みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
リンク
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ
管理人のブログ
管理人へのメール
はこちらから
*****
みらくるダンス.com
(総合案内ページ)
みらくる・らぼ
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ2017 > メインページ(11/30 ページ目)

    PAGE: NEW 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017年9月 5日
投稿159 今日の日記0904
 2017/09/05(火) 00:25:33  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

先日、某プロ教師(名前を書くなと言われているので、名前を伏せておく)のブログを読んでいると、

 「へたくそでもいい、音を外してもいい。それよりも、上品に踊りなさい」
みたいなことが書いてあった。

なんとも、(ある意味では)すばらしい教育方針。
個人的には、ぞっとするというか、寒気がするというか。

毎回、毎回、「上品に踊れ!」という指導を受けているうちに、
「自分の踊りは上品な踊りだ!」と思い込みで、周囲が見えなくなってしまう。

高級な衣装を着て「自分の踊りは、上品な踊りだ!」と思い込んでしまうと、
シワシワな服を着て、ボロボロの破れた靴を履いている他人の踊りが「下品」に
見えてしまう。

踊りの本質が見えなくなって、「自分、もしくは自分が所属する集団が上品で
あり他人は下品」という錯覚に陥ってしまう。
そして、「自分は、上品な人間だ!」と思い込んでしまうと、自分より「下品
」な人間との接触を拒むようになってくる。

どれだけ、シワシワの服を着て、破れた靴を履いている人間の方が、はるかに
綺麗な踊りをしたとしても。。。。だ!

明らかに周囲よりもへたくそで、音楽から外れている踊りをしている人が
「自分の踊りは、上品な踊りである」と思い込むようになったとしたら、
なにかが、おかしい。

そんな先生の発言に納得する生徒は、周囲が見えなくなっている・・・・・
わたしは、そう思う。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 2日
投稿158 今日から9月
 2017/09/02(土) 01:22:30  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日から9月。

毎月1日の朝は、「かがやき練習会」の会場確保に出かけます。
なので、毎月の初めは、毎月「実感」していたりする。

今日から、ホームページで「midokoro.com」のドメインの使用を停止しました。
今日から、「○○.midokoro.com/」というホームページには、アクセス出来なくなってます。

「midokoro.com」は、近日中に手放します。
究極の財源難による、徹底的な合理化の一環・・・ってところかな。

この「ダンスの見どころ」という名前は、「みどころ」というドメインを持ってたので
なにも考えずに「適当につけた名前」なのですが、今までよく、続いたものです。

まぁ、良い名前が見つからなかったので、そのまま使っていただけなのですが...

社交ダンスの場合、大切なのは「みどころ」よりも「目のつけどころ」だと思います。


「○○.midokoro.com/」で運用していたホームページを全部
「○○.miracle-dance.com/」に引っ越しさせたら、けっこう、すごいことになってしまった。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年9月 1日
投稿157 かがやき練習会12月分会場確保
 2017/09/01(金) 10:52:45  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

かがやき練習会、12月分の会場を確保しました。

12月10日(第2日曜)
12月24日(第4日曜)
になります。

12月の第3日曜日は、JBDFの「ダンスの日」のイベントが
あるらしいので、この日を避けて、会場を確保しました。

追伸:
 9月のかがやき練習会は、
   9月10日(日)←追加分
   9月17日(日)
   9月18日(日)
になります。
9月10日は、7月以前の予定リストには入っていませんでしたが、
8月なってから場所に空きが出たので、確保して追加しています。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月31日
投稿156 今日の日記0830
 2017/08/31(木) 03:50:06  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

ようやく、夜は、涼しくなってきました。
深夜に窓を開けて、パソコンを触っていると、気持ちがよいです。

今年に入ってから、
 「自分の出来ることは、可能な限り実行する」
ということを実行しているのですが、
思い通りに、物事が進まないことが多いですね。


他人はどうであれ、自分に出来ることをやるのみ!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月29日
投稿155 今日の日記0728
 2017/08/29(火) 04:22:14  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日、紹介した
「ちょこっと○○が踊れたら」全8回
「もっと○○が踊れたら」全10回
のシリーズの動画を紹介しているのが、
名古屋のナイトウダンススクールの内藤先生です。

このシリーズだけで、100本以上の膨大な数の動画を投稿されています。

探し出すのも大変なので、
「ぼくの読書感想文~社交ダンス動画編」に、載せておきました。

わたし(山象)と違うタイプなので、自分には「いくら練習しても、真似が出来ない」カラダの動きがたくさん出てきます。
わたしには、絶対に無理です。真似しようとしても、真似できない。
自分と違うタイプだからこそ、見ていてとても参考になります。

内藤先生の踊り方によく似たタイプの人、たくさんいます。
内藤先生と同じタイプのカラダの使い方をする人は、模範演技というか、
「将来の目標」して、順番に動画を見ていくと、とても参考になると思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月28日
投稿154 今回はヒールターン!
 2017/08/28(月) 22:14:44  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

今回は、ヒールターンの説明です。

「よろよろ!社交ダンス。」では、「社交ダンスのカラダの動きは、大きく分けて2つある」というテーマで、話を進行させています。

「よろよろ!社交ダンス」で取り扱っているのは、入門と初級だけなので、
ヒールターンなどという超!高度なテクニックは出てきません。

実際に、こんな人はたくさんいます。特に女性の方が多いですね。

「いくら練習しても、ヒールターンが上手に出来ません。
いろんな人に、やりかたを教えてもらうけど、みんな違うことを
言うので、何が正しいのか、さっぱりわかりません。」

みたいな感じかな。

悩んだときは、この言葉を大きな声で叫びましょう!
 「社交ダンスのカラダの動きは、大きく分けて2つある!」
10回くらい、大きな声で叫んだら、迷いが吹っ飛びます。

migi102.png

この2つの立ち方をする2人が、同時にヒールターンしたとしても、
同じ回転になるはずがない。
誰がどう考えても、まるっきり、違った回転方法になります。

習う側がどちらの立ち方で、教える側がどちらの立ち方か?
習う側と教える側の立ち方が一致していることを、確認しておく必要があります。

今回は、ワルツの「オープン・インピタスターン」の動画です。

ダンス入門(最終回=第8回/全8回)ちょこっとワルツが踊れたら

最初は何故かタンゴをやってますが、ワルツの動画です。
4分くらいから、「オープン・インピタスターン」の説明。
5分58秒くらいから、ヒールターンの説明と実演が始まります。

左足を後退するときに、ボディを45度くらい回転させてます。
両足の踵が揃ったときは、両足が90度くらいV字型に開いてます。
「日本の社交ダンス」の模範的なヒールターンですね。
両足を揃えてターンすると、両足の爪先が高く浮き上がります。

でも、まったく違った「ヒールターン」をする人もいます。
なにが違うのか? 答えは、簡単です。
階段を上るときの、膝と足首の動きの違いをみれば、わかります。

kaidan024.png

階段を上るとき、足首と膝を深く曲げて、膝と足首に体重を掛けます。
そのあと、膝と足首を伸ばしながら、カラダを持ち上げていきます。

左足後退から、右足を引いてくるときに、左足の足首が深く曲がります。
足首を深く曲げる動作で、膝も曲がろうとします。
両足を揃えてヒールターンに入るときには、膝が曲がろうとしますが、
両膝を曲げるとターンできませんので、両足がV字型に開くことになり
ます。

膝が曲がろうとする姿勢で、無理矢理、両足を揃えると、股関節が後ろ
に逃げて、バランスを取るためにヒップが吊り上げられるので、
無理矢理、両足を揃えると、爪先が浮き上がった、ヒールターンになり
ます。

ヒールターンの回転が終わったら、足首を伸ばします。
足首を伸ばせば、膝も伸びますから、簡単にライズできます。

kaidan044.png

階段を上るとき、踵を踏み込むタイプの人は、
踵の踏み込みで、「足首が曲がると、膝が伸びる」動きになります。
左足の後退から、右足を引いてくると、膝が伸びますので、
自然に両足が揃って、両足の膝が伸びた姿勢になります。

回転を掛けずに、まっすぐ後退すれば、右足の動きが止まった時点で
「慣性の法則」によって、両足を揃えたまま、ボディ全体が回転します。

ただ、踵が床についている状態で、膝が伸びているので、
足首の屈曲動作で、ライズすることはできません。
腕と足との連動で、ライズを行います。
「てのひらで床を押すと、踵を踏みつけていても、踵が浮き上がります」

hil_rise_a.jpg

マラカス・ふる㌧ ・・・じゃなかった、マーカス・ヒルトンのレクチャーを見ると、腕を下ろす動きに連動させて、踵を浮かせてます。
腕の使い方次第で、腕と踵(かかと)の連動が出来るのですが、
先生が「連動できない位置」に腕を固定していたら、生徒は腕と踵を連動させることが出来ません。

踵を踏み込みながら、階段を上るタイプの人が、日本国内で社交ダンスを
始めても、社交ダンスを続けることは極めて困難です。
先生に叱られながら、先生と同じ「V字型」のヒールターンを取得するか、社交ダンスを辞めるかの2者択一になります。

綺麗に両足を揃えたまま、ヒールターンが出来る素質があったとしても、
「立ち方」が違えば、ケチョンケチョンに劣等生扱いされてしまうのです。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿153 リード&フォローについて
 2017/08/28(月) 05:51:11  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

よろよろ社交ダンスの「初級・トライアル編」の KARTE06 は
女性のホールドについて説明しています。
なぜ、女性は、不自然な立ち方をしているのか??
「一見、不自然に見える立ち方が、一番、合理的である」という結論に達したとき
はじめて、社交ダンスの「リード&フォローとは何か?」が、見えてきます。

女性の立ち方には2種類あり(明らかに、異なる2種類が存在します)、どちかに
よって、リードの方法も違いますし、リードのタイミングも違います。

詳しくは、
 よろよろ社交ダンスの「初級・トライアル編」の KARTE06
をご覧下さい。

さて、

手首をつかんできた相手を一瞬で固めて崩す技術|護身術教室YSPC|東京・合気・崩し

この動画では、登場人物は、「技を掛ける人」と「技を掛けられる人」の2名です。
簡単に、技が掛けられてますね。
「技を掛けられて、動いてしまう人」がコンタクトしているのは、両腕の「てのひら」と「5本の指」です。
この姿勢で、完璧に、技が掛かってしまうのです。 不思議ですよね。

ここで、「ほんの少し膝を曲げて」、足の裏に体重を掛ける。
言い換えれば、体重を掛けて、足裏で床を圧する。足首は「曲がる」。
英語でいえば、「フット・プレッシャー」とかいうのでしょうか?

この「膝と足首の屈曲で、床を圧する」動作が、腕の筋肉に変化を与え、
それが、相手に伝わり、相手が否応なしに動いてしまう(技を掛けられる)
のではないか? という「仮設」を立てると、わかりやすいですね。

migi212.png
c817.png
こっちの方法は、膝を曲げるとき、股関節を後ろに引いて、ヒップを吊り上げます。
膝を曲げるとき、カラダの垂直を保つために、上腕を外側に回転させます。
膝を曲げると、股関節は後ろに下がりますから、みぞおちが前方に出てきます。

migi222.png
c837.png
こっちは、カラダを垂直に保ったまま、ふくらはぎを前方に押し倒して、
「腕(うで)で膝(ひざ)を押し戻す」ために、肘の近くの筋肉を使います。
膝を曲げると、「腕で足の裏を押し戻す力」が、何倍にもなって、相手に伝わります。

さて、ここで問題です。
膝を曲げた状態で、(上の動画のように)相手に技を掛けたとき、
技が掛かりやすいのは、どちらでしょうか?
技が、まったく掛からずに、逆に倒されてしまうのは、どちらでしょうか?

社交ダンスのリード&フォローにおいては、
 「腕を使ってリードをしてはいけません」
 「体重を移動させることによって、相手をリードします」
 「しっかりと、足の裏に体重を乗せて、床を踏み込むことで、リードが伝わります」
というふうに教えてる先生が、多いはずです。

「膝と足首を曲げて、膝を踏み込む」とは、どういう意味でしょうか?
後退動作の違いを見ると、一目瞭然です。

migi313.png

こちらの「後退からのリード」は、足の真上に体重を乗せるタイミングで、
「ボディの回転によるリード」になります。

migi323.png

こちらの「後退からのリード」は、「腕で膝を押し戻す動き」が、
自然と相手に伝わりますので、二人が同時に「ふくらはぎを、前に押し倒し倒す」
動きをすれば、二人が同時に「腕で膝を押し戻す動き」が発生します。
リードのタイミングは、両足を大きく開いた「中間バランス」が最大になります。


やってることは、「まったく正反対」ですね。
日本の社交ダンスは、股関節を後ろに引いて、ヒップを吊り上げる方式ですね。
ヒップを吊り上げて、技が掛かるのでしょうか?

日本の社交ダンスの先生の教えることが、「完璧に正しい」と思うのであれば
100万円でも1000万円でも、どんどんカネをつぎ込めばいい。
ただし、「先生」の教えることに、疑問を持つことも大切です。

2つの踊り方は、「腕の使い方」が、逆になってますので、
ダンスパーティで30秒も踊れば、どちらのタイプなのか、わかります。
個人レッスンを受けてる生徒なら、腕の使い方は「先生と生徒で同じ」ですから
いろんな相手と踊っていると、その相手の先生が、どちらのタイプの立ち方を
教えているか、だいたいわかったりします。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


2017年8月27日
投稿152 今日の日記0826
 2017/08/27(日) 01:50:25  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「ダンスの見どころ」のアドレス(URL)を変更してから、約3週間。
「古いアドレスからの自動転送」をやめて、「60秒後に転送」に変えました。

検索サイトでは、新しいアドレスに置き換わってますが、
ホームページにたどり着けない人・・・いるのかな?

9月以降は「○○○.midokoro.com」のアドレスが使えなくなる、
というか、「midokoro.com」のドメインを手放します。
古いアドレスからの転送もできなくなりますので、ご注意下さい。

ホームページの運用するのにも、維持費が掛かるので、合理化の一端かな。
手持ちのドメインを減らして、可能な限り、経費削減・・・・と。

-*-

社交ダンス関連のホームページ、あまり面白いところ、ないですね。
「ダンスの見どころ」も15年以上やってるけど、
10年前も今も、やってることは、ぜんぜん変わってないし。

「根気よくブログを続けてる人」さえも、少ないですよね。
これじゃ、社交ダンスが、伸びるわけがない。

どういう状況であれ、自分に出来ることは、やる・・・・と。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



    PAGE: NEW 123456789101112131415161718192021222324252627282930



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
もりそば・かけそば
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
よろよろ社交ダンス
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年12月分の投稿
2017年11月分の投稿
2017年10月分の投稿
2017年9月分の投稿
2017年8月分の投稿
2017年7月分の投稿
2017年6月分の投稿
2017年5月分の投稿
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日の日記1212
もりそば・かけそば(18の補足)
もりそば・かけそば(18)訂正版
修正:もりそば・かけそば(18)
12月10日かがやき練習会報告
明日10日は、かがやき練習会
今日の日記1207
おしらせ
もりそば・かけそば(最終回)
かがやき練習会3月分会場確保

コメントのある投稿
もりそば・かけそば(6)
もりそば・かけそば(6)
8月13日かがやき練習会報告
テストです
社交ダンスとは何か?その4
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索