ダンスの見どころ
トップページ
*****
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
ダンスホールと
パーティ会場
*****
山象流!コラム
ダンスの本
ダンス音楽
*****
リンク
パートナー
募集掲示板
管理人のブログ
管理人へのメール
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
ダンスの見どころ(新URL)管理人ブログ2017 > メインページ(7/18 ページ目)

    PAGE: NEW 123456789101112131415161718

投稿97 今日の日記0619
 2017/06/20(火) 03:08:03  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

かがやき練習会も、なんとか無事に終わって、一安心です。
次回の練習会は、7月16日(日)なので、1ヶ月近くあります。

ともかく、多少の犠牲を承知の上で「リスク回避」を最優先でやっているのですが、
究極の「リスク回避」は、練習会を、やらないこと!

ともかく、1ヶ月近く練習会がないので、その間は、トラブルとかアクシデントは発生しない。
これが、「リスク回避」のための一番の解決方法・・・・だな。


最悪、「かがやき練習会」が潰れることと想定して、
社交ダンスの普及活動を考えて行かなければなならい
・・・・としたら、一体、なにが出来るだろうか??

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月18日
投稿96 6月18日かがやき練習会報告
 2017/06/18(日) 21:29:05  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

6月18日(日)のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました。

参加人数は82人(主催者を含む)でした。

以前は、駐車場が満車になっていましたが、
ここ数回は駐車場に5~6台の空きがある状態が続いています。

13時30分時点で、閑散としている状態。
なんとか、持ちこたえてる状況・・・かな。

ともかく、今日も13時15分にスタート出来てよかったです。

----

「かがやき練習会」参加者の皆様へのお願いです。

13時15分にスタートできるように、余裕を持って準備を行い、
開始時間に遅れないように、最大限の努力を行ってますが、
当日、予期せぬアクシデント等などにより、スタート時間が、
最悪で1時間程度、遅れることが「あるかもしれません」。

万が一、スタート時間が30分以上遅れた場合は、お詫びとして、
参加費用を「無料」と、させていただきます。

参加者には、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、
 「もしかしたら、スタート時間が遅れる場合がある」
ことを、ご了承の上。ご参加いただけるよう、お願いいたします。

------

この条件で、80人以上の参加者が来ていただけることに感謝。

本来なら、いつ、潰れても、おかしくないから。
正直、よく、持ちこたえてると思う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿95 今日はかがやき練習会
 2017/06/18(日) 08:12:36  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日、18日は、かがやき練習会です。
参加される方は、事故に遭わないように、気をつけてきてください。

事故や、怪我、トラブルが発生しないように、気をつけましょう。

追伸;
今日は、いつもより早く出かけることにします。
慎重に、物事を進めることにする。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月17日
投稿94 明日18日は、かがやき練習会
 2017/06/17(土) 17:52:06  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日、6月18日は、かがやき練習会です。
参加される方は、事故に遭わないように、気をつけて来てください。

ここ数回、参加者が低迷しています。
何人集まるか、さっぱり予想できませんが、事故に遭わないように、楽しくダンスを踊りましょう。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月16日
投稿93 よろよろ!入門編
 2017/06/16(金) 23:48:11  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

よろよろ!社交ダンス。 入門編を作成中です。
今日作った、とりあえず、説明図を3枚。

人間の立ち方には2種類ある。

上半身を垂直に保ったまま、カラダを移動させようとするとき、
2種類の動きが、大きく変わる。

大きく足を開き、大きく動けるのは、どちらか?
人によって違う。

a211.png

股関節を後ろに引いて、膝の上に立つ人。
上半身を固定して、「膝と足首の屈伸」を最大化すると、カラダが崩れずに、大きく動くことができる。
棒を背中に挟んだときと、姿勢矯正器を付けた時は、同じ動きになる。

a221.png

こちらは、股関節の上にボディを乗せたとき。
足だけを動かそうとすると、バランスを崩して、カラダが前後にブレる。
「膝と足首の力」を完全に抜いて、腕(手首と肘の付け根)の筋肉を動かすだけで、カラダが大きく動く。

-*-

ude994.png

人間は、2種類のタイプがあるのだから、教える教師は、「習う生徒がどちらのタイプなのかを見極めてから、教えなければならない」・・・本来ならば...ね。

両者は、基本的に、「上腕」の使い方が違う。
上腕を内旋させても、外旋させても、腕を固定して、ホールドを作ることができる。
だけど、踊り方は、違ってくる。

そういうことを意図的に伏せて、「ダンスの指導」など、常識的にはあり得ない。
先生と生徒が同じタイプならば、幸せだけど、そうじゃなければ、悲惨な結果になる。

プロ教師は、絶対に認めないけどね。
そういうクソ教師に限って、ベンツのって、偉そうにしてたりする。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月14日
投稿92 今日の日記0613
 2017/06/14(水) 03:46:11  投稿者:sanzo

お腹が、ゴロゴロ言ってる。
いつでも、トイレに行けるように待機中。

眠いのか、眠くないのか、よくわからん。

日記、終わり

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿91 よろよろ!社交ダンス。
 2017/06/14(水) 02:19:05  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

ようやく、2ヶ月がかりで作っていた
 「よろよろ!社交ダンス。」
の「初級編」が、最後のページまで到達。

よろよろ!社交ダンス。 http://yoroyoro.miracle-dance.com/

少し休んでから、「入門編」に入っていく。

-*-

日本の社交ダンスは、上半身を固めて、膝と足首の力で動く、体育会系の「ド根性」ダンスだな。
「ウサギ跳び」で、足腰を鍛えるのが、すべての基本・・・・みたいな感じ。

「巨人の星」の星飛雄馬・・・・だな。 そんな時代。

今は、「ウサギ跳び」のトレーニングには、賛否両論ある。

そんな「かた苦しい」ことは、全部やめて
膝の力を抜いて、股関節の上に「まっすぐ」立って、
腕をほんの少し動かせば、カラダ全体が動く。
「ウサギ跳び」みたいな筋肉強化は、やめましょう! みたいな感じ。
足腰の筋肉強化なんかしなくても、社交ダンスの歩幅なら、簡単だから。

2種類の考え方があるはずのに、団塊世代のプロ教師は、
ともかく「頑固」でアタマが固いヤツが多いから
自分の考えが絶対正しいと思い込んだら、絶対に譲らない。

長く苦しい、試練の道を、歩むことが、社交ダンスだと思い込む。

それもいいかもしれないけれど、それが正しいとは限らない。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年6月13日
投稿90 6月11日
 2017/06/13(火) 13:09:03  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

6月11日(日)のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました。

参加人数は84人(主催者を含む)でした。
前回よりも多かったけど、まだ駐車場に空きがある状態でした。

もしかしたら、このまま、参加者が落ち込んで、低調期に向かいつつあるのかな??
とりあえず、様子を見ましょう。

-*-*-*-*-

最近の社交ダンスの傾向として、
  年齢が若い人ほど、「踊り方に違い」が大きくなる。
と言う傾向が、どんどん強くなっています。

昔は、どこの教室・どこのサークルで習っても、基礎は同じであって、
踊り方に違いがあるにしても、「個人の個性や教室の違いによる、僅かな違い」程度でした。

ところが、最近は、個人個人・・・というか一人一人が
  「踊り方が、基礎の部分(根っこの部分)から、まるっきり違う」
という感じの、壮絶な違いになって来てます。


従来のダンスパーティは、
  「リードする側の男性が、女性を誘う」
というのが常識みたいになってますが、これは
 「すべての人の踊り方は、同じ基礎の上に成り立っている」
という前提の上に成り立っているルールです。

一人一人、「踊りの基礎が違う」のであれば、
 「フォローする側の女性が、自分の踊りに合った男性を誘う!」
というルールに変更する必要があります。

たぶん、「男性が女性を誘う」というルールのままだと、
社交ダンスは、近いうちに「廃れていく」運命だろうと思います。
少しづつ、ルールを変えていく必要があります・

しかしながら、非常に残念なことですが、
社交ダンスを教えているプロの先生(特に女性の先生)は、
滅多にダンスパーティなどに出てこないから、実態を知らない
・・・・と思われます。 これは、非常に困ったことです。

ダンスパーティにおいて
  「ダンスを知ってる男性なら、誰でも同じ! 誰と踊っても楽しい!」
という女性は、とても少ないのです。

「踊りの基礎の違いによる、相性」みたいなのが、若い人ほど激しくなっています。

上手・下手とは、まったく別の次元で、
「踊りやすい相手」と「踊れない相手」が、明確に出てきてます。

お金を貰って、社交ダンスを教えているプロの先生(特に、女の先生)は、
最低限、その程度の現実は、把握しておいて欲しいものです。

そういうことも、「ダンスを教える」と項目の中に含まれているハズです。
足形を教えるだけで、「ダンスを教えてる」つもりになっている先生がいたとするならば、
それは、違うと思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



    PAGE: NEW 123456789101112131415161718



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
よろよろ社交ダンス
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年8月分の投稿
2017年7月分の投稿
2017年6月分の投稿
2017年5月分の投稿
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
明日20日は、かがやき練習会
よろよろデスマッチ(3)
8月13日かがやき練習会報告
今日は、かがやき練習会
明日13日は、かがやき練習会
今日の日記0811
よろよろデスマッチ(2)
今日の日記0809
今日の日記0808
よろよろデスマッチ(1)

コメントのある投稿
8月13日かがやき練習会報告
テストです
社交ダンスとは何か?その4
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索