ダンスの見どころ
トップページ
*****
金沢の
パーティ情報
北陸3県
競技会の日程
ダンスホールと
パーティ会場
*****
山象流!コラム
ダンスの本
ダンス音楽
*****
リンク
パートナー
募集掲示板
管理人のブログ
管理人へのメール
*****
▼スポンサードリンク▼
▲スポンサードリンク▲
ページの先頭へ
ダンスの見どころ(新URL)管理人ブログ2017月別保存 2017年8月の投稿

このページは、2017年8月 の投稿を集めた アーカイブ(保存記録)です。
過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。(1日の投稿が上、31日の投稿が下)

●2017年8月 2日
投稿133 今日の日記0802
 2017/08/02(水) 23:28:49  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「よろよろ!社交ダンス。」のアクセス数も落ちてきて、アクセス向上のための宣伝もここまでかな
・・・と感じる今日この頃。

社交ダンスが「風俗営業法」の管理下から外れて、1年が経過しています。
いままで、制約があって、できなかった活動が、できるようになったので、
「自分にできること」は、可能な限り、積極的にやっていこうと思ってます。

お盆休みまでに、やることは・・・・というと

「ダンスの見どころ」のドメインを変更します。

現行: http://dance.midokoro.com
 ↓
変更後: http://midokoro.miracle-dance.com

風俗営業法の管理下での「厳しい制約」の中で、
8年前から、
 「みらくるダンス実験室(ラボラトリ/laboratry)」
 「みらくるダンス・プロジェクトチーム(project team)」
という名称で、活動を続けていたのですが、
これからは、積極的に「みらくるダンス」という名称を前面に押し出して
活動をしていきたいと思います。

その一環として、「ダンスの見どころ」のホームページを
今まで活動してきた「みらくるダンス」の傘下に組み込もうと思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月 1日
投稿132 かがやき練習会 会場確保
 2017/08/01(火) 09:30:31  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

●かがやき練習会 11月分の会場を確保しました。

11月19日(日)、26日(日)です。

●9月分に会場の空きが出たので、追加で確保しました。

追加分:9月10日(日)


●今後の予定は、次のようになります。

 8月 13日(日)、20日(日)
 9月 10日(日)、17日(日)、18日(祝)
10月 15日(日)、22日(日)
11月 19日(日)、26日(日)

以上、よろしくお願いします。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿131 7月30日かがやき練習会報告
 2017/08/01(火) 02:47:31  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

7月30日のかがやき練習会、参加された方、どうもありがとうございました。

参加人数は90人(主催者を含む)でした。
男女比率では、男性過剰というか、女性不足でした。
女性を増やす対策を、考える必要がありそうです。

暑い夏は、涼しいところでのダンスは最適ですね。


社交ダンスを取り巻く環境も、少しづつ変化していくと思います。
環境の変化に取り残されないように、やっていきたいと思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月 4日
投稿134 テストです
 2017/08/04(金) 21:53:47  カテゴリー:つれづれに(雑談です)  投稿者:sanzo

ブログの移行に伴うテスト。

この投稿への コメント (1件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月 6日
投稿135 〔お知らせ〕メールアドレスの変更について
 2017/08/06(日) 04:34:58  カテゴリー:お知らせ  投稿者:sanzo

「ダンスのみどころ」および、ブログ管理人(山象)へのメールアドレスを変更します。

従来のアドレス:dancemail@midokoro.com
 読み方(だんすメール・あっとまーく・みどころ・ドット・コム)

    ↓ ↓ ↓ ↓

新しいアドレス: mail@miracle-dance.com
 読み方(メール・あっとまーく・みらくるダンス・ドット・コム)

8月中は、どちらのアドレスでもメールは届きますが、
9月以降は、古いメールアドレスは使えなくなります。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿136 よろよろデスマッチ(1)
 2017/08/06(日) 18:54:19  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

よろよろ社交ダンス~ダンスシーンの無い異色の社交ダンス漫画

そろそろ「よろよろトライアル編」の作成に入ろうと思っていたら、おもしろい動画が公開された。

いわゆる
  キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
ってやつだな。


一昨日、8月4日公開の、山形の DANCE ZONE、鈴木裕美先生の動画ですが・・・・

終わりの方(7分50秒すぎ)で、
 「大転子(だいてんし)を後ろにやる練習をすると良い」
と言ってますね。
つまりは、
 「股関節と重心軸の上に置かずに、後ろに引け」
ってことだな。

migi201.png

これで言えば、
 Kタイプの踊り(股関節を後ろに引いて、膝と足首に体重を掛ける」
が正しい社交ダンスの踊り方であって
  Hタイプの踊り(膝に体重を掛けずに、股関節の上に上半身を乗せる)
は、間違ってるからやめなさい。

・・・そう言ってるわけね。

実際に、長い間、風俗営業法の管理下にあった「日本の社交ダンス」では、動画にあるような
鈴木裕美先生と同じKタイプの指導が一般的で、「Hタイプ」のカラダの使い方は排除されてきた。

だから、日本のプロの先生は「Hタイプ」のカラダの使い方を、断固として認めない。
長い間、「出会い系バーでの貧困調査」をやりながら、某獣医学部の新設が認めようと
しなかった文部科学省と同じだな。


この鈴木裕美先生の動画シリーズ(第1~31回)は、
 「ぼくの読書感想文・社交ダンス動画編」に乗せておいたので、
見ておくと、とても勉強になります。
(特に、社交ダンスを教えている先生は、見ておくべきでしょう)
ぼくの読書感想文・社交ダンス動画編 http://kansoubun.miracle-dance.com/

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月 8日
投稿137 今日の日記0808
 2017/08/08(火) 20:15:45  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は「よろよろデスマッチ(2)」を書く予定だったけど、予定変更。

富山のshoさんのホームページ(掲示板)を見に行ったら、
「盆踊り」の動画が貼ってあった。

知らない間に、こんなのやってたんですね。
おもしろいので、ここでも紹介します。

曲は、荻野目洋子さんのダンシング・ヒーローですね。

4年前の動画ですが、動きがわかりやすい。
2010年からやっている美濃加茂市の「おん祭MINOKAMO 夏の陣」の動画です。
場所は、長良川鉄道沿い。
郡上踊りの郡上八幡から長良川を下ったところかな。

原曲は、Angie Gold の Eat You Up という曲。

ディスコ系だな。よく知らないけど、ユーロビートってやつ?
社交ダンスやってると、外国の曲の方が聞きやすかったりする。

社交ダンスだと、
  スローフォックストロット ~ チャチャチャ ~ タンゴ
のノリのいい爽快なメドレーのデモが踊れそうです。

踊りたいけど、この曲で踊れそうな相手がいない・・・。無念!


この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月 9日
投稿138 今日の日記0809
 2017/08/09(水) 22:28:19  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

なんか、めちゃくちゃ眠い・・・
今日は、パソコン関連のの雑用をやってました。

メールの設定を pop3 から imap に変更・・・とか、正直、よくわからん!

-----

8/11(金)の祝日に、弘中先生のところの500円パーティがあるようです。

hironaka dance company > ブログ > 8/11(金・祝)ダンスパーティ!

長年、金沢でダンスやってるけど、弘中先生が踊ってるの、みたことない。
いい機会だから、どんな踊りをするのか、一回、見てこようかな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月10日
投稿139 よろよろデスマッチ(2)
 2017/08/10(木) 13:08:15  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

よろよろ社交ダンス~ダンスシーンの無い異色の社交ダンス漫画

作成準備中の「よろよろトライアル編」をわかりやすくするための解説

社交ダンスは、上半身を垂直に保ったまま、両腕を持ち上げて固定して、
男女がペアになって、カラダ全体を前後左右に移動する。
どうすればよいか?

migi131.png

migi141.png

「アタマを前に倒す」もしくは「腰と骨盤を前に押し出す」
いずれの方法でも、重心が「つま先」よりも前に出たときに、
片方の足が出て、カラダが前方に移動する。

この2つの動き、つまり「アタマ」と「腰」を切り替えながら、
アタマと腰を交互に前に出していけば、
「上半身を垂直に保ったまま、カラダ全体を移動させる
ことができる。 社交ダンスって、簡単だよね。

さらに大きく進むためには、カラダを左右にねじる、
日本では「CBM」と呼ばれている動作と、
後ろ足でカラダを送り出す、「送り足」と呼ばれる動作を加える。

これだけを知っていれば、誰でも「日本の社交ダンス」を踊ることができる。

------

でも、実際には、スタンダード種目には「腕の使い方」が、重要だったりする。
というか、腕を使わなきゃ、ダンスとは言えないだろ・・・・とか思ったりする。

それを説明しているのが、山形の DANCE ZONE、鈴木裕美先生の動画。
今のところ、第1回から第31回まで、アップされている。

ここで紹介されているのは、「手腕分離」とか言っている、腕の使い方。

ただ漠然と、両腕を持ち上げると、「肩が持ち上がって、首が縮んで、肘が下がる」
そこで、上腕を外旋させてから、手首を使って前腕を回内させる。

こういう腕の使い方をすることによって、肩が上がらずに、腕を固定できる。
しかも、指の筋肉を少し変化させるだけで、カラダ全体を動かすことができるようになる。

(あくまで、推測ですが)ある程度のレベルの「プロ教師」ってのは、
  カラダ全体を固定するための、じょうずな腕の使い方」
を知っている・・・・はずである。

腕の使い方を知ってる「プロ教師」に、「教えてください」と頼めば、教えてくれるだろう。
実際には、腕の力を抜いて「先生の腕の動きの変化を、盗み取る」感じかな。
どんな世界でも、技は、習うモノではなく、盗み取るモノ。

だけど、ひたすら「足形」とか「外見上の姿勢」に没頭して、腕の使い方に関心を持たない人
には、腕の使い方なんて、知ってても、わざわざ教えようとしないだろう・・・と思う。

で、右腕の使い方なのですが、鈴木裕美先生が、動画で紹介しているのは

c817.png

この方法です。
でも、もう一つの方法がある。
こっちは「みらくるダンス/Ballroom Fitnessみらい」で、やってる方法。

c837.png

どっちの方法でも、見かけ上のホールドは、ほとんど同じになる。
どちらも、腕を持ち上げた位置で、腕を、固定することができる。

でも、紹介した2つの方法は、腕の筋肉の使い方が、まるっきり違う。
両者の違いを比較しているのが、「よろよろ!社交ダンス。」だな。

どちらの方法でも、、指先の動きや、手のひらの動きが、増幅されてカラダ全体に伝わるので
「漠然と腕を固定して、腕を固めるだけの踊り」とは、まるっきり違った踊りになる。


本来なら、
 「腕の使い方をどう変えれば、カラダの動きがどう変わるか?」
ってことを教えるのが、本来のダンスの先生の「お仕事」だと思うけどな。

「腕を固定して、足だけ動かして踊ってるのって、ダンスじゃないだろ!」
とか、そういうことをはっきり言える先生こそが、本当のダンスの先生じゃないだろうか
・・・って思うけど、どうだろうか?

「足だけ動かしていればいい」のであれば、動画の鈴木裕美先生とかは、
気持ちの悪い腕の使い方をする、知ったかぶりの無能な馬鹿・・・ってことになる。
「社交ダンス」ってのは、気持ちの悪い腕をしないで、ガッチリ腕を固めてりゃいいんだよ!
・・・・みたいなプロ教師、多いからな。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月12日
投稿140 今日の日記0811
 2017/08/12(土) 01:42:27  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日は、弘中先生のパーティに行ってきました。

午後1時に家を出て、午後4時15分に家に戻る。
時間的に「気軽に行ける」パーティってのは、ほんとうに久々だわ。

かがやき練習会は、朝9時に家を出て、戻るのは夜の7時だし、
富山のパーティでも、お昼前に家を出て、戻るのは5時過ぎだから。

弘中先生(女の先生)の踊り(スタンダード)も見れたし、
これで良し・・・と。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿141 明日13日は、かがやき練習会
 2017/08/12(土) 15:23:43  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日、8月13日は、かがやき練習会です。
参加される方は、事故に遭わないように、気をつけて来てください。

お盆(旧盆)なので、何人くるか、さっぱりわかりませんが、
ともかく、涼しい場所で、楽しく踊りましょう。

会場の温度は、男性の人が、汗をかかない程度の温度に設定します。

女性の方で、寒さに弱く、かつ、座っている時間の長い人は、
カラダを冷やさないように、上着持参などで、対応をお願いします。

「かがやき練習会」は、普段着での参加、大歓迎です。

P.S.
午前中に、買い物は済ませました。
今日のうちに、荷物の積み込みを済ませてしまう予定です。

(ただ今、よろよろ社交ダンス、トライアル編を作成中。
 途中まで、アップしてあります。
 ある程度、めどがついたら、荷物の積み込みに掛かります)

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月13日
投稿142 今日は、かがやき練習会
 2017/08/13(日) 08:33:33  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日は、かがやき練習会です。

参加される方は、事故に遭わないように、気をつけてきてください。

お盆休みなので、男女比率がどうなるか、さっぱりわかりませんが
(いつもより、男性が多いような気がする)
コーヒーでも飲みながら、楽しく踊りましょう。


コーヒーの「モカ」ですが、新しいタイプに変わっています。
従来の豆は、酸味がほとんどありませんでしたが、
新しい豆は、酸味が強くなっています。
(同じ種類の豆でも、煎り方が浅いほど、酸味が強くなる)

P.S
いまから、準備のため、会場に向かいます。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月14日
投稿143 8月13日かがやき練習会報告
 2017/08/14(月) 07:51:21  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

8月13日(日)のかやがき練習会 参加された方、どうもありがとうございました。

参加人数は、77人(主催者を含む)でした。
男女比率は、男性が10人以上、多かったように思います。
というか、女性が10人以上、少なかったようです。

お盆休みの関係でしょうか。

社交ダンスは、男女のペアダンスなので、椅子に座っている人の人数を
数えれば、男女比率がわかります。


お盆休みを利用して、遠方から参加された、友人の女性が一人。
出来るだけ休ませないように、たくさんの男性に踊ってもらったの
ですが・・・・・それでも、まるっきり、疲れていない様子!

足、痛くならないのかな?とか思うのですが、ほんと、元気あるわ!

石川県も、「元気のある人」が増えるといいな・・・と思います。

この投稿への コメント (1件) ・トラックバック(無効)


投稿144 よろよろデスマッチ(3)
 2017/08/14(月) 18:41:43  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

よろよろ社交ダンス~ダンスシーンの無い異色の社交ダンス漫画

作成途中の「よろよろトライアル編」をわかりやすくするための解説です。
今回のテーマは、「社交ダンスを、できるだけ大きく踊る方法」について考えてみましょう。

音楽に合わせて踊る「社交ダンス」を、大きく踊るには、どうしたらよいでしょうか?
簡単ですね。 一歩一歩の歩幅を大きくすればいい。 すべては、これに尽きます。

両足を両足を揃えた姿勢から、大きく前後に足を開き(重要)、そこから、両足を揃える。

社交ダンスでの最大の歩幅は、「ハイヒールを履いた女性が、前後にどれだけ足を開けるか?」
で、決まってきます。
大きく足を開こうとすると「前足のハイヒール(7~8cm)が邪魔をする」ので、
「最大の歩幅」は、ある程度の制約を受けることになりますね。

migi102.png

膝を曲げた時の2種類の立ち方(HタイプとKタイプ)のうち、
・両足を閉じた姿勢から、前後に大きく足を開けるのはどちらでしょうか?
・前後に大きく足を開いた姿勢から、両足を閉じやすいのはどちらでしょうか?

社交ダンスは、(競技会も含めて)最大の歩幅を狙う必要はなく、ほどほどの歩幅で
踊れば良いのですが、同じ歩幅で比較するならば「大きな歩幅で踊れるタイプ」の
立ち方をした方が、踊りの安定度が高いはずです。

ここで、山形の DANCE ZONE、鈴木裕美先生の動画の「第17回・タンゴ」を紹介します。
youtubeの説明には「骨格操作を用いてタンゴを踊ります」と書いてあります。

この鈴木裕美先生の動画は、
migi214.png
こちらのタイプであることが明確にわかります。
migi313.png
「膝は前に倒せるけど、後ろには倒せない」ということで、
前進よりも後退の動作をチェックするとわかりやすいのですが、
こんな感じになってますね。

この後退方法は、子供からお年寄りまで、ほぼ全員が理解できると思います。
ただし、上半身が安定する人と、上半身が前後にブレまくる人に、分かれます。

shino086a.png

「日本のプロ教師」が教える社交ダンスは、「直角三角形」が基本になってますので、
「直角三角形のフットワーク」を忠実に守れば、鈴木裕美先生の動きが「模範演技」になるはずです。


ところが、人間には、もう一つの立ち方、もう一つのフットワークが存在します。

migi224.png

右腕と両膝を連携させて、「ふくらはぎを押し出して、膝を倒す動き」と
「右腕で、膝を押し返す動き」の両方を使って立つタイプ。

migi323.png

このタイプの人の後退は、
ふくらはぎを押し出して、膝を倒しながら、右手の強い力で「支え足の膝を後ろに押す」
ことで、反対側の足を後退させたり、ボディを後退させたりすることが出来ます。

こちらは、「二等辺三角形」が動きの基本になります。
いわゆる中間バランス・・・・かな。

-*-

日本の社交ダンスのプロ教師は、「直角三角形こそが、最大の歩幅である」と考えているようですが、
大きく足を開く時に、姿勢が安定するのは「二等辺三角形/中間バランス」である「Hタイプ」ですよね。

巷では、「獣医学部の新設」が50年間できなかったとか、話題になってますが、
獣医師になりたいひとは、新設の学校に行かなくても、既存の学校に行けば獣医師になれます。

ところが、日本では「Hタイプ」の動きの人は「社交ダンスのプロ教師になれない」というのが
長い間、続いていました。(風俗営業法とプロ教師免許の利権ですね)
本来、教師免許を与える際、「Hタイプの動きが間違っているのなら、プロ教師の団体は間違いを
指摘する義務」があるはずなのですが、問答無用でHタイプのカラダの動きを排除してきました。

競技会と称する「戦いの場」において、本来ならば「自分とは異なるタイプをライバルとして尊重
すべき」ところを、「自分と異なるタイプは、徹底的に排除する」という方針を貫いてきたのが、
日本の社交ダンス界であり、社交ダンスのプロ教師の世界だとも言えます。

石川県には「Hタイプ」の動きをする女性(プロ・アマ問わず)は、ひとりもいないはずなので、
将来、「KタイプよりもHタイプの方が優れた踊りだ」ということになれば、石川県の社交ダンスは、
壊滅的な打撃を受けることになります。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月19日
投稿145 明日20日は、かがやき練習会
 2017/08/19(土) 12:00:00  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

明日、8月20日(日)は、かがやき練習会です。
参加される方は、事故に遭わないように、気をつけてきてください。

まだまだ、残暑・・・暑いですね。

フロアーは、汗をかかない程度に低めの温度設定をします。

座っている時間が長い人で、冷房が苦手な人は、
上着持参などで対応をお願いします。
かがやき練習会は、普段着でOKです。

最近、女性の参加が少なく、男女比率が「男性過剰」状態になっています。
お誘い合わせの上、たくさんの女性の方の参加をおまちしております。

明日は、予定通り、13:15にスタートできると思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月20日
投稿146 今日はかがやき練習会
 2017/08/20(日) 08:31:58  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

今日8月20日は、かがやき練習会です。

参加される方は、気を付けてください。
また、お帰りの際は、お忘れ物のないように!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月21日
投稿147 8月20日(日)かがやき練習会報告
 2017/08/21(月) 20:53:33  カテゴリー:かがやき練習会  投稿者:sanzo

昨日、8月20日(日)のかがやき練習会、
参加された方、どうもありがとうございました。

参加人数は、97人(主催者を含む)でした。
男女比率は、男女同数くらいでした。
事故やトラブルもなく、無事終了できて良かったです。

お盆が過ぎたとは言っても、まだまだ残暑が続く8月。
涼しい場所で、のんびり踊る社交ダンスは、気持ちがよいです。

荷物を入れるポリ袋(ゴミ袋とも言う)を2種類用意してあるのですが、
「灰色の半透明」は、まるっきり人気がないようで、全然減らず
「白の半透明」の方を選ぶ人が多いようですね。

「灰色の半透明」の方が安かったので、試しに買ってみたのですが、
中身が見えにくい上に、人気が無い・・・・ってことで、
次回から、「白の半透明」だけに戻します。

---

ここ数ヶ月、
 「もしかしたら、開始時間が、最大で1時間、遅れるかもしれない」
と言う案内を出していましたが、「遅れるリスク」の要素が消滅したので、
この制限(条件)を終了します。

次9月10日以降は、「定刻スタート」。
 ・基本的に、13時15分スタート。(超!緊急時を除く)
 ・13時00分になったら、準備中でも、入場できます。
 ・13時15分までは「勝手にミニデモ タイム」とします。
   (開始時刻まで、デモのつもりで、自由に踊って下さい)
ということで、今後とも、「かがやき練習会」をよろしくお願いします。

次回は、9月10日(日)です。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿148 URL変更に関するお知らせ
 2017/08/21(月) 21:10:49  カテゴリー:お知らせ  投稿者:sanzo

いつも、「ホームページ・ダンスの見どころ」ならびに
「管理人ブログ2017」をご覧頂き、ありがとうございます。

8月2日から、ホームページのアドレス(URL)を変更しております。
ブックマーク(お気に入り)に登録されている方は、変更をお願いします。

8月中は、従来の古いアドレス(URL)でもアクセス可能です
 (古いアドレスは、新しいアドレスに転送されます)
9月1日以降は、古いアドレスでは、アクセスできなくなります。

Yahoo! や google の検索では、新しいアドレスで検索されますので、
検索サイトからのアクセスは、今までどおりです。

ホームページ・ダンスの見どころ
 7月まで:http://dance.midokoro.com/
 8月から:http://midokoro.miracle-dance.com/

管理人ブログ2017
 7月まで:http://danceblog.midokoro.com/
 8月から:http://blog.miracle-dance.com/

かがやき練習会
 7月まで:http://kagakaki.midokoro.com/
 8月から:http://kagayaki.miracle-dance.com/


9月以降、URLの
「http://○○○.midokoro.com/」が
「http://○○○.miracle-dance.com/」に変わります。

ご迷惑をおかけしますが、対応のほど、よろしくお願いします。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月23日
投稿149 今日の日記0822
 2017/08/23(水) 04:56:18  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

面白い動画、見つけた。

手首をつかんできた相手を一瞬で固めて崩す技術|護身術教室YSPC|東京・合気・崩し

簡単に、技が掛けられてますね。

「技を掛けられて、動いてしまう人」に注目。

コンタクトしてるのは、両腕の「てのひら」と「5本の指」です。
技を掛けられた人は、なぜ、動いてしまうのか?

これと同じ原理が、「社交ダンスのリード&フォローの基本」だとしたら、
どうでしょうか?
技を掛ける方が「リーダー」であり、掛けられる側が「フォロアー」になる
わけだけど、実際の社交ダンスの場合は、技を掛ける側と、掛けられる側が、
交互に入れ替わる。

少なくとも、日本プロ教師が「一般の生徒に教える社交ダンス」には、
こんな概念は、ほんのカケラも、存在しませんよね。
技は習うものではなく、盗むもの・・・・ってことになるのかな。

この動画、どうやったら、「技が掛かる」のでしょうか?
正直、さっぱり、わかりません。 ぉぃぉぃ!
たぶん・・・・

1.技を掛けられる側の「肩関節」を、数mmから1cm程度、浮かす。
2.技を掛けられる側の「肘」を固定して、動きの支点にする。
3.技を掛けられる側の「手首」に変化を与えると、カラダ全体が動く。
4.技を掛けられる側の「肩関節」を下して、カラダ全体を固定させる。

って感じでしょう。

本来、これを応用したのが社交ダンスのホールドで「動く」動作って
ことになるのかな。
「動きたいとき」には、肘を固定したまま、自分で肩関節を浮かして、
自分で手首に変化を与えること・・・・かな。

「日本のプロ教師の教える社交ダンス」は、「肩を持ちあげてはいけ
ません」という呪縛を、反復練習で叩き込むことから、始まる。
だから、100年ダンスやってても「肩関節を浮かせば、カラダが簡単に動く」
という発想にはたどり着かない。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿150 トライアル編・出来たよ!
 2017/08/23(水) 21:40:43  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

「よろよろ社交ダンス」の「入門・トライアル編」の2つめ
「KARTE-06 女性の姿勢を作ってみよう!」が出来ました。

これ、作るのに、すさまじく、てこづりました。

読むのは3分~5分もあればで、読めるんだろうけど
作るのに、何日かかったことやら・・・。

ブログで、普通の文章を書くだけでも、そこそこ時間が掛かるのですが
既存の漫画のコマに、文字を埋め込んで、話を進行させていくのは、
想像を絶する作業だったりする。

まぁ、とりあえず、出来たので、今日の夜は、のんびり過ごそうかな。


読む人がいるのか、いないのか、さっぱり、わからないけど、
とりあえず、自分に出来ることは、可能な限り、やっていく。

追伸:
「よろよろ!社交ダンス。」は、
「ブラックジャックによろしく!の読者によろしく~永禄大学付属病院・社交舞踏研究会」
の略称です。
佐藤秀峰さんの漫画「ブラックジャックによろしく」の全13巻が
二次利用OKになっているので、台詞の部分を書き換えたりして、
「ダンスシーンのない、社交ダンス漫画」にしています。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月26日
投稿151 「カラダが動く」ということ
 2017/08/26(土) 03:14:24  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

よろよろ社交ダンスの「社交ダンスの腕の使い方」に関連して・・・

社交ダンスは、腕を固定して、足(膝と足首)の屈伸で、カラダを運んでいるように
思っている人が大多数だと思いますが、本当にそうでしょうか?

前回紹介したことのある、この動画で、考えてみましょう。

手首をつかんできた相手を一瞬で固めて崩す技術|護身術教室YSPC|東京・合気・崩し

登場人物は、「技を掛ける人」と「技を掛けられる人」の2名です。
簡単に、技が掛けられてますね。

「技を掛けられて、動いてしまう人」がコンタクトしているのは、両腕の「てのひら」と「5本の指」です。

なぜ、技を掛けられた人は、なぜ、動いてしまうのでしょうか?
技を掛ける人は、どういう原理で、技を掛けているのでしょうか?

社交ダンスにおいても、2人の接点は「てのひら」と「5本の指」ですから、
ボディを接触させなくても、これと同じように相手を動かすことができるはずです。

社交ダンスで、自分が動こうとするときは2つの方法があります。
(1)相手に技を掛けて、相手を動かす。相手に張り付いていれば自分も動く。
(2)相手に技を掛けてもらえば、否応なしにカラダが動いてしまう。
(3) 技を掛けてもらった時と、全く同じ腕の動きをすれば、自然に動く。

この3つを、うまく使えば、ボディリードがなくても、動けますし、
相手を動かすこともできますし、相手を利用して自分が動くこともできます。

「腕を使って、相手を押したり引いたりする」のは、当然NGですが、
腕の微妙な変化(見ていても変化がわからない)で、相手に技をかけて
相手を動かすのは、全然、問題ないと思います。

むしろ、この技こそが、「社交ダンスのリード&フォローの原点」だとしたら
日本の社交ダンスのプロ教師は、根本から間違っていることになります。

-*-

日本のプロ教師が教える、日本の社交ダンスの致命的な欠陥は
「肩関節」をピッタリくっつけさせて、ホールドさせていることです。
肩甲骨と腕(上腕)を、押し付けあうように、ピッタリ結合させて、
腕や肘が動かないように、ホールドを作ることを基本としています。

「肩が上がって、肘が下がるのはNGだから、肩を下ろして肘を持ち上げしょう」
という、単純な動きで完結してることです。
それが「すべて」だと思い込んでいるから、それ以外のものが見えなくなっている。

動画の「技」は、「肩関節の一部を、数ミリから1センチ程度、浮かせる」
ことによって、腕を固定させているはずです。
実際、社交ダンスにおいても、肩関節の一部を、わずかに浮かせることにより、
「手首・てのひら、指先」のわずかな動きの変化によって、カラダ全体を大きく
動かすことができるようになります。

社交ダンスのホールドは、肩関節、つまりは肩甲骨と腕との間をピッタリ
くっつけて動かなくする・・・・というのが日本のプロ教師の指導ですが、
そうではなく、肩関節の一部に、わずかな隙間をつくるようにして、肘を
持ち上げてるのが、本来の社交ダンスのホールドだとするならば、日本の
プロ教師は、「社交ダンスの原点」ともいえる部分で、致命的な間違いを
犯していることになります。

rise-dv201308.jpg

これは、日本国内で、誰からも相手にされず、
嫁さんにも相手にされず、離婚されて、ひとりでイギリスに国外逃亡をはかった
田中英和という、無能なクソ教師(?)のレクチャー.... あ、ちょっと違うか!

このような腕の筋肉の使い方をすれば、肩関節の一部(後ろ側)が、わずかに浮きます。
「てのひら」もしくは「指のどこか」をほんの少し、動かしてやれば、
カラダ全体が大きく動き出します。

なんの効果もなければ、こんなレクチャーやらないですよね。
少なくとも、この「腕の使い方」のレクチャーには、なんらかの身がある。

こんなレクチャーやってるから、だれも相手にされず、日本国内から袋叩きにあって、
国外逃亡せざるを得なくなった・・・とも言えるのですが
逆に言えば、それだけ「腕の使い方が重要」だとも言えます。

イギリスなんか留学して、ろくでもないことを覚えてくるから、他のプロ教師とは
違った踊りになって、日本にいられなくなる。。。。という話もある。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月27日
投稿152 今日の日記0826
 2017/08/27(日) 01:50:25  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

「ダンスの見どころ」のアドレス(URL)を変更してから、約3週間。
「古いアドレスからの自動転送」をやめて、「60秒後に転送」に変えました。

検索サイトでは、新しいアドレスに置き換わってますが、
ホームページにたどり着けない人・・・いるのかな?

9月以降は「○○○.midokoro.com」のアドレスが使えなくなる、
というか、「midokoro.com」のドメインを手放します。
古いアドレスからの転送もできなくなりますので、ご注意下さい。

ホームページの運用するのにも、維持費が掛かるので、合理化の一端かな。
手持ちのドメインを減らして、可能な限り、経費削減・・・・と。

-*-

社交ダンス関連のホームページ、あまり面白いところ、ないですね。
「ダンスの見どころ」も15年以上やってるけど、
10年前も今も、やってることは、ぜんぜん変わってないし。

「根気よくブログを続けてる人」さえも、少ないですよね。
これじゃ、社交ダンスが、伸びるわけがない。

どういう状況であれ、自分に出来ることは、やる・・・・と。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月28日
投稿153 リード&フォローについて
 2017/08/28(月) 05:51:11  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

よろよろ社交ダンスの「初級・トライアル編」の KARTE06 は
女性のホールドについて説明しています。
なぜ、女性は、不自然な立ち方をしているのか??
「一見、不自然に見える立ち方が、一番、合理的である」という結論に達したとき
はじめて、社交ダンスの「リード&フォローとは何か?」が、見えてきます。

女性の立ち方には2種類あり(明らかに、異なる2種類が存在します)、どちかに
よって、リードの方法も違いますし、リードのタイミングも違います。

詳しくは、
 よろよろ社交ダンスの「初級・トライアル編」の KARTE06
をご覧下さい。

さて、

手首をつかんできた相手を一瞬で固めて崩す技術|護身術教室YSPC|東京・合気・崩し

この動画では、登場人物は、「技を掛ける人」と「技を掛けられる人」の2名です。
簡単に、技が掛けられてますね。
「技を掛けられて、動いてしまう人」がコンタクトしているのは、両腕の「てのひら」と「5本の指」です。
この姿勢で、完璧に、技が掛かってしまうのです。 不思議ですよね。

ここで、「ほんの少し膝を曲げて」、足の裏に体重を掛ける。
言い換えれば、体重を掛けて、足裏で床を圧する。足首は「曲がる」。
英語でいえば、「フット・プレッシャー」とかいうのでしょうか?

この「膝と足首の屈曲で、床を圧する」動作が、腕の筋肉に変化を与え、
それが、相手に伝わり、相手が否応なしに動いてしまう(技を掛けられる)
のではないか? という「仮設」を立てると、わかりやすいですね。

migi212.png
c817.png
こっちの方法は、膝を曲げるとき、股関節を後ろに引いて、ヒップを吊り上げます。
膝を曲げるとき、カラダの垂直を保つために、上腕を外側に回転させます。
膝を曲げると、股関節は後ろに下がりますから、みぞおちが前方に出てきます。

migi222.png
c837.png
こっちは、カラダを垂直に保ったまま、ふくらはぎを前方に押し倒して、
「腕(うで)で膝(ひざ)を押し戻す」ために、肘の近くの筋肉を使います。
膝を曲げると、「腕で足の裏を押し戻す力」が、何倍にもなって、相手に伝わります。

さて、ここで問題です。
膝を曲げた状態で、(上の動画のように)相手に技を掛けたとき、
技が掛かりやすいのは、どちらでしょうか?
技が、まったく掛からずに、逆に倒されてしまうのは、どちらでしょうか?

社交ダンスのリード&フォローにおいては、
 「腕を使ってリードをしてはいけません」
 「体重を移動させることによって、相手をリードします」
 「しっかりと、足の裏に体重を乗せて、床を踏み込むことで、リードが伝わります」
というふうに教えてる先生が、多いはずです。

「膝と足首を曲げて、膝を踏み込む」とは、どういう意味でしょうか?
後退動作の違いを見ると、一目瞭然です。

migi313.png

こちらの「後退からのリード」は、足の真上に体重を乗せるタイミングで、
「ボディの回転によるリード」になります。

migi323.png

こちらの「後退からのリード」は、「腕で膝を押し戻す動き」が、
自然と相手に伝わりますので、二人が同時に「ふくらはぎを、前に押し倒し倒す」
動きをすれば、二人が同時に「腕で膝を押し戻す動き」が発生します。
リードのタイミングは、両足を大きく開いた「中間バランス」が最大になります。


やってることは、「まったく正反対」ですね。
日本の社交ダンスは、股関節を後ろに引いて、ヒップを吊り上げる方式ですね。
ヒップを吊り上げて、技が掛かるのでしょうか?

日本の社交ダンスの先生の教えることが、「完璧に正しい」と思うのであれば
100万円でも1000万円でも、どんどんカネをつぎ込めばいい。
ただし、「先生」の教えることに、疑問を持つことも大切です。

2つの踊り方は、「腕の使い方」が、逆になってますので、
ダンスパーティで30秒も踊れば、どちらのタイプなのか、わかります。
個人レッスンを受けてる生徒なら、腕の使い方は「先生と生徒で同じ」ですから
いろんな相手と踊っていると、その相手の先生が、どちらのタイプの立ち方を
教えているか、だいたいわかったりします。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


投稿154 今回はヒールターン!
 2017/08/28(月) 22:14:44  カテゴリー:よろよろ社交ダンス  投稿者:sanzo

今回は、ヒールターンの説明です。

「よろよろ!社交ダンス。」では、「社交ダンスのカラダの動きは、大きく分けて2つある」というテーマで、話を進行させています。

「よろよろ!社交ダンス」で取り扱っているのは、入門と初級だけなので、
ヒールターンなどという超!高度なテクニックは出てきません。

実際に、こんな人はたくさんいます。特に女性の方が多いですね。

「いくら練習しても、ヒールターンが上手に出来ません。
いろんな人に、やりかたを教えてもらうけど、みんな違うことを
言うので、何が正しいのか、さっぱりわかりません。」

みたいな感じかな。

悩んだときは、この言葉を大きな声で叫びましょう!
 「社交ダンスのカラダの動きは、大きく分けて2つある!」
10回くらい、大きな声で叫んだら、迷いが吹っ飛びます。

migi102.png

この2つの立ち方をする2人が、同時にヒールターンしたとしても、
同じ回転になるはずがない。
誰がどう考えても、まるっきり、違った回転方法になります。

習う側がどちらの立ち方で、教える側がどちらの立ち方か?
習う側と教える側の立ち方が一致していることを、確認しておく必要があります。

今回は、ワルツの「オープン・インピタスターン」の動画です。

ダンス入門(最終回=第8回/全8回)ちょこっとワルツが踊れたら

最初は何故かタンゴをやってますが、ワルツの動画です。
4分くらいから、「オープン・インピタスターン」の説明。
5分58秒くらいから、ヒールターンの説明と実演が始まります。

左足を後退するときに、ボディを45度くらい回転させてます。
両足の踵が揃ったときは、両足が90度くらいV字型に開いてます。
「日本の社交ダンス」の模範的なヒールターンですね。
両足を揃えてターンすると、両足の爪先が高く浮き上がります。

でも、まったく違った「ヒールターン」をする人もいます。
なにが違うのか? 答えは、簡単です。
階段を上るときの、膝と足首の動きの違いをみれば、わかります。

kaidan024.png

階段を上るとき、足首と膝を深く曲げて、膝と足首に体重を掛けます。
そのあと、膝と足首を伸ばしながら、カラダを持ち上げていきます。

左足後退から、右足を引いてくるときに、左足の足首が深く曲がります。
足首を深く曲げる動作で、膝も曲がろうとします。
両足を揃えてヒールターンに入るときには、膝が曲がろうとしますが、
両膝を曲げるとターンできませんので、両足がV字型に開くことになり
ます。

膝が曲がろうとする姿勢で、無理矢理、両足を揃えると、股関節が後ろ
に逃げて、バランスを取るためにヒップが吊り上げられるので、
無理矢理、両足を揃えると、爪先が浮き上がった、ヒールターンになり
ます。

ヒールターンの回転が終わったら、足首を伸ばします。
足首を伸ばせば、膝も伸びますから、簡単にライズできます。

kaidan044.png

階段を上るとき、踵を踏み込むタイプの人は、
踵の踏み込みで、「足首が曲がると、膝が伸びる」動きになります。
左足の後退から、右足を引いてくると、膝が伸びますので、
自然に両足が揃って、両足の膝が伸びた姿勢になります。

回転を掛けずに、まっすぐ後退すれば、右足の動きが止まった時点で
「慣性の法則」によって、両足を揃えたまま、ボディ全体が回転します。

ただ、踵が床についている状態で、膝が伸びているので、
足首の屈曲動作で、ライズすることはできません。
腕と足との連動で、ライズを行います。
「てのひらで床を押すと、踵を踏みつけていても、踵が浮き上がります」

hil_rise_a.jpg

マラカス・ふる㌧ ・・・じゃなかった、マーカス・ヒルトンのレクチャーを見ると、腕を下ろす動きに連動させて、踵を浮かせてます。
腕の使い方次第で、腕と踵(かかと)の連動が出来るのですが、
先生が「連動できない位置」に腕を固定していたら、生徒は腕と踵を連動させることが出来ません。

踵を踏み込みながら、階段を上るタイプの人が、日本国内で社交ダンスを
始めても、社交ダンスを続けることは極めて困難です。
先生に叱られながら、先生と同じ「V字型」のヒールターンを取得するか、社交ダンスを辞めるかの2者択一になります。

綺麗に両足を揃えたまま、ヒールターンが出来る素質があったとしても、
「立ち方」が違えば、ケチョンケチョンに劣等生扱いされてしまうのです。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月29日
投稿155 今日の日記0728
 2017/08/29(火) 04:22:14  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

今日、紹介した
「ちょこっと○○が踊れたら」全8回
「もっと○○が踊れたら」全10回
のシリーズの動画を紹介しているのが、
名古屋のナイトウダンススクールの内藤先生です。

このシリーズだけで、100本以上の膨大な数の動画を投稿されています。

探し出すのも大変なので、
「ぼくの読書感想文~社交ダンス動画編」に、載せておきました。

わたし(山象)と違うタイプなので、自分には「いくら練習しても、真似が出来ない」カラダの動きがたくさん出てきます。
わたしには、絶対に無理です。真似しようとしても、真似できない。
自分と違うタイプだからこそ、見ていてとても参考になります。

内藤先生の踊り方によく似たタイプの人、たくさんいます。
内藤先生と同じタイプのカラダの使い方をする人は、模範演技というか、
「将来の目標」して、順番に動画を見ていくと、とても参考になると思います。

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)


●2017年8月31日
投稿156 今日の日記0830
 2017/08/31(木) 03:50:06  カテゴリー:今日の日記  投稿者:sanzo

ようやく、夜は、涼しくなってきました。
深夜に窓を開けて、パソコンを触っていると、気持ちがよいです。

今年に入ってから、
 「自分の出来ることは、可能な限り実行する」
ということを実行しているのですが、
思い通りに、物事が進まないことが多いですね。


他人はどうであれ、自分に出来ることをやるのみ!

この投稿への コメント (0件) ・トラックバック(無効)



このページは、2017年8月 の投稿を集めた アーカイブ(保存記録)です。
過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。(1日の投稿が上、31日の投稿が下)



  以前のページに戻る  ↑このページの先頭へ 

ブログのメニュー
ブログのトップページ
カテゴリーの一覧
全投稿のタイトル一覧

カテゴリー
「社交ダンス」とは何か?
お知らせ
かがやき練習会
つれづれに(雑談です)
よろよろ社交ダンス
今日の日記

カテゴリーの一覧

月別アーカイブ(保存庫)
2017年9月分の投稿
2017年8月分の投稿
2017年7月分の投稿
2017年6月分の投稿
2017年5月分の投稿
2017年4月分の投稿
2017年3月分の投稿
2017年2月分の投稿
2017年1月分の投稿

全投稿のタイトル一覧

最近の投稿(エントリー)
今日の日記0830
今日の日記0728
今回はヒールターン!
リード&フォローについて
今日の日記0826
「カラダが動く」ということ
トライアル編・出来たよ!
今日の日記0822
URL変更に関するお知らせ
8月20日(日)かがやき練習会報告

コメントのある投稿
8月13日かがやき練習会報告
テストです
社交ダンスとは何か?その4
(最新の10件を表示)

このブログの説明
このブログについて

ブログの検索