ダンスの見どころ
トップページ
*****
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
ダンスホールと
パーティ会場
*****
山象流!コラム
ダンスの本
ダンス音楽
*****
リンク
パートナー
募集掲示板
管理人のブログ
管理人へのメール
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
ダンスの見どころ(新URL)管理人ブログ2017 > メインページ(3/22 ページ目)

    PAGE: NEW 12345678910111213141516171819202122

2017年9月10日
投稿164 今日がかがやき練習会
 2017/09/10(日) 08:31:31  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日、9月10日は、かがやき練習会です。
参加される方は、事故にあわないように、気を付けてきてください。

お帰りの際は、忘れ物の無いように注意しましょう!


P.S.
今から、準備のため、会場に向かいます

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 9日
投稿163 明日はかがやき練習会
 2017/09/09(土) 21:56:02  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日、9月10日は、かがやき練習会です
参加される方は、気をつけてきてください

8月になってから追加したのと
ホームページのアドレス(URL)を変更したのが重なって、
明日、練習会があることを知らない人がいるかもしれません。

もしかしたら、参加人数が限りなく少ないかも。。。。
そういう不安を抱えつつ・・・・
まぁ、なんとかなるでしょう!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿162 今日の日記0908
 2017/09/09(土) 05:10:18  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「みらくるダンス実験室」を引っ越しさせて、「みらくる・らぼ(実験室)」という名前にしたら、
検索サイトに表示されない・・・という状況に陥ってたりする。
あと1~2日、様子をみることにする。

ところで、「ペアダンス」である社交ダンスには、根本的に2つの踊り方がある。
幼稚園児や小学生くらいだと理解できないかもしれないけれど、
中学生くらいになれば、「この2つは違う」ということを理解出来るはず。

〔ア〕社交ダンスとは、男性と女性との「巧みな 技の掛け合い」である。

 通常は「技を掛ける人」よりも「技を掛けられる人」の方が、大きく動くことができる。
 なので、大きく動くときは、相手に技を掛けてから、相手の動きに便乗する。
 もしくは、「相手に技を掛けてもらった時」の筋肉の動きを覚え、それと同じカラダの使い方をする。

〔イ〕社交ダンスとは、「お互いが、自分の足で、同時に動くこと」である。

 男性は男性の足の屈伸でカラダを運び、女性は女性の足の屈伸でカラダを運ぶ(カラダを送り出す)
 次にどんな足形を踊るかは、男性が決める。男性はボディ(お腹)を女性に与る
 女性は。男性の指示(ボディ・リードという)を察知して、男性の動きに追従する。

この違いは明確で

〔ア〕の基本は、「正確・確実な技を掛けられたら、足が動いてしまう」ことであり、
 「自分で足を動かしたい」ときは、「技を掛けられた時と同じ、カラダの動き」をする。
 自発的に、足の屈曲を使って、カラダを動かそうとしてはダメ

〔イ〕の基本は、上半身を固定して、上半身を垂直に保ち、上半身をブレないように
 足の屈曲を最大限に使って「足でカラダを送り出す」練習を徹底的に行いながら
 男女が、ボディをくっつけながら、お互いの足の屈伸のタイミングを合わせていく。

どう考えても、〔ア〕と〔イ〕は、根本的に違うんですね。

「武道の達人」と呼ばれる「技の掛け合い」をやってる人には、「上品さ」なんて無いです。
「完璧な技」による「美学」や、「礼儀正しさ」があっても、それは「上品さ」とは違う。
「上品さ」があるとすれば、ひたすら「音楽に合わせて自分は自分で動く」タイプの社交ダンスだな。

現実問題として、生徒に「見かけだけの上品さ」だけを追求させて、自分が「世界で一番の上品な
人間なのだ」だと思い込んでるプロ教師が、一番、カネになるのかもしれない。
「自分たちは、上品なのだ」と思い込んでいる集団を形成するから、上品になるためにカネを出す。

でも、それとは違う考え方の人もいるはずである。
社交ダンスの極意を知ってるのは、普段から「下ネタ」を連発して、「みかけ上の上品な振る舞い」
に対する「自分への戒め」を持っている先生なのかもしれない。
個人的には「下ネタ」は嫌いだけど、「上品さを売りにする先生」より、信用できるような気がする。

どうだろうか?

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 8日
投稿161 明後日9月10日は、かがやき練習会です。
 2017/09/08(金) 17:44:31  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo


9月10日(日)は、かがやき練習会です。

1ヶ月ほど前に追加したので、どれだけの人に伝わっているかわかりませんが、
とりあえず、100人くらいの人には、伝わっているはず。

10日(日)も、予定通り、13時15分スタートです。

今月は、10日(日)、17日(日)、18日(祝) になります。

よろしく!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 6日
投稿160 今日の日記0905
 2017/09/06(水) 03:41:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

先日の続き。

「社交ダンスを上達する」というのは、「自分との戦い」である。

社交ダンスには、「競技会」と称するものがあるが、
競技会は「似たようなレベルの他人との戦い」である。
最初から、自分より上のレベルの人との戦いを放棄するところから、スタートしている。

じゃぁ、競技会に興味を持たない人間は、「すべての戦いを放棄している」のだろうか?
実際、団塊世代もしくは、それよりも上の世代なら、そういう人はたくさんいる。

だけど、団塊世代より若い世代は、否応なしに「競技をやってる同年代」と一緒に
やっていかなければならないので、競技選手以上に「自分との戦い」が必要になる。
そうでなければ、社交ダンスを続けることができない。

「へたくそでもいいから、上品であれ」とか言ってる偏った思考回路のプロ教師は、
どこにでもいる。
そんなプロ教師が地域全体のすべてを破壊してくれる・・・・これは、致命的である。


じゃぁ、「自分との戦い」とは、どういうことなのか?

「自分の知らない技を持っている相手が、突然現れて、
 自分の知らない技によって、相手に大敗をきっしたとき、
 その瞬間から、長年築いてきた自分の踊りというものが、
 なんの価値もない、魂の抜けた、抜け殻になってしまう。」
ということ。

自分と同じような基礎、あるいは、自分と同じようなレベルの人と
戦っていれば、「負ける」ことはあっても「大敗を喫する」ことはない。

だけど、血のにじむような努力をして「上達」することを目指していても
その基礎となる部分が「自分の知らない技」の上に成り立っているとしたら
負けた瞬間(自分の知らない技が、基礎であることを悟った瞬間が、負けになる)、
いままで積み上げてきたもの、すべてが崩れ去ってしまう。

常に「すべてを失う」恐怖と戦いながら、上達を目指す。
それを考えるのが「自分との戦い」。


他人の踊りを見ないで、自分のことだけを考えることが「自分との戦い」で
あるかのことく、教えてるプロ教師もいるかもしれない。
「他人を見ることを辞めれば、自分の戦いになる」という偏った思考回路。

それはそれで、一理あるかもしれないけど、根本的になにかが違う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 5日
投稿159 今日の日記0904
 2017/09/05(火) 00:25:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

先日、某プロ教師(名前を書くなと言われているので、名前を伏せておく)のブログを読んでいると、

 「へたくそでもいい、音を外してもいい。それよりも、上品に踊りなさい」
みたいなことが書いてあった。

なんとも、(ある意味では)すばらしい教育方針。
個人的には、ぞっとするというか、寒気がするというか。

毎回、毎回、「上品に踊れ!」という指導を受けているうちに、
「自分の踊りは上品な踊りだ!」と思い込みで、周囲が見えなくなってしまう。

高級な衣装を着て「自分の踊りは、上品な踊りだ!」と思い込んでしまうと、
シワシワな服を着て、ボロボロの破れた靴を履いている他人の踊りが「下品」に
見えてしまう。

踊りの本質が見えなくなって、「自分、もしくは自分が所属する集団が上品で
あり他人は下品」という錯覚に陥ってしまう。
そして、「自分は、上品な人間だ!」と思い込んでしまうと、自分より「下品
」な人間との接触を拒むようになってくる。

どれだけ、シワシワの服を着て、破れた靴を履いている人間の方が、はるかに
綺麗な踊りをしたとしても。。。。だ!

明らかに周囲よりもへたくそで、音楽から外れている踊りをしている人が
「自分の踊りは、上品な踊りである」と思い込むようになったとしたら、
なにかが、おかしい。

そんな先生の発言に納得する生徒は、周囲が見えなくなっている・・・・・
わたしは、そう思う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 2日
投稿158 今日から9月
 2017/09/02(土) 01:22:30  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日から9月。

毎月1日の朝は、「かがやき練習会」の会場確保に出かけます。
なので、毎月の初めは、毎月「実感」していたりする。

今日から、ホームページで「midokoro.com」のドメインの使用を停止しました。
今日から、「○○.midokoro.com/」というホームページには、アクセス出来なくなってます。

「midokoro.com」は、近日中に手放します。
究極の財源難による、徹底的な合理化の一環・・・ってところかな。

この「ダンスの見どころ」という名前は、「みどころ」というドメインを持ってたので
なにも考えずに「適当につけた名前」なのですが、今までよく、続いたものです。

まぁ、良い名前が見つからなかったので、そのまま使っていただけなのですが...

社交ダンスの場合、大切なのは「みどころ」よりも「目のつけどころ」だと思います。


「○○.midokoro.com/」で運用していたホームページを全部
「○○.miracle-dance.com/」に引っ越しさせたら、けっこう、すごいことになってしまった。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 1日
投稿157 かがやき練習会12月分会場確保
 2017/09/01(金) 10:52:45  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

かがやき練習会、12月分の会場を確保しました。

12月10日(第2日曜)
12月24日(第4日曜)
になります。

12月の第3日曜日は、JBDFの「ダンスの日」のイベントが
あるらしいので、この日を避けて、会場を確保しました。

追伸:
 9月のかがやき練習会は、
   9月10日(日)←追加分
   9月17日(日)
   9月18日(日)
になります。
9月10日は、7月以前の予定リストには入っていませんでしたが、
8月なってから場所に空きが出たので、確保して追加しています。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



    PAGE: NEW 12345678910111213141516171819202122



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
よろよろ社交ダンス
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年10月分の投稿
2017年9月分の投稿
2017年8月分の投稿
2017年7月分の投稿
2017年6月分の投稿
2017年5月分の投稿
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日は、かがやき練習会
明日10月15日は、かがやき練習会
今日の日記1013
今日の日記1010
今日の日記1007
今日の日記1002
かがやき練習会1月分・会場確保
今日の日記0929
今日の日記0928
9月17,18日かがやき練習会報告

コメントのある投稿
8月13日かがやき練習会報告
テストです
社交ダンスとは何か?その4
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索