みらくるダンス
 .com
*****
ダンスの見どころ
トップページ
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
リンク
*****
みらくるダンス
・ダンスの見どころ
管理人のブログ
管理人へのメール
はこちらから
*****
みらくるダンス.com
(総合案内ページ)
みらくる・らぼ
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
みらくるダンス・ダンスの見どころ管理人ブログ2017もりそば・かけそば投稿224

〔ブログ記事〕管理人が投稿した記事と、読者から寄せられたコメントです。
投稿224 もりそば・かけそば(16)
 2017/11/27(月) 12:42:46  カテゴリー:もりそば・かけそば  投稿者:sanzo

今回は、ワルツのナチュラルスピンターンの4歩目。
男性は左足後退からのナチュラル・ピボット。
女性は右足前進からのピボッティング・アクション。

ナチュラル系(時計回りの回転)は、腕の回転の後で、腰が回転する。
なので、腕を右に回転させたときに、
  「背中が腕の回転を妨げる」か、「腕と背中が同時に回転する」か
の違いは、極めて重要である。
think332.png
think342.png

練習を繰り返せば繰り返すほど、この傾向が強くなり、踊り方が明確になってくる。

女性は、男性の腕の動きに連動するので、どちらの男性にも対応できてしまうこともあるし、
知らず知らずの間に、どちらかの傾向が出てくることもある。

probest044.png

金沢正太氏の踊り方が、どちらのタイプに属するか?
レクチャーの内容を丁寧に見ていけば、わりと容易に判断できる。

男性が、上半身を後退させていくときに、左腕は、かなり強引に、後方に引き込んでいる。
これは、背中に「鉄骨の十字架」を作ったときの現象。
背中を右に回転させるときには、一旦、左腕を逆方向、つまり左に回転させる。
背骨が縦軸、両肘が横軸になっているので、腰を右に回転させるときには、左腕を後方に引き込むことになる。

男性は、上半身を、極限、つまり「左腕の真上」まで引き込んだとき、
女性は、上半身を、極限、つまり「右上の爪先の真上」まで、前進したタイミングで、
男性の左腕の力を抜く。 そうすると上半身が勢いよく右に回転する。

think312.png

この動きを立証するには、図のように、「右の脇腹」を前方に引っ張り出しながら、
左足を後退させていけば、金沢正太氏のレクチャーと同じ動きが、容易に再現できる。

男性も女性も、「右の脇腹」を引っ張り出すことにより、スピンターンが出来る。
このとき、男性も女性も、右の脇腹を引っ張り出して、右ボディを密着させて、ボディとボディを密着させれば良い。

練習すれば練習するほど、回転の際の二人のボディは密着し、回転スピードも上がってくる。
理論的にも、完璧である。 

理論的に完璧であるが故に、「もうひとつの選択肢」が存在することに、まったく気づかない。

think322.png

男性・左足後退。女性・右足を前進させる。
そして、上半身を、男性後方、女性前方へと移動させる。

上半身が、両足の中間地点(中間バランス)を超えた時点で、
男女ともに、「左手の肘の付け根」に支点を作り(絶対条件)、
てのひらの向きを、瞬発的に変えていく。

てのひらと背中の向きは連動するので、
てのひらを「瞬発的」に右に向けるだけで、背中も右を向く。
これだけで、鋭いピボット動作が可能になる。

金沢正太氏のレクチャーとは違い、
中間バランスから「てのひら」を使って回転動作を行う。
男性は、左足の上に体重を乗せてはいけない。中間バランス。

「男性の右腕上腕」の上に、女性の左手の「てのひら」が乗っている。
「男性の右手のてのひら」は、女性の背中にコンタクトしている。

男性の巧みな右腕の操作で、女性の左手のてのひらの向きを変えることが出来るなら、
女性の背中の向きを、自由自在に変えることが可能になる。

男女の回転動作は、ほとんど同じ同じタイミングで行われるので、
男性の回転開始に伴って、男性の右腕の向きが変化し、女性のてのひらの向きも変わり、
女性の背中の向きが大きく変わる・・・・ということに気づかない。

男女の「右の横腹(よこばら)」は、カラダの中に押し込まれる方向に動くので、
ボディコンタクトは、「僅かに触れあう」程度になる。
この場合「男女の右ボディが密着する」などということは、天地がひっくり返ろうともあり得ない。

---

社交ダンスの踊り方は自由である。
2つの動きがあるならば、「2つの動き」の存在を理解して、相手を尊重して踊れば良い。

日本のプロ教師、および、教師免許の資格を交付する団体が、片方のカラダの使い方だけを認め、
もう一つの体の使い方を断固としてを認めないということは、「極めて危険」である。
こんなことを続けていたら、けが人による犠牲者が、少なからず出ると言うこと。

今までは、風俗営業法という形で、何十年もに渡って、徹底的に「踊り方に対する圧力」を
掛けてきたから、問題が表面化してこなかった似すぎない。

違うタイプの男女が、大きな動きをした場合、どちらは、腰を痛めるか膝を痛めるか、
足の裏の腱を損傷させるか、いずれにしても、極めて危険なリスクを伴う。

だけど、プロ教師は、絶対に、その事実を認めようとしない。
たとえ、社交ダンスの将来が、めちゃくちゃになったとしても、絶対にそれを認めない。
自分の踊り方が「絶対正しい」と考えるからこそ、他人の踊り方を「粉砕」しようとする。

そんな奴らが、声高らかに「社交ダンスの将来」を語る。
そんな奴らに任せていたら、どうなるか? 結果は見えている。

「2つの動き」があるならば、「2つの動き」を認め、双方の優劣を競い合えばいい。
それが、近代スポーツである。


投稿224もりそば・かけそば(16) への コメント (0件)

コメントを投稿する
   投稿されたコメントは、すぐには公開されません。管理人の承認手続きを経て公開されます。
数日たってもコメントが公開されないときは、管理人までメールください。
(スパム扱いになって、削除されることがあるようです)
【必須】名 前(ニックネーム)
【必須】メールアドレス
【必須】コメント(※一カ所でも「gmail」という文字を入れると「スパム」扱いになります)
 





システムの不具合など、なんらかの理由でコメントが投稿できないケースもあり得ます。
(不具合が発生すると、せっかく書いた投稿が,一瞬にして消えてしまうかもしません)
長い文章を書くときは,事前に文章を作っておいてから、文章を枠の中に貼り付けてください。
・全角文字を10文字以上入れてください。(英数字だけのコメントは登録できません)
・ハイパーリンク(http://...を含む文字列)がある場合は、登録できません。
・一度投稿した投稿は、削除,修正できませんのでご注意ください。
投稿ボタンを押してから、20秒間お待ち下さい

224もりそば・かけそば(16) への トラックバック
  現在、この投稿へのトラックバックは、受け付けていません。


リンク  ブログのトップページへ
 カテゴリー〔もりそば・かけそば〕の投稿一覧へ
 前〔投稿223 2017/11/27〕: つれづれに・・・ハイヒールの話
 次〔投稿225 2017/11/27〕: 今日の日記1127

〔ブログ記事〕管理人が投稿した記事と、読者から寄せられたコメントです。


  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
もりそば・かけそば
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
よろよろ社交ダンス
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年11月分の投稿
2017年10月分の投稿
2017年9月分の投稿
2017年8月分の投稿
2017年7月分の投稿
2017年6月分の投稿
2017年5月分の投稿
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日の日記1127
もりそば・かけそば(16)
つれづれに・・・ハイヒールの話
11月26日かがやき練習会報告
今日はかがやき練習会
明日26日はかがやき練習会
もりそば・かけそば(15)
もりそば・かけそば(14)
もりそば・かけそば(番外編2補足)
今日の日記1121

コメントのある投稿
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索