上品な人間だ!」と思い込んでしまうと、自分より「下品
」な人間との接触を拒むようになってくる。

どれだけ、シワシワの服を着て、破れた靴を履いている人間の方が、はるかに
綺麗な踊りをしたとしても。。。。だ!

明らかに周囲よりもへたくそで、音楽から外れている踊りをしている人が
「自分の踊りは、上品な踊りである」と思い込むようになったとしたら、
なにかが、おかしい。

そんな先生の発言に納得する生徒は、周囲が見えなくなっている・・・・・
わたしは、そう思う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 2日
投稿158 今日から9月
 2017/09/02(土) 01:22:30  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日から9月。

毎月1日の朝は、「かがやき練習会」の会場確保に出かけます。
なので、毎月の初めは、毎月「実感」していたりする。

今日から、ホームページで「midokoro.com」のドメインの使用を停止しました。
今日から、「○○.midokoro.com/」というホームページには、アクセス出来なくなってます。

「midokoro.com」は、近日中に手放します。
究極の財源難による、徹底的な合理化の一環・・・ってところかな。

この「ダンスの見どころ」という名前は、「みどころ」というドメインを持ってたので
なにも考えずに「適当につけた名前」なのですが、今までよく、続いたものです。

まぁ、良い名前が見つからなかったので、そのまま使っていただけなのですが...

社交ダンスの場合、大切なのは「みどころ」よりも「目のつけどころ」だと思います。


「○○.midokoro.com/」で運用していたホームページを全部
「○○.miracle-dance.com/」に引っ越しさせたら、けっこう、すごいことになってしまった。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月31日
投稿156 今日の日記0830
 2017/08/31(木) 03:50:06  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

ようやく、夜は、涼しくなってきました。
深夜に窓を開けて、パソコンを触っていると、気持ちがよいです。

今年に入ってから、
 「自分の出来ることは、可能な限り実行する」
ということを実行しているのですが、
思い通りに、物事が進まないことが多いですね。


他人はどうであれ、自分に出来ることをやるのみ!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月29日
投稿155 今日の日記0728
 2017/08/29(火) 04:22:14  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日、紹介した
「ちょこっと○○が踊れたら」全8回
「もっと○○が踊れたら」全10回
のシリーズの動画を紹介しているのが、
名古屋のナイトウダンススクールの内藤先生です。

このシリーズだけで、100本以上の膨大な数の動画を投稿されています。

探し出すのも大変なので、
「ぼくの読書感想文~社交ダンス動画編」に、載せておきました。

わたし(山象)と違うタイプなので、自分には「いくら練習しても、真似が出来ない」カラダの動きがたくさん出てきます。
わたしには、絶対に無理です。真似しようとしても、真似できない。
自分と違うタイプだからこそ、見ていてとても参考になります。

内藤先生の踊り方によく似たタイプの人、たくさんいます。
内藤先生と同じタイプのカラダの使い方をする人は、模範演技というか、
「将来の目標」して、順番に動画を見ていくと、とても参考になると思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月27日
投稿152 今日の日記0826
 2017/08/27(日) 01:50:25  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「ダンスの見どころ」のアドレス(URL)を変更してから、約3週間。
「古いアドレスからの自動転送」をやめて、「60秒後に転送」に変えました。

検索サイトでは、新しいアドレスに置き換わってますが、
ホームページにたどり着けない人・・・いるのかな?

9月以降は「○○○.midokoro.com」のアドレスが使えなくなる、
というか、「midokoro.com」のドメインを手放します。
古いアドレスからの転送もできなくなりますので、ご注意下さい。

ホームページの運用するのにも、維持費が掛かるので、合理化の一端かな。
手持ちのドメインを減らして、可能な限り、経費削減・・・・と。

-*-

社交ダンス関連のホームページ、あまり面白いところ、ないですね。
「ダンスの見どころ」も15年以上やってるけど、
10年前も今も、やってることは、ぜんぜん変わってないし。

「根気よくブログを続けてる人」さえも、少ないですよね。
これじゃ、社交ダンスが、伸びるわけがない。

どういう状況であれ、自分に出来ることは、やる・・・・と。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月23日
投稿149 今日の日記0822
 2017/08/23(水) 04:56:18  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

面白い動画、見つけた。

手首をつかんできた相手を一瞬で固めて崩す技術|護身術教室YSPC|東京・合気・崩し

簡単に、技が掛けられてますね。

「技を掛けられて、動いてしまう人」に注目。

コンタクトしてるのは、両腕の「てのひら」と「5本の指」です。
技を掛けられた人は、なぜ、動いてしまうのか?

これと同じ原理が、「社交ダンスのリード&フォローの基本」だとしたら、
どうでしょうか?
技を掛ける方が「リーダー」であり、掛けられる側が「フォロアー」になる
わけだけど、実際の社交ダンスの場合は、技を掛ける側と、掛けられる側が、
交互に入れ替わる。

少なくとも、日本プロ教師が「一般の生徒に教える社交ダンス」には、
こんな概念は、ほんのカケラも、存在しませんよね。
技は習うものではなく、盗むもの・・・・ってことになるのかな。

この動画、どうやったら、「技が掛かる」のでしょうか?
正直、さっぱり、わかりません。 ぉぃぉぃ!
たぶん・・・・

1.技を掛けられる側の「肩関節」を、数mmから1cm程度、浮かす。
2.技を掛けられる側の「肘」を固定して、動きの支点にする。
3.技を掛けられる側の「手首」に変化を与えると、カラダ全体が動く。
4.技を掛けられる側の「肩関節」を下して、カラダ全体を固定させる。

って感じでしょう。

本来、これを応用したのが社交ダンスのホールドで「動く」動作って
ことになるのかな。
「動きたいとき」には、肘を固定したまま、自分で肩関節を浮かして、
自分で手首に変化を与えること・・・・かな。

「日本のプロ教師の教える社交ダンス」は、「肩を持ちあげてはいけ
ません」という呪縛を、反復練習で叩き込むことから、始まる。
だから、100年ダンスやってても「肩関節を浮かせば、カラダが簡単に動く」
という発想にはたどり着かない。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月12日
投稿140 今日の日記0811
 2017/08/12(土) 01:42:27  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、弘中先生のパーティに行ってきました。

午後1時に家を出て、午後4時15分に家に戻る。
時間的に「気軽に行ける」パーティってのは、ほんとうに久々だわ。

かがやき練習会は、朝9時に家を出て、戻るのは夜の7時だし、
富山のパーティでも、お昼前に家を出て、戻るのは5時過ぎだから。

弘中先生(女の先生)の踊り(スタンダード)も見れたし、
これで良し・・・と。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月 9日
投稿138 今日の日記0809
 2017/08/09(水) 22:28:19  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

なんか、めちゃくちゃ眠い・・・
今日は、パソコン関連のの雑用をやってました。

メールの設定を pop3 から imap に変更・・・とか、正直、よくわからん!

-----

8/11(金)の祝日に、弘中先生のところの500円パーティがあるようです。

hironaka dance company > ブログ > 8/11(金・祝)ダンスパーティ!

長年、金沢でダンスやってるけど、弘中先生が踊ってるの、みたことない。
いい機会だから、どんな踊りをするのか、一回、見てこようかな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月 8日
投稿137 今日の日記0808
 2017/08/08(火) 20:15:45  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は「よろよろデスマッチ(2)」を書く予定だったけど、予定変更。

富山のshoさんのホームページ(掲示板)を見に行ったら、
「盆踊り」の動画が貼ってあった。

知らない間に、こんなのやってたんですね。
おもしろいので、ここでも紹介します。

曲は、荻野目洋子さんのダンシング・ヒーローですね。

4年前の動画ですが、動きがわかりやすい。
2010年からやっている美濃加茂市の「おん祭MINOKAMO 夏の陣」の動画です。
場所は、長良川鉄道沿い。
郡上踊りの郡上八幡から長良川を下ったところかな。

原曲は、Angie Gold の Eat You Up という曲。

ディスコ系だな。よく知らないけど、ユーロビートってやつ?
社交ダンスやってると、外国の曲の方が聞きやすかったりする。

社交ダンスだと、
  スローフォックストロット ~ チャチャチャ ~ タンゴ
のノリのいい爽快なメドレーのデモが踊れそうです。

踊りたいけど、この曲で踊れそうな相手がいない・・・。無念!


この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月 2日
投稿133 今日の日記0802
 2017/08/02(水) 23:28:49  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「よろよろ!社交ダンス。」のアクセス数も落ちてきて、アクセス向上のための宣伝もここまでかな
・・・と感じる今日この頃。

社交ダンスが「風俗営業法」の管理下から外れて、1年が経過しています。
いままで、制約があって、できなかった活動が、できるようになったので、
「自分にできること」は、可能な限り、積極的にやっていこうと思ってます。

お盆休みまでに、やることは・・・・というと

「ダンスの見どころ」のドメインを変更します。

現行: http://dance.midokoro.com
 ↓
変更後: http://midokoro.miracle-dance.com

風俗営業法の管理下での「厳しい制約」の中で、
8年前から、
 「みらくるダンス実験室(ラボラトリ/laboratry)」
 「みらくるダンス・プロジェクトチーム(project team)」
という名称で、活動を続けていたのですが、
これからは、積極的に「みらくるダンス」という名称を前面に押し出して
活動をしていきたいと思います。

その一環として、「ダンスの見どころ」のホームページを
今まで活動してきた「みらくるダンス」の傘下に組み込もうと思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月29日
投稿129 今日の日記0729
 2017/07/29(土) 22:01:21  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日の21時過ぎに、豆田大橋を通過したのですが、
交差点の信号が8分間にわたって、赤信号のまま。 21:11~21:19。

これだけ長い赤信号。初めて見た。

歩行者のために、車道を赤にするのはわかるけど、
果たして、ここまで、乱暴なことをやる必要があるのだろうか?

いくらなんでも、度が過ぎるような気がする。
8分間にわたって、クルマが1ミリたりとも動かないとか、普通じゃあり得ない。

信号を抜けた先に、進路変更するときに、ぶつけられそうになったり、
長時間、赤進行で止められたことで、みんな、相当に殺気立ってた気がする。
まぁ、事故が起きなかったからいいけど。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月25日
投稿125 今日の日記0725
 2017/07/25(火) 19:38:41  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

国会のやりとりを、youtube で見ているのですが、加計学園問題は、肝心な部分が見えてこないですね。

愛媛の今治(しまなみ海道の終点だな)に大学の「獣医学部」を作って、儲かるのか? って話。

獣医学部作って、大学がボロ儲けできるのなら、大学関係者が、内閣府のトップのところへ、
お土産をもって頭を下げに行くのが筋。

逆に、獣医学部は儲からず、補助金ぶち込まなけば成り立たないのであれば、
内閣府のトップが、大学関係者のところへ、「お願いですから、学校作ってください」と
お土産をもって頭を下げに出向くのが筋。

カネが儲かるか、儲からないかで、アタマを下げる側と接待を受ける側が、逆転する。
こういう関係ってのは、一般社会だけでなく、子供の世においても、常識のような気がする。

頭の固い国会議員とか、マスコミの人たちとかは、そういうの理解できないんだろうな・・・と思う。


文部科学省の大学の新設に関しては、
民主党(現在の民進党)の田中真紀子大臣の 2012年の対応が、わかりやすいですね。

当時の田中真紀子文部科学大臣が、「学設置・学校法人審議会が1日に来春の開学認可を答申していた秋田公立美術大、
札幌保健医療大、岡崎女子大(愛知県)の3件の4年制大学の答申を覆して、不認可とした・・・という話。

新設の大学なんて、役人の鶴の一声で、ボツにできる。
それが。文部科学省という組織・・・・ってことだよね。

だから、学校教育なんて糞くらえ・・・とばかりに、「出会い系バーの貧困調査」に勢力を傾ける。


加計学園問題なんて、国会で審議する費用よりも、文部科学省関係者全員に、「ソープランド・通い放題」の
フリーチケットを配布したほうが、安く上がったような気がする。

文部科学省の関係者には、ソープランドで遊んでもらって、内閣府の人たちが「出会い系バーの貧困調査」を行う・・・と!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月24日
投稿123 今日の日記0723
 2017/07/24(月) 03:32:58  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、ひさびさに、小杉(富山県)のパーティに行ってきました。

選曲(とくにラテン)が、以前とはかなり違ってた。

意図的に、選曲を変えてきているのだと思うけど、
富山の社交ダンス、どういう方向に向かっていくのか、よくわからなくなった。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月14日
投稿113 今日の日記0713
 2017/07/14(金) 04:57:34  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

仮眠を取るだけのつもりが・・・・
目が覚めたら、朝になってしまった。

「#(ハッシュタグ)タマキード事件」は、あたらしい投稿がないので、そろそろ収束かな?
これを、国会で、全く触れないところが、不可解な気もする。

マスコミは、どうでもいいことをギャーギャー喚き散らす国会の「断片的な中継」よりも、
獣医師の仕事について、真剣に報道してほしいと思う。


北海道や、四国のような田舎の獣医師って、ほんとうに、たいへんだと思う。

牛が病気になったら、牛の「ケツの穴」に腕を突っ込んで、牛の腸に異常がないか調べるのも
獣医師の仕事。。。だと聞いたことがある。
実際、そんなことをしてるかどうかは、知らないけれど・・・。

牛のケツの穴に腕を突っ込んだときに、牛がウンコをしたら、獣医師は悲惨な目にあうような
気もする。 もしかしたら、獣医師の仕事ってのは、牛のウン子との闘いなのかもしれない。

美味しい国産の牛肉を安心して食べられるのは、陰で、獣医師の人たちが
日本の酪農を支えているからだろう・・・・という気がする。

どうして、日本のテレビ(地上波)は、そういうのを報道しないのだろうか?


四国の田舎で、牛の「ケツの穴」に腕を突っ込んで、牛の病気を調べる獣医師と
東京のど真ん中で、「出会い系バー」から連れ出した女性に「貧困調査」を行う文部科学省。

どっちが楽しいだろうか?

どう考えても、出会い系バーの女性の貧困調査の方が、楽しいと思う。
牛のケツの穴に腕を突っ込むのなんて、やりたくないもんな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月13日
投稿112 今日の日記0712
 2017/07/13(木) 03:53:15  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

こんな時間になってしまった。

よろよろ社交ダンスの、初級編(トライアル編)の資料を作成中です。
連休前・・というか、練習会の前までは、仕上げたいと思ってるけど、間に合わないような気もする。

-*-

最近の「かがやき練習会」は、どんなアクシデントが起きるか、まったく予想できない状況。
ネット上で公開できない事柄が、いくつか重なっているので、練習会が近づくと、安心して
眠れない日が続くのですが。。。。まぁ仕方ないかな。

自分では、できる限りの対応を取っているけど、一人では、どうにもならないことがある。

「かがやき練習会」自体が、日本の社交ダンスの矛盾点を伝えたいためにやってる部分もあったり
するので、無理をしても続けているのですが、アクシデントに対応できなくなった時には
涙をのんで、中止せざえるを得なくなるかもしれない。

2人いれば、余裕でクリアーできる問題でも、1人だけだと、どうにもならない。
アクシデントが起きないことを、ひたすら祈るのみ!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月11日
投稿110 今日の日記0711
 2017/07/11(火) 18:08:11  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

先週、TBSのドラマ、半沢直樹のDVDを借りてきて、みてた。

タイミングがいいのか、悪いののか、最近こんなのが、話題になってる。

半沢直樹に比べたら、「屁」みたいなもんだな。
半沢直樹は、自分の銀行をぶっ壊しても、半沢直樹を徹底的に追い込んでいくドラマだけど、
こっち(いわゆる小池劇場)は、どうだろうか?

やるなら、地獄の底まで、もっと徹底的に、やればいいのに!
どうせなら、引退させるだけでじゃなく、自殺させる直前まで、徹底的に追い込まないと・・・・。

「握手をしている」という真実なんて、どうでもいい!
「真実は、本人ではなく、本人を除いた集団が決める」って感じだよな。
テレビ局の人間が、よってかかって、握手拒否だといけば、握手拒否が事実になる。
ほんとうの事実なんて、どうでもいい。

でも、こんなのは、半沢直樹に比べたら、甘いような気がするけど、
同じようなことをされたことのある人間からすると、ぞっとするわ!

「真実は、本人抜きの多数決で決まる」という悪夢。
どれだけ、恐怖を感じるか。

東京の連中は、そこまでして、選挙に勝ちたいものなのか?
こんな方法で、選挙に勝って、楽しいのだろうか????
東京の連中には、もはや「人間の心」というものが、なくなってしまったのだろうか?



そういえば・・・・

以前見た映画、「es」を思い出した。
1971年にアメリカのスタンフォード大学で実際に行われたスタンフォード監獄実験を元にした映画だな。

実験として大学に「疑似刑務所」を作って、被験者を「看守役」と「囚人役」にわけて、
2週間生活させたら、看守役が囚人役を殺してしまう・・という映画。

看守役をやった被疑者は、自分の言うことを聞かない「囚人役」の被疑者を、殺してしまう!という話。

実験とて「囚人役」を演じているだけなのに、実験の枠をこけて、人を殺すことさえも正義になってしまう。
人間ってのは、集団で暴走すると、人を追い詰めて、殺すことなんて、なんとも思わなくなる。

映画「ES」の説明 (wikipedia)

握手してるのものを、集団で「握手していない」といって罵倒して、
集団に逆らったら、ぶっ殺す・・・・くらいのことは、雰囲気しだいで、平気でやるのが人間だからな。

やっちゃいけないんだけど。
ましてや、都知事として、上に立つような人間が・・・・
少なくとも、笑ってる場合じゃないだろ。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月10日
投稿109 今日の日記0710
 2017/07/10(月) 19:28:05  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

午後から、国会の中継みてた。

自由党・・・だったかな? 小沢一郎の政党の女性議員の発言が印象的だった。

首相官邸を訪問した人のリストが残っていないという問題。
こういうものは、長期保存して、世界中の誰もがいつでも、閲覧可能にしておくべき
・・・なのだろうか?

長期保存しておけば、政権交代した時、前政権の訪問者リストを、世界中に公開させることができる。
特に、防衛関係の秘密をなくして、日本に入ってきたあらゆる情報を、すべてをガラス張りに
すれば、国の信用が、アップするかもしれない。
そういう考え方もあるだろうけど、否定的な考え方もあるはず。

そのあとに出てきた、おじさんが追及していた話題。
岡山の自民党支部の件、ほんとうなら、許されない行為だな。

文部科学省と、日教組が一丸となって、教員や学校関係者の政治活動を、
徹底的に取り締まればいいと思う。
過去にほんの少しでも、政治活動をした教員は、全員、懲戒免職とか。

高校生の選挙権の問題もあるので、ぜひとも、実現してほしいと思うけど、
実際問題として、そういうって、できるのかな?

正直なところ、学校関係は、さっぱり、わからん。
というより、全般的に「モノを教える人間」の考え方は、わからん部分が多いのだが。

首相の忖度よりも、そういうのを国民にわかりやすく説明してほしい・・・気がする。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月 9日
投稿107 今日の日記0708
 2017/07/09(日) 01:05:32  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、なにもせずに、部屋に引きこもり。
眠い。
相変わらず、物事がうまくいかない状況が続いているが・・・

なにか、いいこと。。。ないかな?

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年7月 2日
投稿106 今日の日記0702
 2017/07/02(日) 21:49:06  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、福井の「フロンティア」へ行ってきました。
フロンティア福井ダンスアカデミー

金沢から2時間かけて行ったのに、入口に、鍵が掛かっていたので、練習できず!
いったい、どうなってるんだろうか?
休むのなら休むで、ホームページかフェイスブックに、案内を出してくれると
ありがたいのですが・・・・ まぁ、いいけど。

石川県の某教室の出身の女性の先生の踊りを確認したかったのですが、確認できず。
「弟子の先生」の踊りを見れば、「師匠の教え方(石川県の某教室の踊り方)」が、
はっきり、わかりますからね。

石川県の某教室・・・・高級外車のプロ教師の教室ですね。

-*-

将棋の竜王戦の生中継、おもしろかった。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月30日
投稿103 今日の日記0629
 2017/06/30(金) 04:35:38  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日の夕食

xx1.jpg

食べ比べやると、味の違いがわかる。
満腹感はあるけど、さすがに「豪快な味付け」だな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月29日
投稿102 今日の日記0628
 2017/06/29(木) 01:54:18  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

・メインで使っているパソコンの「Windows10 のアップデート」が無事、完了。
 1607→1703(Creaters Update)

・古いCDの中古(ペペ&カルメンなど)を買ってきて、聞いてます。
 たまには、初心者向けに、こういうのもいいかな。
 かがやき練習会の中に、混ぜていきます。

・相変わらず「思うように、物事が進まない」。
 こういうときは、変わったことをせずに、じっとしているに限る。
 下手に動くと、確実に、悲惨な結果を招くから。。。。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月26日
投稿100 今日の日記0626
 2017/06/26(月) 23:36:08  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

風俗営業法の改正により、社交ダンスが風俗営業法の管理から外れて、1年が経過。

「プロ資格を持っていない人は、ダンスを教えてはいけない」
という制約が無くなって、ようやく、自分の主張が出来るようになりました。

「よろよろ!社交ダンス」の中で
 「社交ダンスのカラダの動きは、大きく分けて2つある」
と主張していますが、「社交ダンスのプロ」は、これを認めなかったからです。

2つある方の片方だけが「教えて良いダンス」であって、もう片方は「完全に黙殺!」。
それが、50年以上、続いていたんじゃないかと思います。

自分の踊りが「正しい」というのであれば、比較して優位性を示せばいいのに
プロ教師は、都合の悪いことは、黙殺して無視することで、正当性を保とうとする。

自分が「プロ教師」だというのなら、「よろよろ!社交ダンス」に批判記事でも
書いてくれればいいのに。。。。とか、思ったりするのだが。

「相手にしたら、アタマが腐る」とかいって、一貫して、無視・無視・・・・だろうな。
とくに、ベンツの教師

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月21日
投稿99 今日の日記0620
 2017/06/21(水) 00:32:05  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

なんか、酷い頭痛。
急激に眠くなるときと、全然眠れないとき、落差が大きい。

明日、仕事、休んで、寝てることにする。 怪我するよりマシだから。

とりあえず、かがやき練習会、終わらせたから、気分的に少しマシになったかと思ったけど、
なんか、余計にストレスが酷くなったみたい。


いつまで、恐怖が続くのだろうか?

だれか、助けて欲しいけど、親にも頼める状況じゃないし、
どうにもならなくなる前に、かがやき練習会、辞めるしかないかも。

毎日、夜になると、悪夢が襲ってくる。
マジで、耐えきれない。



眠れそうにないので、
朝まで起きていて、
昼間に、寝ることにする。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月20日
投稿97 今日の日記0619
 2017/06/20(火) 03:08:03  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

かがやき練習会も、なんとか無事に終わって、一安心です。
次回の練習会は、7月16日(日)なので、1ヶ月近くあります。

ともかく、多少の犠牲を承知の上で「リスク回避」を最優先でやっているのですが、
究極の「リスク回避」は、練習会を、やらないこと!

ともかく、1ヶ月近く練習会がないので、その間は、トラブルとかアクシデントは発生しない。
これが、「リスク回避」のための一番の解決方法・・・・だな。


最悪、「かがやき練習会」が潰れることと想定して、
社交ダンスの普及活動を考えて行かなければなならい
・・・・としたら、一体、なにが出来るだろうか??

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年5月17日
投稿82 今日の日記0517
 2017/05/17(水) 21:47:38  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

相変わらず、楽しいことの無い日々が続いてます。
すべてのことが、悪い方向に進んでいく。
なにか、いいこと・・・・ないかな??

「よろよろ!社交ダンス。」も、少しづつ、改良してますが、
完成にはほど遠い・・・・というか、先の見えない状況。

なんというか、ぜんぜん、気分が乗らない。
ホームページを作ってる最中に、絶望感が襲ってくる。
ぜんぜん、希望が見えてこない。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月27日
投稿71 今日の日記0426
 2017/04/27(木) 05:34:16  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

新しいホームページ作り。
徹夜で作業をやってるのですが、なかなか進まない。

相変わらず、アクセス数は、限りなくゼロに近い。

そして、相変わらず、運勢、最悪。
やることが、すべて「裏目」に出る。

ストレスが、ピークを越えてるというか・・・。
いつまで、持つか。。。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月24日
投稿70 今日の日記0423
 2017/04/24(月) 03:55:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

これ、なんか、すごい。

この人、スケートの世界チャンピオンだよな。

エフゲニア・メドベージェ(ロシア)
2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦
美少女戦士セーラームーン 2017

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月21日
投稿69 今日の日記0421
 2017/04/21(金) 22:30:46  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

ここ数日、淡々と、「新しいホームページ」を作成しています。

ほとんどアクセスが無いので、心が折れる・・・というか、なんというか。
ほとんど、自分との戦い・・・ですね。

名前を書いたら「圧力が掛かる」ので、名前書かないけど、
某プロ教師が、ブログで
 「スタンダードは、ラテン以上に、膝と足首を酷使する」
と書いてあったので、コメント欄に
 「スタンダードは、膝と足首を使わない」
と書いたことがある・・・・ような気がする。

公開されなかったけどね。

1年分のコメント欄を、一気に削除しておいて、
さらに、JBDFというプロ組織を通じて、「一個人に対して」圧力を
掛けてくるような連中だから、マトモに議論なんて出来ないだけど、

「膝と足首の力を抜いて、踊ってる人」と「膝と足首にめいっぱい力を入れる人」
が踊ってたら、力を抜いて踊ってる人が、膝とか腰にダメージを受けて、最悪
怪我するからね。

練習会やってる以上、責任があるので、そういうことを指摘してるだけだけど、
プロ教師は理解しようとしない。

「膝と足首の力を抜いて踊って、怪我をしたら、力を抜くヤツが悪い」
とか、「力を抜いて踊れ」といって教えてるヤツが悪いとか
・・・・そんなんでしょ。

なんとか、ならないんもんか・・・・と思うのだが、
名指しで、プロ教師の批判すると、また、圧力掛かるし・・・

「マンガ」で、某プロ教師の教え方に対して、批判してれば、
無視は出来ても、圧力を掛けること出来ないだろう。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月14日
投稿65 今日の日記0413
 2017/04/14(金) 02:14:43  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、買い物に行ってきました。

コーヒーを買いに行ったら、4種類のウチ2種類が「終了」になったらしい。
練習会で出している、キリマンジャロ(緑)と、パナマ(黄色)の「まるまめ」終了。
別の銘柄に入れ替えます。
キリマンジャロが、無くなるのを知ってたら、無くなる前に、大量に買っておくんだったのに・・・残念。

ゴミ袋が、約2割、値上がりしてた。
う~ん。。。痛い!

ちなみに、キッチンペーパーも値上がりが予想されるので、大量購入してある。
ポテトチップスも、値上がりしそうだけど、まだ、上がってない。


インフルエンザのシーズンが終わったので、安心して、買い物出来るのは、良いことだな。
冬の間は、練習会前の外出はできるかぎり控えたり、マスク着用で徹底防備してたけど、
その心配がなくなるというのは、、、、、気分的に、楽ですね。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月13日
投稿64 今日の日記0412
 2017/04/13(木) 00:16:54  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

ここ、一週間くらい、運勢最悪。
やること、なすこと、悪い方向に向かってるような。
思うように、物事が進まない。
なにかが、おかしい。

こんな時は、大きなトラブルが起きないように、じっとしているに限る。
どうやって、悪循環を断ち切るか・・・・だな。

-*-

今、作っている、あたらしいホームページ。
自分以外のアクセス数、ゼロ。
数人にしかURL教えてないので、ゼロでいいんだけど、
そうは言っても、「ゼロ」というのは、気分がめげる。

なにがあったとしても、やるべきことは、やる・・・・と。
希望というのは、最悪の状況の中から生まれる・・・・と。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月11日
投稿63 今日の日記0410
 2017/04/11(火) 06:04:27  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

あぁ、布団に入ったて目が覚めたら、朝になってしまった。

9日の競技会で、昇級された方、おめでとうございます。
全力で踊れることは、それだけですばらしいこと。
今後の、さらなる発展を、期待しております。

-*-

自分の力を、出し切れる人はいいよな・・・と思う今日この頃。
わたし自身、最近は、セーター着たままで、踊ることが多いです。
「パワー封印」というか、「意図的に、動きをセーブしている」というか。

なにがあっても、汗をかかないように、最小限のカラダの動きで、ダンスを踊る。
こんなこと、ばかりやってる。

たまには、動きをセーブせずに、大きな踊りを踊ってみたい。


ところで、今、スマホ対応の新しいホームページを作ってます。
電車の中とか、ちょっとした待ち時間でも、気軽に読めるホームページ。

ホームページの中身を作るのに手こずるし、スマホ対応に手こずるし。
難しい・・・・というか、なかなか先に進まないというか。
途中で、挫折しないように、作業を進めてるけど、こういうのって
「心が折れる」というか、「精神力、自分との戦い」だからね。


ブログにせよホームページにせよ、大切なのは
  多くの人に、伝えたいモノがあるか、ないか?
だわ。 すべては、これに尽きる。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月 6日
投稿60 今日の日記0405
 2017/04/06(木) 03:02:44  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

たまには、頭の体操。
人間の考え方は、一通りじゃない。
「議論をすると、意見が真っ二つに割れて、ほぼ確実に喧嘩になる」こともある。

例えばこんな例(あくまで、仮想の例です)。

「T市」は、市立小学校の運動場を作るために、国有地を買い上げました。
国有地の値段は「本来なら、9億円が妥当」です。 だけど、訳あり物件です。
昔は沼だった場所なので、深さ12mまで「有毒なゴミ」が埋まっています。

家を建てる場合は、12mの深さ、すべてのゴミを撤去する必要があります。
でも、運動場ならば、上から4mの深さのゴミを撤去すれば「安全基準」を満たします。
ゴミの撤去費用は、深さ1mあたり、1億円かかります。

「T市」と「国」の担当者は、買い取り金額を話し合いました。
4mと12mの間を取って、8m分のゴミの撤去費用分(8億円)を差し引いて、
9億円(土地の業価額)-8億円(ゴミの撤去費用)=1億円 に決めました。

この話し合い、「得」をしたのはどちらで、「損」をしたのは、どちらでしょうか?
意見が、真っ二つに分かれるはずです。

【意見A】運動場として売るのだから、9億円-4億円=5億円が妥当。
  5億で売るべきものを、1億円で売った「国の役人」は、国に損害を与えた。

【意見B】運動場で使う場合でも、12m分の撤去費用を差しいて「9億円-12億円」が妥当。
  0円で買えた土地に、1億円払った「T市」は、高い買い物をした。

「正しい意見」は、どちらでしょうか?
テレビなどのマスコミを見てると、【意見A】の考え方が「全国民の一致した意見」
というか、【意見A】だけが「世界の常識」であるかのような錯覚にとらわれてしまう。

でも、世の中には、少数かもしれないけど、【意見B】の意見の人もいる。
そして、「T市」の該当する部分が、「個人」だったとしても、この判断基準は変わらない。

世の中には「複数の意見」が存在することを、忘れてはいけない。

【意見B】の人を排除して【意見A】の人だけを1000人集め、枝葉の部分で、特定の人物
を狙い撃ちにして「批判」を繰り返したとしても、問題の本質など、見えてこない。


このことは、「社交ダンスの基礎」「社交ダンスの根っこの部分」においても、同じことが言える。
「根っこの部分」の考え方が違えば、永久に意見がかみ合わない。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月 3日
投稿57 今日の日記0402
 2017/04/03(月) 04:14:59  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

眠くなって、布団に入ったら、そのまま寝てしまった。

4s072c.png

「2つの踊りの違い」を、本格的に説明するための構想中。
2つのカラダの使い方があるということは、2つの踊り方の基礎があるということ。
「将来の社交ダンス」というより、「明日の社交ダンス」のために、この違いを説明していく。

前回3月26日のかがやき練習会は、人数が少なかったので、面白い「実演」をやってみた。

「Aタイプの基礎を忠実に守って踊る女性」と「Bタイプの男性」が踊るとどうなるか?
という実演。 こんなの、関心ある人、ほとんどいなかったみたいだけど。

「Aタイプ」は、ボディが膝の上に来たときにパワーが最大になり、足を開いたときにパワーが無くなる。
「Bタイプ」は、大きく足を開いたときに、パワーが最大になり、ボディが膝の上に来たときにパワーが無くなる。

なので、「Bタイプの男性が、急加速、急ブレーキ」を繰り返したりすれば、
ある程度のズレがあっても、「Aタイプの女性」と踊ることができる。


社交ダンスは、音楽に合わせて踊るので、誰が踊っても「歩数」は同じになる。
なので、踊りの大きさは、「どれだけ、大きく足を開くことが出来るか」で、決まってくる。

Aタイプ同士のカップル、Bタイプ同士のカップル(←日本では、風俗営業法で禁止されてきた)に比べて
「Aタイプの女性+Bタイプの男性」による即席カップル(練習とかはしていない)は、圧倒的に不利になる
わけだけど、それでも、
  「足を開く大きさが、そのまま踊りの大きさに直結する」社交ダンスにおいては、
  加減速を繰り返す、超非効率な踊りでも、「大きく足を開けば、それなりの大きさの踊り」をすることが出来る。
と言うことが言える。

わたしは、限られた条件下で、一人でも多くの人に知ってもらいたいから、自分に出来ることがあれば、できる限り実行している。
あきらかに、社交ダンスには、Aタイプ・Bタイプ、2つの踊り方が存在する。

でも、「練習会」という場所で、何を実演したとしても、あるいは「ブログ」という場所で、
何を説明したとしても、日本のプロ教師は、なんの関心も持たない。
そもそも、日本のプロ教師は、Bタイプの存在を認めない。
(Bタイプの人間は、地域の活動から排除され、「その地域に存在しない人間」として扱われる)

-*-

自分の気に入らないものは、徹底的に無視することが、「社交ダンスのプロ教師の誇り」なのだから、
一人の人間を排除するくらい、なんとも思わない。
日本のプロ教師は、なにがあろうとも、「Bタイプのフットワーク」は認めない。

外国人の世界チャンピオンクラスの人は、「ヒップ・ジョイント! hip joint! 」と繰り返し、叫んでいる。
だけど、日本のプロ教師は、その事実を認めない。 ヒップ・ジョイント?それなに?って感じ。

外国人の世界チャンピオンが「ヒップ・ジョイント」つまり、「股関節!股関節!」と叫んでいると言うことは
「股関節を使え!」ということなのか、「股関節を使うな!」ということなのか?
そういうことすら、生徒に教えない。

「股関節を使え!」だと「Bタイプ」、「股関節を使うな!」だと「Aタイプ」になるのだけど、
日本では「Bタイプ」の踊りは禁止、Aタイプの踊りをする人だけが「プロ教師」になれるのだから。。。。
日本のプロ教師は、口が裂けても、「股関節を使って踊れ!」とは言えない。

外国人が「ヒップ・ジョイント!」と言ってるよ・・・というと
それは、「ヒップ・ジョイント(股関節)を使わずに、ヒップジョイントを後ろに引け!」という意味だ!
と教えるのが、日本のプロ教師だ。

わたしは、外国人の「ヒップ・ジョイント」と言う言葉は、「ヒップジョイントを使って踊れ=ヒップジョイント推奨」
だと解釈してる。
だけど、日本人プロ教師は「ヒップ・ジョイントを使うな!!」という解釈の元でダンスを教えてるからね。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年4月 1日
投稿56 今日の日記0401
 2017/04/01(土) 21:45:34  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日から4月。
「年度替わり」だともいえるし、「エイプリル・フール」だとも言える。

プロが、ダンスでメシを食っていけるように、ダンス人口を増やしてく必要がある。
テレビで「芸能人のダンス」とかやって、視聴率を稼いでいるのに、
実際のダンス人口が増えないのは、何故だろうか?

そういうのを、プロの先生に、インタビューする企画とか、あったら面白そうだな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月25日
投稿51 今日の日記0325
 2017/03/25(土) 03:22:41  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

人間、「広い視野で物事を見る」ことは、大切だな・・・とか思ったりする。

大阪の幼稚園の問題。
少しづつ落ち着いてくるのかな?

2015~2016年に、都会で大流行してた言葉が、
「安倍政治を許さない!」
だったり
「幼稚園落ちた、日本死ね!」
だったりします。

流行語大賞の言葉ですから、都会の人たちは、毎日、日常会話において
こういう言葉で盛り上がっていた・・・ということなのでしょう。

地方(田舎)では、流行語どこか、ほとんど聞かない言葉ですね。
地方に住んでいると
  「都会では、どういう言葉が流行しているのか?」
という、とっても大切な観点を忘れてしまいます。

そして「テレビというのは、都会の人がちが作っている」ということも、忘れてしまいます。


日頃から、「安倍政治を許さない!」「幼稚園落ちた、日本死ね!」
という言葉が大流行している都会の人たちの視線でみた場合と、
「そんなの、どうでもいいや!」という「田舎もん」から見た視線では、
根本的に、物事の捉え方が違っている。
・・・・ということかな。

都会の人が作っている「テレビ」というメディアは、
都会の人たちだけでなく、田舎(地方)の人たちも見ているのだから、
そういうことを、もっと、わかりやすく、解説してくれればいいのに
・・・とか思ったりする。

広い視野で物事を捉えるには、たとえ田舎に住んでいても、
  「都会の人たちの視線で、物事を考えて見る」
ということは、とても大切だな・・・・と、あらためて感じました。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月17日
投稿47 今日の日記0317
 2017/03/17(金) 22:54:03  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

かがやき練習会が近づいてきたので、少しづつ準備をやってます。

昨日は、コーヒー(2回分+予備)を買ってきました。
コーヒー豆を、10,010円(税込)
豪快、豪快!

次回の練習会は、弘中先生のパーティとぶつかるので、人が少なくなるかもしれない。
まぁ、少人数でも、のんびり、楽しくやればいい。

前回、弘中先生のパーティとぶつかった時は、かがやきを中止にしたんだけど、
中止を知らずに交遊舎に来た人がいるだろうということで、13時前に交遊舎に待機。
予想通り、中止を知らずに、電車で交遊者に来た人が数人いたので、
弘中先生のパーティ会場まで、クルマで送っていって、終わった頃に向かいに行った。

前回は「他人のイベントに便宜を図って、自分の会を中止にする」という判断を下して、
参加者の送迎とかもやったわけだけど、それだけ、自分の判断に、責任を、持ってやってるってこと。


今回(20日)は、弘中先生に配慮せず、予定通りに、かがやき練習会・・・やります。
弘中先生のパーティの方が「楽しい」と思う人は、こちらに遠慮は無用です。
迷わず、弘中先生のパーティの方に、行ってくださいね。
ダンスは、いろんな場所で、いろんな人と踊って、視野を広げた方が、上達するの早いから。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月14日
投稿44 今日の日記0313
 2017/03/14(火) 01:01:06  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、「2スタンス理論」のAタイプとBタイプで、
「ダンスの音楽の取り方が違う」というのを書こうと思っていたのですが、
眠くなったので、明日!

音楽の取り方については、「ぺぺ&カルメン」の鈴木さんと、鈴木さんのブログのコメント欄で
ちょっとしたやりとりがあったのですが、向こうから打ち切ってきたので、それっきりになった・・・ってのがある。

ダンス音楽をやってる「ぺぺ&カルメン」の鈴木さんのダンスのレベルが、どれくらいかわからないけど、
「ダンスのキーボードを叩いて音楽を演奏してる人」が説明する「ダンスのカラダの動き」が「正しい」か
といえば、必ずしも、そういう結論にはならない。


例えば、ワルツは3拍子。
これをカウントで言えば「ワン~、ツウ~、スリ~」になる。
英語だと「ワ~ン~、ツ~ウゥ、ス~リ~」とか、そんな発音はしない。
基本的に、子音は一拍一拍の「頭」に来る。

日本語だと「いち~、に~、さん~」もあるけど、「い~ち、に~ぃ、さ~ん」もある。
一拍一拍を、前半・後半に分けて、一拍の後半にアクセントを持ってくる場合がある。

じゃぁ、これでダンスを踊るとどうなるか?
わたし山象と、ぺぺ(鈴木)さんとの意見が、対立した部分だな。

山象:「音の立ち上がり、つまり123のワ!・ツ!・スリ!」のタイミングが
  「両足を開いて着地直前」になるように、音楽を取るのがワルツである。
ぺぺさん:「音と音のちょうど中間、つまり、123の(い~)ち・(に~)ぃ・(さ~)ん」
  のタイミングで、「胴体が、足の真上に来る」ように、音楽を取るのがワルツである。

見かけ上は、「どちらも同じリズムの取り方」に見えるのですが、根本的に、踊り方が違う。
なぜ、わたし山象と、ぺぺ(鈴木)さんが、対立したか?
簡単ですね。
わたしは(4スタンス理論でいう)Bタイプ、ぺぺさんはAタイプの動きをしてるはずだ
から、リズムの取り方が、違って当然なんだけどね。

じゃぁ、歌の歌詞、もしくは音楽のメロディ(旋律)を口ずさみながら、踊れるのは
どちらのリズムの取り方なのか?
歌の歌詞が耳に入らないようにして、必死に楽器の音を聞き取りながら、踊ろうとする
のは、どちらのリズムの取り方なのか?
って議論になってくる。


でも、これ議論するだけ、無駄である。
日本のプロ教師の教えるリズムの取り方は、山象の取り方とも、ぺぺさんの取り方とも違う。

日本の社交ダンスは、音楽の「1拍の立ち上がり」を聞いたら、その瞬間、勢いよく、
膝を足首を曲げて、鳩尾(みぞおち)を吊り上げ手、足の裏で床を踏みつけて、
足の真上に胴体を移動させなさい・・・・みたいな感じの指導を行ってます。

音楽の一拍・一拍に合わせて、右足・左足・右足・左足。。交互に踏み換えろ!みたいな感じ。
ワルツに、「行進曲みたいな足の動き」を要求するのが、日本のプロ教師が教えるリズムの取り方。

なぜ、日本のプロ教師が、そんな音楽の取り方を教えるのか?
「4スタンス理論」による、AタイプとBタイプの違いを、わかってしまえば、すごく簡単である。

日本のプロ教師は、AタイプとBタイプの違いなど、絶対に認めないけど・・・

「社交ダンス」全体を叩きつぶして、「社交ダンス」というものを崩壊させたとしても、
Bタイプの存在は認めないだろう。 それが日本のプロ教師。
Bタイプの存在を認めるくらいなら「Bタイプの人間を排除して、社交ダンス全体をぶっ壊す!」
プロ教師なんて、そんな連中ばかりだから・・・・

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月10日
投稿43 今日の日記0310
 2017/03/10(金) 20:09:48  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今年に入ってから、体調を崩す日が多かったのですが、
だいぶ、体調が戻ってきて、元気になってきました。
やれやれ・・・って感じ。

やっぱり「健康が一番」ですね。

かがやき練習会で使うための、新しいCDを買おうと思っているのですが、
体調を崩していたのと、雑用で忙しいのが重なってたので、もう少し後になりそうです。

-*-*-

さて、ここから、今日の話題・・・・

「社交ダンス」を踊るとき、「曲のリズムが、取れない」とかいう話を、聞くことがあります。
「音楽を取るための練習用のCD」とかもあったりする。
う~ん。

個人的には、
  「どんなふうに踊ろうと、楽しければそれでいい」
と思います。
でも、ダンスを教えるプロの先生にしてみたら、
生徒が、自分(教える人間)の曲の取り方と、違う曲の取り方が違っていたら、
「その生徒は、ダメな生徒である! こいつは、ダンス音痴である!」
ってことに、なってしまうのでしょう。

はっきりって、そういうときは、
 「先生の価値観が間違ってる可能性」を疑った方がいい。
・・・というのが、わたしの個人的な意見。

例えば、これはピンクレディの UFO。
この曲を知っている世代の女性ならば、誰でも踊れる???

じゃあ、踊れる人はこの振り付けを覚えるとき、どちらの方法で練習したと思いますか?

(あ)音楽装置のない場所(学校などでは、そもそも音楽装置は無い)で、
    自分で歌を歌いながら(伴奏部分も口ずさみながら)振り付けを覚ていった。
(い)ラジカセで音楽を聴きながら、歌(ボーカル)を聴かずに、
   ひたすら、楽器の音だけを必死に聞き取りながら、振り付けを覚えていった。

どちらだと思いますか?
たぶん、(い)が多いと思います。
歌があって、振り付けがある。 歌を聴かずに楽器だけを聞くなんて、あり得ない。

日本の社交ダンスのプロの先生は、曲の中の歌(ボーカル)を聞かずに、
ボーカルに隠れている楽器の音を、聞き取らせるような指導をしています。

こんなことをやっていて、ダンスの人口が増えると、本気で考えているのでしょうか?

この動画、面白いです。 探偵ナイトスクープですね。
「一世代前の30代の女性」の多くは、今でもピンクレディの曲が踊れる
・・・・というレポート。

ピンクレディの振り付けが出来るのなら、社交ダンスの曲の取り方のほうが
簡単なのですが、ピンクレディの振り付けが出来る世代の女性は、ほとんど
社交ダンスをやっていません。

何故でしょうか?
 プロ教師の、ダンス音楽に対する教え方に、致命的な問題がある
と仮定してみると、いろんな問題点が見えてくると思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月 8日
投稿42 今日の日記0308
 2017/03/08(水) 19:34:21  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

最近、体調がおかしい日が多く・・・って話は、どうでもいいか!

ぺぺ&カルメンの新しいCD、「踊れ、歌謡曲 第4集」は、おもしろそうです。
曲のリスト

3 夢の途中/セーラー服と機関銃 (来生たかお/薬師丸ひろ子)
4 ペッパー警部 (ピンクレディ)
5 待つわ (あみん)
8 哀愁のカサブランカ (郷ひろみ)
20 タッチ (岩崎良美)
21 与作 (北島三郎)

これらの曲が、社交ダンスの曲にアレンジされているらしいのですが、
ここで問題です。
この6曲は、どの種目にアレンジされているでしょうか?

ヒントは、「タンゴ・チャチャチャ・スローフォックス・サンバ・ジャイブ・ルンバ」のどれかです。
全部、当たる人、いるのかな? 全部、あてたら、凄い!

答えは、上のリンクを見てください。

youtube の動画を拾ってみましたので、これらを社交ダンス用にイメージすると、どうなるかをイメージしながら聞いてみましょう。 最後のデーモン閣下の「与作」は、いい雰囲気出してますね。


  ▲セーラー服と機関銃 薬師丸ひろ子(本人)


  ▲ペーパー警部 モーニング娘


  ▲待つわ あみん(本人)


  ▲哀愁のカサブランカ 郷ひろみ(本人)


  ▲タッチ 岩崎良美(本人)


  ▲ 与作 歌:デーモン閣下 ピアノ:尾崎亜美

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年2月22日
投稿33 今日の日記0222
 2017/02/22(水) 23:49:25  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、一日、めちゃくちゃ眠かった。
あたまが、ぼ~ぉぉぉっとして、最悪な一日。
やる気も出ないし、最悪。

neko1.jpg

222で、にゃん・にゃん・にゃん。
ネコの日らしいので、ネコの写真でも貼っておきます。
この写真、明日も使う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年2月18日
投稿29 今日の日記0218
 2017/02/18(土) 21:41:54  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、めちゃくちゃ、眠い!
夜中まで延々とブログを書いているのが悪い・・・という話もある。

目が痛い。
目から来る頭痛・・・かな。
とりあえず、今から一眠りする。

昼間は暖かかったのですが、夜は冷え込んできました。

明日の練習会用のバナナが凍らないように、部屋の中に「疎開」させておきます。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年2月12日
投稿25 今日の日記0212
 2017/02/12(日) 21:17:47  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

・今日は、福井県まで、行ってきました。
 金沢市内は雪はほとんど無いけど、福井県(丸岡より南)は、雪がありました。

 音楽堂でJBDFの行事があったけど、某プロ教師が参加するイベントは、毎度の如くボイコットです。
 こういう日は、他県に行くに限る。

・マンガ「背筋をピン!と」が、期間限定で無料で読めるようです。
Yahooブックストア > 背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ 1巻 掲載期間:2017年2月3日~2017年2月16日

 マンガは、楽しそうで、良いですね。
 何も知らない、初心者の頃が、いちばん楽しいのかもしれない。

・4スタンス理論の著者の本を、まとめて読んでます。

 さすがに、スポーツ整体師だけあって、細かい筋肉の動きの違いまで、よく知ってるわ。
 でも、右手と左手の違いとか、そんなのは、ぜんぜん書いてないな。

 整体師のお世話になるときには、
  「腕の筋肉の使い方には、いくつかの種類があって、ここを押すと、カラダの動きが、こう変わるんだ!」
 という整体師に掛かりたいか?、それとも、
  「人間なら、誰でも、カラダの動きは、みんな同じだ! オレはいつも、ここを押すんだ! えいやぁ!」
 という整体師に掛かりたいか?

 う~ん。どっちの整体師を信用するか・・・・だな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年1月19日
投稿11 今日の日記0118
 2017/01/19(木) 00:41:57  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

寒さも一段落したのか、今日は暖かい一日だった。

パソコンを触ってると、「なんで、動かないんだろう!?」みたいなことが多々あります。

はやく、完成させたいけれど、思うように動いてくれない。
なんで動かないのか、「動かない原因が、わからない」
時間が、どんどん過ぎていく。
なんの進展も無いまま、3時間とか4時間とか、時間がどんどん過ぎていく。

誰に聞いても、教えてくれない。 というか、周囲に「知っている人」がいない。
「カネを出すから、誰か教えて!!」とか思っても、誰も教えてくれない。 
頼れるのは、自分だけ。 パソコン絡みのトラブルは、大抵、そんな感じになる。


世の中には、
 「おカネを払って、先生に習えばいい。先生の言われるままに、やればいい」
 「先生の言ってることは、絶対に正しい!」
 「先生の言うとおりにやっていれば、確実に、前に進んでいく」
という世界もある。 だけど、それとはまったく違った世界もある。

誰にも習わず、自分だけが頼り。試行錯誤して「まともに動けばOK」みたいな世界。
どれだけ時間が掛かろうと、挫折したら、そこで終わり。 誰も助けてくれない。
「カネを出して、他人にアドバイスを貰ったとしても、そのアドバイスは99%、間違っている」
そういう世界もある。

いろいろあるわ。

今日は、「社交ダンスとは、何か?」の続きを、書きたかったのですが、明日にします。



追伸:
 ブログの「行間」を変えてみました。

 以前は、行間(行と行の間隔)がもっと詰まっていたのですが、行間を間隔を広げてみました。
 これくらいの方が、読みやすいかな?

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



このページは、カテゴリー「今日の日記」の、すべての投稿です。
新しい投稿が上、古い投稿が下 になるように並んでいます。



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
もりそば・かけそば
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
よろよろ社交ダンス
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年12月分の投稿
2017年11月分の投稿
2017年10月分の投稿
2017年9月分の投稿
2017年8月分の投稿
2017年7月分の投稿
2017年6月分の投稿
2017年5月分の投稿
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日の日記1212
今日の日記1207
今日の日記1129
今日の日記1127-2
今日の日記1127
今日の日記1121
今日の日記1118
今日の日記1114
今日の日記1111
今日の日記1108

コメントのある投稿
もりそば・かけそば(6)
もりそば・かけそば(6)
8月13日かがやき練習会報告
テストです
社交ダンスとは何か?その4
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索