ダンスの見どころ
トップページ
*****
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
ダンスホールと
パーティ会場
*****
山象流!コラム
ダンスの本
ダンス音楽
*****
リンク
パートナー
募集掲示板
管理人のブログ
管理人へのメール
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
ダンスの見どころ(新URL)管理人ブログ2017 > メインページ(17/21 ページ目)

    PAGE: NEW 123456789101112131415161718192021

2017年3月10日
投稿43 今日の日記0310
 2017/03/10(金) 20:09:48  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今年に入ってから、体調を崩す日が多かったのですが、
だいぶ、体調が戻ってきて、元気になってきました。
やれやれ・・・って感じ。

やっぱり「健康が一番」ですね。

かがやき練習会で使うための、新しいCDを買おうと思っているのですが、
体調を崩していたのと、雑用で忙しいのが重なってたので、もう少し後になりそうです。

-*-*-

さて、ここから、今日の話題・・・・

「社交ダンス」を踊るとき、「曲のリズムが、取れない」とかいう話を、聞くことがあります。
「音楽を取るための練習用のCD」とかもあったりする。
う~ん。

個人的には、
  「どんなふうに踊ろうと、楽しければそれでいい」
と思います。
でも、ダンスを教えるプロの先生にしてみたら、
生徒が、自分(教える人間)の曲の取り方と、違う曲の取り方が違っていたら、
「その生徒は、ダメな生徒である! こいつは、ダンス音痴である!」
ってことに、なってしまうのでしょう。

はっきりって、そういうときは、
 「先生の価値観が間違ってる可能性」を疑った方がいい。
・・・というのが、わたしの個人的な意見。

例えば、これはピンクレディの UFO。
この曲を知っている世代の女性ならば、誰でも踊れる???

じゃあ、踊れる人はこの振り付けを覚えるとき、どちらの方法で練習したと思いますか?

(あ)音楽装置のない場所(学校などでは、そもそも音楽装置は無い)で、
    自分で歌を歌いながら(伴奏部分も口ずさみながら)振り付けを覚ていった。
(い)ラジカセで音楽を聴きながら、歌(ボーカル)を聴かずに、
   ひたすら、楽器の音だけを必死に聞き取りながら、振り付けを覚えていった。

どちらだと思いますか?
たぶん、(い)が多いと思います。
歌があって、振り付けがある。 歌を聴かずに楽器だけを聞くなんて、あり得ない。

日本の社交ダンスのプロの先生は、曲の中の歌(ボーカル)を聞かずに、
ボーカルに隠れている楽器の音を、聞き取らせるような指導をしています。

こんなことをやっていて、ダンスの人口が増えると、本気で考えているのでしょうか?

この動画、面白いです。 探偵ナイトスクープですね。
「一世代前の30代の女性」の多くは、今でもピンクレディの曲が踊れる
・・・・というレポート。

ピンクレディの振り付けが出来るのなら、社交ダンスの曲の取り方のほうが
簡単なのですが、ピンクレディの振り付けが出来る世代の女性は、ほとんど
社交ダンスをやっていません。

何故でしょうか?
 プロ教師の、ダンス音楽に対する教え方に、致命的な問題がある
と仮定してみると、いろんな問題点が見えてくると思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月 8日
投稿42 今日の日記0308
 2017/03/08(水) 19:34:21  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

最近、体調がおかしい日が多く・・・って話は、どうでもいいか!

ぺぺ&カルメンの新しいCD、「踊れ、歌謡曲 第4集」は、おもしろそうです。
曲のリスト

3 夢の途中/セーラー服と機関銃 (来生たかお/薬師丸ひろ子)
4 ペッパー警部 (ピンクレディ)
5 待つわ (あみん)
8 哀愁のカサブランカ (郷ひろみ)
20 タッチ (岩崎良美)
21 与作 (北島三郎)

これらの曲が、社交ダンスの曲にアレンジされているらしいのですが、
ここで問題です。
この6曲は、どの種目にアレンジされているでしょうか?

ヒントは、「タンゴ・チャチャチャ・スローフォックス・サンバ・ジャイブ・ルンバ」のどれかです。
全部、当たる人、いるのかな? 全部、あてたら、凄い!

答えは、上のリンクを見てください。

youtube の動画を拾ってみましたので、これらを社交ダンス用にイメージすると、どうなるかをイメージしながら聞いてみましょう。 最後のデーモン閣下の「与作」は、いい雰囲気出してますね。


  ▲セーラー服と機関銃 薬師丸ひろ子(本人)


  ▲ペーパー警部 モーニング娘


  ▲待つわ あみん(本人)


  ▲哀愁のカサブランカ 郷ひろみ(本人)


  ▲タッチ 岩崎良美(本人)


  ▲ 与作 歌:デーモン閣下 ピアノ:尾崎亜美

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月 4日
投稿41 お知らせ
 2017/03/04(土) 22:09:47  カテゴリー:お知らせ  投稿者:sanzo

明日、3月5日(日)は、「いしかわ総合スポーツセンター」で、ダンスパーティがあります。
13時30分から。
参加される方は、楽しんできてください。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月 2日
投稿40 社交ダンスとは何か?その16
 2017/03/02(木) 14:43:18  カテゴリー:「社交ダンス」とは何か?  投稿者:sanzo

今回は、「4スタンス理論」の存在が、「日本の社交ダンス」のプロ教師にとっては、
「決して、存在してはいけない理論!」であり、そんなものを唱えていく人間は、
「社交ダンスから、徹底して排除され続けてきた」ということを証明していく。

例えば、丁半ばくちで、「赤い1」のさいころの目が2つ、出ていたとする。
紛れもない丁(2で割り切れる)である。
でも、周囲をピストルに囲まれて、残りの全員に「半だろ!」と言われたら、
「2で割り切れるはずの、サイコロの目が、半である」ということになる。
「1+1=2」を、「半(2で割り切れない半端)」と言えないヤツの頭には、躊躇無く、ピストルの弾が飛んでくる。

長年、風俗営業法によって、管理されてきた「社交ダンスのプロ教師が教える、社交ダンスの理論」には、そういう一面が散在する。
なにがあろうと、風俗営業法の適用除外を受けた「プロ教師」には、「理論的な反論」をすることが許されなかったのだ。

4s072b.png

まず、人間の立ち方。

人間が、膝を伸ばして立った時、「5つの基点」は一直線にならぶ。
2本足で立つことができる「動物」のウチ、土踏まず・膝(ひざ)・股関節(こかんせつ)が「垂直な一直線」に並ぶのは、人間だけ。
人間以外で二本足で立つことの出来る動物は、膝を真っ直ぐに伸ばして立つことができず、膝と股関節は垂直にすることも出来ない
(人間以外は、足の裏と膝が軸になり、股関節は軸から外れる。しかも、多くは膝よりも股関節の方が低い位置になる)

人間の場合も、膝を曲げて立った場合は、「2種類の立ち方」に分かれる。

Aタイプは、動物と同じ、足の裏と膝が、軸の上にあって、股関節は軸から外れている立ち方である。
基本は、「足の裏・膝・みぞおち」で軸を作り、腕は「カラダを垂直に立てる」という目的のために使う。

Bタイプは、立ち方は、多くの動物とは違うが、動きの原理は多くの動物と同じになる。
「足の裏・股関節・クビの付け根」で軸を作る。 膝は軸から外して、体重が掛からないようにする。
この方法では、常にカラダを垂直に保って静止し続けることは出来るが、前後に動くことは出来ない。
そこで、「腕(前足)を前方に着地させる」ときと同じ腕の使い方をすることにより、前足に軸をつくってカラダを動かす。

人間には、両方のタイプがいて、子供の頃からの、「慣れ親しんだ腕の使い方」によって、どちらのタイプかが決まってくる。
にも、関わらず、日本の社交ダンスにおいては、この違いに「一切、触れない」ことが暗黙の了解になっている。

4s072e.png

社交ダンス(スタンダード種目)は、
  「カラダを数直に保ったまま」で、両腕を持ち上げて、両肘を肩の高さで固定する」
という条件がつくので、Aタイプ・Bタイプの違いが明確になってくる。

Aタイプは、
  如何にして、腕を使ってカラダを垂直に保ちながら、
  如何にして、左右の膝に交互に体重を乗せながら、交互に足を動かしていくか?
であり
Bタイプは、
  如何にして、両方の股関節に体重を乗せたまま、
  如何にして、前足の軸(腕を使った軸)を使って、カラダを動かすか?
ということが、「動きの基本」になってきます。

社交ダンスでは、「みぞおちを引き上げろ」とか「下を見るな、2階席を見て踊れ」とった注意(アドバイス)は
存在しますが、AタイプでもBタイプでも、このアドバイスは成立します。

Aタイプは、意識的に「股関節」を後ろに引いて軸から外し、クビの後ろと股関節を引っ張り合います。
こうすることで、ボディを垂直に保つことが出来ます。(油断すると下を向いて姿勢が崩れる)
そこで、「上を向く」ことを意識し、みぞおちを引っ張り上げるこよfr、姿勢を保ちます。

それに対し、Bタイプは、前足を伸ばして、「前方の床に前足を着けるとき」と同じ筋肉の使い方をすることにより
カラダ全体の筋肉に、「前足の上に重心が来たときと同じ筋肉の変化」が起きます。これで「みぞおちが、引き上げられる」
さらに、腰の骨が、「あごの下」に向かって引き上げられるので、足の裏を床に貼り付けていても、「上半身が浮き上がるような軽さ」を得ることができます。
これは、4本足の動物が、前足を掛けることであごを引き上げて、頭を持ち上げる動作。および体重を前足の方に移動するときの動作を
垂直に立っている人間が行った。。。ということになります。

結果的に、AタイプとBタイプは、「まったく基礎が違う」踊りになります。

-*-

日本のプロ教師の社交ダンスは、ほぼ例外なく「Aタイプ」を基礎としていることの一つに
膝の使い方があります。

shino116a.png

膝の上に軸を置いているAタイプでは、簡単に膝を回転させることできます。
篠田先生の説明の通りであり、異論を挟む余地はありません。

でも、膝を軸から外しているBタイプでは、膝を回転させることは出来ません。
膝を回転させようとしても、カラダは回転しませんし、無理に膝を回転させようとすると、膝関節が壊れてしまいます。
当然といえば当然ですね。 非常に危険です。

Bタイプでカラダを回転させるには、「膝」では無く、4本足の前足に相当する「腕」、前腕と手首、てのひらを回転しながら
腕を床に着けるときと同じ、筋肉の使い方をすれば良いことになります。
「左右の股関節を固定しておいて、てのひらに圧力を感じながら、手首を回転させてやれば、カラダが回転していきます」

Bタイプでは、左右の股関節が「軸」になってるのですから、膝の回転はまったく無意味です。

shino092c.png

ワルツのナチュラルターンでは、1歩目右足の膝を内側に使う・・・とか書いてあります。

膝で「軸」を作り、膝の上に体重を乗せて、股関節を「軸」から外す、Aタイプでは、
体重を乗せた「支え足」の膝を内側に乗せながら、スウィングする足(動く足)を大きく動かすことは、とても重要です。

膝と肩の角度は大きく変わりますから、思いっきり、「膝を左右に回転こと」により、カラダの向きをコントロールさせる必要性があるからです。
Aタイプの人が、膝を左右に回転させずに、スウィングを掛けたら、バランスを崩して倒れてしまいます。

それに対し、Bタイプの人が膝を左右に回転させようとすると、すぐに膝が壊れて「病院送り」になってしまいます。
Bタイプのナチュラルターンは、2歩目の左足の着地点(スウィング完了のポイント)に、左手(左の前足)を着けるような感覚で、
左腕を回転させながら、左腕の筋肉を変化させていくことになります。

左手の着地の目標点(スウィング完了のポイント)の真下に、スウィングする左足が動いていきます。
4本足のネコが、左前足の真下に、左後ろ足を引き寄せるのと同じ動作原理(これを垂直に立った姿勢で行う)です。

mura070a.png

村上先生のCBM(コントラリー・ボディ・ムーブメント)の説明は、とてもわかりやすい。

人間のカラダは「膝を右に回したとき、肩が左に回ります」と書いてあります。
これが出来ない人は、人間にあらず。 ダンスを踊る資格がない! ということになります。

社交ダンスの指導者を目指す場において、「CBMの動きの説明」は、プロ資格を取得する時の絶対条件ですから、
「膝を右に回したとき、肩が左に回ります」というのが出来なければ、日本の国内において、社交ダンスの指導者になれないとことになる。

Aタイプのように、膝で軸を作った場合、この動作は簡単にできます。
というより、膝を回転させようとすると、バランスが崩れますので、意図的に股関節を軸から外そうとします。
その動作によって、膝と肩は逆方向に回転します。
慣れてくると、これが、社交ダンスにおける「自然の動作」であり「基本の動作」になってきます。

でも、Bタイプのように、土踏まず~股関節~頸の付け根(ネック)で軸を作った場合、
膝を回転させても、肩は逆方向には動きませんし、そもそも、膝を回転させることが難しくなります。(膝が壊れます)
骨盤と肩の向きを変えるときには、「左右の足の甲」と「左右の手の甲」の力加減を変化させます。
前後4つの「甲」の人差し指側と薬指側の力加減を変化させれば、骨盤の向きと肩の向きを、
それぞれ独立して自由自在に変化させることが可能になりますので、「Aタイプの言うCBM=肩と膝が逆方向に動く」という動きのシミュレートは出来ますが、
根本的に、「AタイプのCBM」「膝を回転させることにより、カラダをねじり倒す」動きとは、全く違う原理になります。

日本のプロ教師は「風俗営業法」という法率を使って、「Bタイプの人が、ダンス指導者になろうとすること」を否定してきました。
風俗営業法は、少女売春を取り締まったりする法律です。

「膝は自由に左右に回転するモノでアリ、膝を右に回転させたら、肩は左に回転しなければならない」
という、むちゃくちゃな理論を振りかざし、それが出来ないタイプの人間に対しては、「人格破壊」を行う。

Bタイプの人間が、Bタイプの踊りを教えようとすると、風俗営業法に違反して、少女売春より酷い罪に問われる歴史が続いてました。
Bタイプの踊り方をすること・それを伝えようとすることは、少女売春よりも悪いことなのでしょうか?
あまりに、馬鹿げています。

冗談のような話ですが、「風俗営業法」という法律を使って、Bタイプの人間を排除し続けていたのが、日本の社交ダンスだというわけです。
Bタイプの踊りの中に「本当のCBM」があるとしたら、日本の社交ダンスの「プロ教師」制度は崩壊します。
ただし、日本のプロ教師は、Bタイプの人間を排除し続けることによって、それを認めないでしょう。

Bタイプの意見を徹底的に排除し、無視し、追い出してしまえば、Aタイプの踊りが「日本の標準」として、100年先も行き続ける。
「他人の意見を徹底的に無視する人間が、偉い人間で、無視される人間は人間のクズである!」
日本のプロ教師は、こんなこと、いつまで続けるのでしょうか?

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年3月 1日
投稿39 かがやき練習会6月分会場確保
 2017/03/01(水) 09:51:12  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

かがやき練習会 6月分の会場を確保しました。
6月11日(日)
6月18日(日)
以上、2回です。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年2月27日
投稿38 2月26日かがやき練習会報告
 2017/02/27(月) 21:32:35  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

2月26日(日)のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました。
参加人数は123人(主催者を含む)でした。

朝、青空が見えたかと思うと、強い雨が降ってきたり、また晴れ間が見えたりと、
天候の激しい一日でした。 事故や怪我も無く、終了できて、なによりです。

帰りに「持ってきた傘が無くなった!」という報告を、一件、受けてます。
終了時に会場内を見回って調べましたが、残念ながら、該当する傘は見当たりませんでした。
「かがやき練習会」として、見舞金という名目で、紛失物を弁償する(上限1万円まで)か
「まぁいいや!」ってことで、持ち主の人に諦めて貰うか・・・どちらになると思います。

参加者のモノを盗んでも、「かがやき練習会」が弁償するから、良いだろう・・・・
クルマをぶつけても、「かがやき練習会」が見舞い金だすから、良いだろう!
そういう考え方を持っている人がいるとしたら、「かがやき練習会」には、来ないで欲しい!!


今回は、会場内の温度管理を、かなり丁寧に行いました。
冷えたカラダで入ってくる人に合わせて、13時の時点で、21.5度まで暖房。
そこから、しばらく空調をとめてから、冷房をかけて、除湿しながら20.5度まで落とし、
そのあとは、温度計を見ながら、空調をこまめにON/OFFさせてます。

踊りっぱなしで「座って休めない人」から、「頼むから冷房を入れてくれ!」といわれ
同時に、「座っていて踊らない人から、寒いから、暖房を入れてくれ!」と言われます。

その間、主催者は、(傘を差さずに)雨が降っている駐車場に出て行って、クルマの誘導を
したり、会場内を巡回して、不祥事が起きないように、見回りをしたり、いろいろやってます。

「主催者の仕事だろ!」とか言われるかもしれないけど、汗をかいて踊ったあとで、冬の雨に
当たると、さすがに寒いですし、カラダを雨に濡らしたあとに、戻ってくると適正温度の感覚
が「完全に麻痺」するので、温度計を見ながら空調の管理をやってます。

冬の期間の温度管理には、特に気を遣います。

温度の変化が大きくなったり、湿度が高くなって、ぼ~っとしてくると、
踊ってる最中、もしくは、椅子から立ち上がる時に、ぶっ倒れてしまう人が出てくるからです。
「くも膜下」とか、「脳卒中」とか、そういう発作に対する心配です。

練習会だけでなく、ダンスパーティの主催をやってる人なら、「ぶっ倒れて、救急車を呼ぶ」経験が
あるかと思います。
冬場の練習会においては、常時「脳の血管の異常でぶっ倒れる人がいないか」という配慮のもと、
可能な限り、必要以上に温度が上がらないように、低めの温度管理を行うと同時に、万が一、体調不良で
倒れた人が出たときには、「いつでも救急車を呼べる体制」を取ってます。


傘が無くなった程度なら、みんなから集めた参加費用の中から「弁償すれば済む話」ですよね。
カネで解決できるものは、カネで解決すればいい。
冬の練習会は、屋内と屋外の温度変化が激しいので、参加者の体調管理には、ともかく気を遣います。
なにより、それが最優先です。


金沢という地域全体で、どういう問題が発生しているのかを、敏速かつ正確に把握する。
そして、数々の問題に対し、どのように対処して、地域全体をまとめて、発展させていけばいいのか?
そういう活動は、誰が先頭に立って、行っていけばよいのでしょうか?

本来ならば、「プロ教師」と呼ばれる人たちも、さまざまな問題に立ち向かいつつ、地域に対する貢献を
すべきなのでしょうけど、一部のプロ教師の「地域に対する関心の低さ」は、度を超えてます。
いくら、抗議しても無視されますし、「すべての意見は、嫌がらせと見なす!」みたいな扱いを受けます
ので、こちらも相手をしないようにしてますが、こんなことをやってたら、地域全体が老廃してしまいます。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年2月26日
投稿37 きょうは、かがやき練習会
 2017/02/26(日) 08:43:03  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日は、かがやき練習会です。参加される方は、気をつけてきてください。

事故や怪我の無いように、楽しい一日を過ごしましょう。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年2月25日
投稿36 明日、26日はかがやき練習会
 2017/02/25(土) 08:24:05  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日、2月26日は、かがやき練習会です。
参加される方は、気をつけてきて下さい。

怪我をしないように、また、体調を崩さないように、気をつけて踊りましょう。

冬場に汗をかいてカラダを冷やすと、危険です。
また、急激な温度変化により、血管が萎縮したり、血管が膨張したりする
可能性もあります。 体調管理には、十分、気をつけてください。

更衣室は、暖かく(暑いくらいに)しておきます。
外から入ってきたときは、更衣室でカラダを暖めてから、フロアーに入る。
もしくは、誰かと軽く踊って、カラダを暖めてから、椅子に座るようにするのも良いと思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



    PAGE: NEW 123456789101112131415161718192021



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
よろよろ社交ダンス
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年9月分の投稿
2017年8月分の投稿
2017年7月分の投稿
2017年6月分の投稿
2017年5月分の投稿
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
9月17,18日かがやき練習会報告
今日18日もかがやき練習会
今日はかがやき練習会です
明日17日は、かがやき練習会です
今日に日記0915
今日の日記0913
9月10日 かがやき練習会報告
今日がかがやき練習会
明日はかがやき練習会
今日の日記0908

コメントのある投稿
8月13日かがやき練習会報告
テストです
社交ダンスとは何か?その4
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索